カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

ケアマネージャー 介護の現場 介護福祉士 転職について

聞いてびっくり介護士の基本給が減っている理由

更新日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

今回は、介護士の基本給が減っている理由について考えていきたいと思います!

介護士として転職する際に「結構良い給与だなぁ」「賞与も3ヶ月分もある!」

と、応募しようとした際に基本給が10万円とかいう介護求人を見た事が無いですか?

なのに、総支給はまあまああるぞという謎です。

基本給が安いと、賞与もかなり下がりますよね。

賞与が高いから結構助かるものです。

家や車のローンを賞与からの支払いを入れている方は要注意です。

中にはそれなりの基本給が設定されている介護事業所も有りますが、大きな母体がメインです。

それでは何故、基本給が低い介護事業所が多いのかお伝えしていきたいと思います!

それでは、今回もよろしくお願いします!

介護報酬の改定により加算要件が厳しくなった

基本給の減額が起きた最初の原因は、2015年の介護保険大改正の時でした。

全介護事業所全体で言うと、介護報酬がー2.27%の減額でした。

その中でも、デイサービスは大きな打撃でした。

特に小規模デイは介護基本報酬から10%減額となったのです。

その余波を受け、デイサービスの倒産が現在も相次いでいます。

これは相当ダメージが大きかったです。

又、加算を取得するのにも人員補充等で人件費が介護事業所を圧迫したのです。

【リッチマン介護】介護士の求人件数日本最大級。高給与で安心のお仕事探し!

2018年度介護保険改正ではプラスになるも・・

2018年度介護保険大改正では、介護報酬が0.54%の微増でした。

前回の減収をわずかに回復させる程度の改正かつ更に加算が取りにくくなりました。

更に追い討ちをかけたのが、要支援者の総合支援事業への移行が大きな打撃第2弾となったのです。

これは、実際に介護事業所を経営する側としては要支援者の受け入れ=マイナスになってしまう事態が起きました。

現在では、総合支援事業対象者を受け入れ拒否する介護事業者が増えています。

人件費に見合った報酬では無いからです。

これで、訪問介護が現在とんでもなく経営困難となっている事業所が増えてきているのです。

特定処遇改善加算を新設してなんとかごまかした

例えば、下記の厚労省資料を観て下さい。

厚労省より抜粋

表を見る通り、特定処遇改善加算を改めましたが事業所間で大きな差が有りますよね。

同じ介護をしてるのに、こんなにも大きな差を作ったのは正直驚きです。

このように、介護事業経営者は正直カツカツな経営状況なので、介護職員等へ別途国から支給しますよとした訳です。

それを良い事に介護事業経営者は、基本給を下げて給与に特定処遇改善加算を盛り込んだ訳です。

そうでもしないと、介護事業所の経営リスクが増えるばかりですから。

なので、基本給が少なく特定処遇改善加算や資格手当を盛り込んで見た目の給与が高くなったとなる訳です。

しかし、特定処遇改善加算がいつまで続くかは正直解りません。

今、自分が勤める職場の給与事情を知って置くことが必要です。

又、転職を考えている介護士も給与の詳細をよく観ることが必須です。

そして最後に・・

今回は、介護士の基本給が減っている理由について考えていきましたが、知らないうちに政府に良いように弄ばされている感満載ですね。

次の介護保険改正では、要介護1・2辺りも総合支援事業に盛り込んでくる可能性すら大です。

そうなると、在宅系の介護支援事業所は相当経営が厳しくなるでしょう。

何かしらの打開案を政府が打ち出してくれる事を願いますが。

もうすでに2021年度介護保険改正の新議会が開始されています。

内容として、介護基本報酬は重度要介護者をメインにしていくような意見もあるようです。

後は、総合支援事業に流していく予感がします。

そうでもしないと、国も年金問題でバタバタですから。

しかし、2025問題があるように高齢者介護をよくじっくりと考えてください、又は介護職員の給与も考えてくださいと願うばかりです。

介護事業者は、介護報酬でなんとか経営していくのが大きな利益なので、この辺も実費で介護支援を受ける事も考えていかないといけないのかもしれません

介護保険制度が完全に壊滅したら、全介護事業所が路頭に迷います。

もちろん、介護保険を利用している高齢者もです。

そして、介護士・介護福祉士・ケアマネもです。

こちらの内容も是非ご参照下さい。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護職や他の福祉職の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護や福祉の現場がより良くなっていくためには、どうしていけば良いのか? そんな、悩みが解決出来たらなと思います。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-ケアマネージャー, 介護の現場, 介護福祉士, 転職について
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.