社会福祉士

社会福祉士におすすめの転職サイトランキングTOP2位!

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

今回は社会福祉士に重点を置いて話していきたいと思いますね!

今まさに、出勤するのも辛い方には必見な情報をご紹介していきます。

[リッチマン介護]社会福祉士として転職したい方はこちらから。

私自身、様々な社会福祉士の方と接する機会が多く友人にも多くの社会福祉士がいます。

そこでよく聞くことがあります。

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあると言うことです。

社会福祉士の仕事にも様々な転職先がありますからね。

そこで、まずは社会福祉士の悩みをご紹介しますね。

  • 今の給料が適正なのかわからない
  • 職場のギスギスした人間関係が気になる
  • 自分の上司にあたる人と馬が合わない
  • 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌

こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。

人間関係って社会福祉士の世界でも大変ですからね。

社会福祉士でよくある職場の問題

社会福祉士などの介護の職場においては、よく転職のきっかけになる問題があります。

私が今まで観てきた様々な社会福祉士さんの例を以下にご紹介しますね。

そんな例えばの例を以下にご紹介しますね!

  • 勤務時間が不規則で、生活習慣が乱れやすい
  • 勤務時間や仕事量の問題でストレスが溜まりやすい
  • ストレス発散のために同僚内でイジメなどが起こる
  • 女性主体の職場のために、女性特有のイジメが起きる
  • 給料が低い

といったものです。1回1回は少し嫌な思いをするだけかもしれませんが、毎日我慢していると耐えられない状態になります。

いきなり体調を崩したり、倒れたりしないように日ごろから自分の調子を管理しておきましょう。

前田(運営者)
そういうときのために管理職がいるんじゃないかと言われそうですが、ほとんどの管理職も忙しくて他人の体調に気を使っているほど余裕がない職場もあります。
社会福祉士とは?就職先、給料、仕事の本音をまとめました。

「社会福祉士」という仕事をご存知ですか?1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、実際のところ「社会福祉士ってなに?」「あんまり知らない・・・。」という人が多いかと思います。そこで今回の記事では、社会福祉士の詳しい仕事内容やどんな役割を担っているのか、どのくらいの給料をもらうことができるのかということに関して触れていきます。社会福祉士とは?それではまず初めに、社会福祉士について説明...

社会福祉士は転職を視野に入れておいたほうがいい?

私は、自身の転職経験からも、「転職を視野に入れておいたほうがいい」というふうに思っています。もちろん、その時対応していた職場や利用者様のことを考えると気が引けることもあるでしょう。

ですが、「転職したい」と思うときはだいたい問題が起きているときです。人間関係で悩んでいたり、収入で悩んでいる時でしょう。

そういう状態で長く仕事をしているといつか身体を壊します。こういう方のために私がよく相談に乗った際に答えていることが「情報収集をしておいたほうが良い」という内容です。

前田(運営者)
世の中には、ホワイトな介護の職場も十分あります。もしかしたら今の職場が異常なこともあるので、周りの職場の情報収集というのは非常に重要です。
なぜ、介護士は転職を考えたほうがいいのか?介護施設長が本気で考えてみた

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

転職サイトなどで情報収集をしていると、この3つのポイントに気づくと思います。正直それだけでも情報収集をした価値があります。

  1. 「職場=生活そのもの」ではないとわかる
  2. 知らなかった情報を多く入手できる
  3. 本当に「介護」をしたいのか考え直すきっかけになる

こういったことが分かっていれば、今の職場で仕事を継続するにしても気楽に仕事ができるはずです。

無理をする事が1番精神衛生上、気をつけなければいけません!

今の時代、社会福祉士が精神的にキツイと言うことをよく耳にします。

もっと、自分の働きやすい職場を選択してライフスタイルを充実させることが重要だという事ですね!

転職サイトは「どのポイントで」選ぶ?

実際のところ、転職サイトは最近非常に多く出てきているために「どこを見て選んだらいいのか」迷うこともあると思います。そんな時にオススメの見るべきポイントをお伝えします。

  • 実績・紹介先が多くあるかどうか(業界No.1級だと良い)
  • テレビCMなど、大々的に表に出てきた経歴があるか
  • 信頼できる会社が運営しているかどうか

こういったポイントです。有名な会社には会社にも「ブランド」がありますので、無理な勧誘や強制はしてこない会社がほとんどです。

例えば、大手な介護転職サイトである[マイナビ介護職]は老舗中の老舗で、コンサルタントもしっかりしています!

ですが、できたばかりのベンチャー企業で営業一本の会社などは、押し売りのように転職支援をしてくることもあります。

転職慣れしている方はそういうサービスでもいいですが、基本的には大手が良いと思います。

私の経験からもです。

勤務してしまってからでは遅いですからね。

履歴書に傷がついてしまいます。

社会福祉士におすすめの転職サイト

実際に私がいろいろな情報収集や、実体験をもとに様々なデータを観ていきながら社会福祉士として転職サイトをどのように利用していけば良いかを以下にご紹介しますね!

特に、社会福祉士として自分の年収が適正なのか?

もしくは、やりがいに応じた給与なのかを観ていただけると良いかなと思いますよ!

そこで、社会福祉士の転職サイトを利用したらどうなるのか?

前田(運営者)
キャリアやスキルで大きく給与アップに繋がる事例も多くあるんです。

それでは、さっそく観ていきましょう!

社会福祉士の平均年収

社会福祉士の平均年収がわからないと、自分の収入が多いか少ないかもわからないですよね。

平均年収などのデータは転職の際に非常に使えるので、大体頭に入れておくといいでしょう。

社会福祉士の平均年収(平成27年)
年代 平均年収
20代 295万円
30代 340万円
40代 408万円
50代 477万円
社会福祉士の平均年収・給料はいくら?手取り15万円ってほんと?

社会福祉士の給料について、気になる方も多いと思います。なかには手取り15万円と書いてあるサイトもあります。実際に平均年収等から手取りの月給、年収を推測してみたので参考にして下さい。社会福祉士の平均年収・給料社会福祉士の平均年収(平成26年)雇用形態平均年収男性正規職員450万円非正規職員(常勤)315万円非正規職員(パート...

あなたの年収は適正?

当サイトでも、平均年収の情報を載せていますが、あなたは「自分の年収が、キャリアやスキル、実力に対して適正かどうか」考えたことがありますか?

転職サイトから届いたメールの情報で、キャリアに対して年収があまりに低すぎたから交渉したところ、給与が1.3倍になった方の例も聞いたことがあります。

今の職場で仕事を続けるとしても、情報量というのはいつでも味方してくれます。

今すぐ転職サイトに登録する7つのメリット

  • 良い求人の採用枠ほど期間限定商品で売り切れてしまいやすく、常に情報収集していないと気づくことができない
  • 登録しても転職しなければいけないわけではなく、いつでも解除できる
  • 転職情報を見ると、今どんな資格やキャリア、スキルの人の収入が高いのか・待遇が良いのかが把握でき、勉強したほうがいい領域が分かる
  • 転職情報だけでなく、休職などの「働いていない期間にもお金をもらう方法」などの情報収入にもなる
  • 転職を考えつつ情報を集めながら今の仕事をすることで、今の職場で精神的に追い詰められても逃げ場ができる。
  • 働く気力も湧かないほど本当に精神的に追い詰められる前に職場を辞める準備ができる
  • 意外と世の中には転職している人が多いことが分かる

登録自体は3分もかからずに終わってしまいます。アドレスも適当なのを使えばいいし、面倒だったら向こうから連絡が来ても無視すればいいです。

もはや、悩んでいる時間が勿体無いですね。

当サイトおすすめの転職サイト

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

私は、絶対に信用できるおすすめの転職サイトのみしかお伝えしません!

これから社会福祉士としてやりがいのある仕事を考えている方にはおすすめです。

前田(運営者)
無料で登録できますので、社会福祉士としてホワイトな職場へ転職出来たら最高ですね!

変にブラックな法人へ転職してしまっては、後戻りが出来にくいのが福祉の世界ですからね。

社会福祉士の世界も、未だに年功序列で年収が上がるような病院や施設系の実態は根深いようです。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも様々な情報を掲載しておりますので読んで頂けると励みになります。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護職や他の福祉職の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護や福祉の現場がより良くなっていくためには、どうしていけば良いのか? そんな、悩みが解決出来たらなと思います。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-社会福祉士
-, , , , , , , , , , , ,