カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の現場 介護福祉士 転職について

介護職の離職率を減らしたい

更新日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

今回は、介護職の離職率を減らしたいをモットーに考えていきたいと思います。

皆さん、介護職という仕事に満足されてますか?

きつい・辛い・低賃金が影響し、介護職の離職率は未だ高い傾向にあります。

介護職のやりがいや、これからの日本は高齢者が益々増えていきます。

看護職ですら足りていない今、今後逆転現象が起き介護職の人員不足が深刻化するでしょう。

介護職員が増えない、又は離職率に歯止めが効かない場合どうなるのか?

事実、介護職の離職率は上がっています。

そこで、今後の介護職の未来像を考えていきたいと思います。

それでは、今回もよろしくお願いします!

介護離職者が増えるとどうなるのか?

先ず、介護保険事業所や介護保険施設において介護職の離職が多くなるとどうなるか簡潔にまとめてみます。

  • 利用者・入居者への介護支援が出来なくなる
  • できる限りの自立支援がまともに出来なくなる
  • 利用者・入居者への対応が出来なくなる
  • 介護職員のやる気がなくなり、さらに離職へと繋がる

この様な感じで、負のスパイラルが発生し、最悪介護事業所は閉鎖せざるを得なくなります。

これは訪問介護という介護人材の離職率が、さらに増えると今度は在宅介護も不可能となり、国が進める在宅ケアの崩壊にも直結します。

こんな事が起きては困りますよね!

では、どうしたら介護離職を止める事が出来るのか?

介護離職を止めるにはどうしたら良いか?

 

介護職の離職率を減らす事は、実は簡単です。

どの職業でも同じ事が言えますが、結論的に言うと、「賃金の増額」です。

しかし、国には老齢年金の維持と言う大きな問題が関与してきます。

若い世代からの本音を言うと、老齢年金には期待していない方が大多数です。

そして、実は年金にも老齢年金以外にも公的年金・制度は多数あります。

  • 障害年金
  • 遺族年金
  • 生活保護

3種類のみ紹介しましたが、特に障害年金は軒並み増加傾向にあります。

何故かと言うと、精神疾患の方の障害年金の増加が増えています。

ストレス社会が生んだ賜物です。

更には、将来年金が貰えないだろうと考える若い世代は、じゃあ生活保護で生きていこうと考えます。

これらの時代背景を政府がどれだけ理解できているかによると考えます。

そしてAI化が進み、介護職以外の産業の方々は現在リストラの嵐です。

そこで、注目を浴びるのは、最高の職種である「介護職」だと思います。

何故ならば、介護職には相当な需要があるからです。

やりがいも給与も介護福祉事業所によっては良い待遇も目指せる職業が介護職なんですよ!

そして最後に

今回は、介護職の離職率を減らしたく、介護職の有意義な未来を考えてきました。

現代社会、介護職をあまり良い職業だとは思わないと言う考え方が多いのが現状です。

しかし、大手企業に就職すれば安泰と言う考え方も崩壊してきています。

更には公務員も減らす考えです。

そこで注目されるのは介護職・福祉職・看護職です。

もし、辞めてしまっても介護職には需要が相当あります。

そして、給与も上昇傾向です。

と言うか、介護職の離職率を防ぐには少しずつでも給与アップは必然的なのです。

そして、何よりやりがいが大いにあります。

そんな介護職をしている皆さまは最高の人材です。

介護職への転職も案外簡単です。

そして大きく介護職として飛躍されることを期待します!

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございます。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれますよ。

大手の超優良で非常に安心ですね!

勿論全て無料です。

介護職員初任者研修から3大福祉士の就職・転職にも対応してます。

悩んだ時に、[マイナビ介護職]はおすすめです。

正社員から派遣社員・パートまで大丈夫です

高給与を目指す方向け(実は穴場です)

給与を絶対に上げたい介護福祉職の方限定。

人間関係もしっかりと考慮してくれます。

勿論、全て無料利用可能。

全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の現場, 介護福祉士, 転職について
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.