カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護福祉士 社会福祉士 精神保健福祉士 転職について

[相談援助]ソーシャルワーカーの福祉職は精神的苦痛にどう対処するか

投稿日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

介護職として介護現場で介護支援をしている方も、いずれは経験を重ねる事で相談援助の仕事へと携わる事も大いに考えられます。

介護の世界では「生活相談員」と呼ばれる仕事ですね!

そんな、相談員について考えていきたいと思います。

それでは、今回もよろしくお願い致します!

社会福祉士と精神保健福祉士

相談支援の仕事でいうと、主には社会福祉士や精神保健福祉士です。

・社会福祉士は、主に内科系の病院等で相談支援業務を行っていますね!

・最新保健福祉士は、主に精神科系の病院で相談支援業務を行っていますね!

この2つの福祉士は、病院以外でも患者さんや行政・福祉系の事業所で専門的な相談援助・支援を行っています。

その中で、介護福祉士も通所系サービスやショートステイ・介護保険施設での生活相談員として活躍している方も多いと思います。

介護福祉士の場合は、介護福祉分野特化型の相談援助がメインですね!

障害福祉分野での活躍の場も増えている

今では、就労支援事業所で働いている方も増えてきてきています。

最近、ふと思うのが障害福祉での相談援助を行う介護福祉士が増えてきたなと感じます。

それだけ、障害者福祉の分野が今注目されている事なんですよ!

ちょっと前までは、障害者福祉の分野は介護保険制度の影に隠れてしまっている状態でした。

しかし、障害者自立支援法が成立してからとんでもない位に発展を遂げてきました。

前田(運営者)
そこで、社会福祉士や精神保健福祉士が病院だけでない働くニーズが増えてきたんですよね!

これは、とても良い事だと思います。

病院勤務の社会福祉士や精神保健福祉士は、入院患者さんの入退院で相当な精神的苦痛ばかりが押し寄せてきているんですよね!

勿論、病院勤務のソーシャルワーカーは必須な存在です。

しかし、そこまでして業務過多により病んでしまう社会福祉士や精神保健福祉士が増加傾向なんですよ!

但し、そこで転職先や就職先の幅が広がってきている事は良いですよね。

介護福祉士の生活相談員も、職場を選べる時代へと突入していますからね!

ソーシャルワーカーの福祉職はこれからも増えていくでしょう。

前田(運営者)
今や、介護福祉士やケアマネから社会福祉士・精神保健福祉士を目指す方々も増えています!

ソーシャルワーカーとしてのやりがいがある職場を見つけよう!

ソーシャルワーカーとして働いていると、時期相応で精神的苦痛に悩む事があります。

それが、担当患者さんが増えていくことが主な理由です。

これは、新人だろうがベテランだろうが同じ事が言えます。

ここは、社会福祉士や精神保健福祉士の皆さんの悲痛の叫びが聞こえてきますね!

例えば、医師が患者さんへの急な対応をバタバタな時に書類作成やアドバイスを振られると言う様な事です。

そこで、やりがいとは何でしょうか?

相談援助と言っても、仕事内容は相当幅が広いんですよ。

例えばの例をご紹介します。

精神保健福祉士であれば、精神障害者年金や障害者手帳の更新・新規申請等で書類を医師の言う通りに作成したりしながらも、入退院の相談支援業務も同時に行わなくてはなりません。
社会福祉士だと、急性期や回復期の病院や病棟で違うかもしれませんが、次に繋げなくてはなりませんし情報提供も作成しなければなりませんし、社会福祉資源の活用も幅広く知っておかなくてはいけません。

(社会福祉士・精神保健福祉士には共通する相談支援援助があります)

そんな事実があるからこそ、自分のキャパシティに見合った「ソーシャルワーカー」としてやりがいのある職場を早急に見つける事が出来ないと、いずれ精神的苦痛を通り越して「うつ病」の発症原因にもなりかねません。

それだけ、ソーシャルワーカーと言う仕事は激務なんですよ!

少しでも精神的苦痛が続く様ならば、上司へ相談するか転職も視野に入れましょう!

精神駅苦痛にどう対処するかが注目ポイントですね。

前田(運営者)
そしてソーシャルワーカーとして良い転職が出来れば、やりがいを感じながら良い人生が送れますから。

介護事業者の生活相談員も同じです

これは、介護事業者で働く生活相談員にも同じ事が言えますよ!

給与が低いのに、精神的苦痛に対処しながらの責任は重いと言う事が多いですからね。

居宅ケアマネや病院のソーシャルワーカーとの情報提供でも忙しいです。

そこでやたらと介護事業主にいい様に使われる仕事は、止めたが方がいいです。

前田(運営者)
私の経験からですが、そんな待遇では精神的に潰れやすいです。

そう言う生活相談員を何人も観てきましたから。

もっと有意義な、やりがいを感じれる介護職場を見つけましょう!

給与が高いからと安易に飛び込んではいけません。

よく仕事内容を把握して合意のもとに、生活相談員へ転職しましょう!

相談援助と言う仕事の精神的苦痛を対処するには

相談援助と言う福祉の仕事は、相当な精神的苦痛を生じます。

ここまで話してきた通りです!

しかし、毎日笑顔な相談援助をしている方も実は結構居るんですよ。

前田(運営者)
それは、当たり前ながら「精神的苦痛も対処出来ている良い職場で働いているから」と言う事に尽きます!

ここは、裏情報ですが大きな病院なのに社会福祉士や精神保健福祉士の人数が少ない職場は「はっきり言ってブラックです」

どれだけ給与が良くてもです。

相談支援援助に携わる職員が少ないと、それだけの給与を支払うのは当たり前です!

しかし、反比例して「精神的苦痛も増加する」と言う事です。

給与をとるか、仕事の量を削るかのどちらかなんです。

但しです!

そんなに相談支援援助を行うソーシャルワーカーや介護の世界での生活相談員のどちらにも言える事があります!

それは、そんなに給与は変わらないと言う事です。

5万円位の差があれば、忙しくても悩んで良いと思います。

しかし、それだけ精神的苦痛は増えると言う事は知っておかなくてはいけません!

精神的苦痛を今対処するには、そんな目まぐるしい程忙しい職場への転職は避けましょう。

もっと、自分らしさを出せる相談援助を出来る職場への転職を考える事を重要視しましょう。

急がなくて良いんです。

前田(運営者)
それだけのポテンシャルを発揮出来る様なソーシャルワーカーになると、忙しい職場で難なくこなせる技量や知識とポテンシャルが身についていますから!

私が言いたいことは、いきなり仕事量が多すぎる職場へ就職や転職をしなくても良いと言う事です。

少しづつ、頑張っていけたら良いんです。

そこで、自分が得意な分野を見つける事が出来ますからね!

無理してまで、最前線のソーシャルワーカーから始めなくて良いんですよ。

前田(運営者)
もしも、今精神的苦痛にどう対処できるか?と言う悩みは、福祉の転職サイトへ登録してみてゆっくりと自分に見合った職場を探してみると良いです。

そんな職場を見つける事から初めてみませんか?

そんな方へ以下の記事をご紹介しますね!

社会福祉士におすすめの転職サイトランキングTOP2位!

精神保健福祉士におすすめの転職サイトランキングTOP2位!

生活支援援助という仕事は、相当な知識と経験がものを言います。

そして精神的苦痛にどう対処するかが大切です。

そこで、いきなり最前線へいくと言う手段は自分と相談してみて順番を考える事が大切ですね!

私も、介護現場バリバリだった状態からいきなり居宅ケアマネジャーへなった時は相当な精神的苦痛で苦しみましたから。

もっと、徐々にいける福祉の職場から再スタート出来ていればなと今でも考えますよ!

前田(運営者)
精神的苦痛への対処法は、転職でも可能なんです。

一旦、リセットしたい方へおすすめです!

相談援助と言う福祉・医療に携わる方々が「良い意味でのやりがい」を感じながら仕事が出来る環境を見つける事が出来る事を切に願います。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座います!

以下にも、様々な記事を掲載しておりますので読んで頂けると幸いです!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護職や他の福祉職の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護や福祉の現場がより良くなっていくためには、どうしていけば良いのか? そんな、悩みが解決出来たらなと思います。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護福祉士, 社会福祉士, 精神保健福祉士, 転職について
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.