カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

介護士として介護施設入所者の離設をなんとかしたい

投稿日:

こんにちは!

カイゴのティータイム運営者の前田裕です。

介護施設で働く介護士として「介護施設入所者の離設」は1番なんとかしたい問題だと思います!

介護士として、命を預かっているんですからね。

しかし、介護施設へ入所している高齢者さんは認知症をほぼ罹患しているところが1番の問題点です。

何回も、介護士が「1人で外出しないでください!」と言ったところで難しいです。

身体的には普通に移動出来るけれども認知症を発症していると、どうしても「1人で外へ出る」と言う離設へと繋がってしまうんですよね!

これは、認知症だから仕方がないと言うことではなかったりします。

介護士の皆さん、それは何故かと思いますか?

いくら介護施設へ入所していてもそこは入所者からすると「家」です。

人間、普通に外出することって当たり前な動作・思考なんですよね!

介護士の皆さんが、絶対に勝手に1人で外出するなと言われたらどう感じますか?

私なら、どうにか外出してやろうと考えるかもしれません。

なんでもかんでも「してはいけない」と拒否的な言葉を言い続けるとイライラして、精神的に悪影響なんですよ。

なので、離設する入所者もいます。

高齢者に限ったことではなく、若い方でも同じ思考なんです。

そして認知症を患うと、短期記憶障害もあり「いくら介護士が注意しても声かけだけでは無理」なんですよ。

精神科病院のように完全に施錠される空間であれば離設は出来ないでしょう。

しかし、介護施設は虐待にあたる為に完全に施錠出来ないんですよね。

それだけ、介護士って離設しないように日頃からの介護支援や主治医へ相談することが必要です。

そうはいっても難しい介護施設へ入所者の離設をなんとかしたいですよね。

私の今までの介護職としての経験も交えながらお伝えしていきたいと思います。

それでは、今回もよろしくお願い致します!

介護士は日頃から擬似家族として介護支援を行う

介護士・介護福祉士等が擬似家族として介護支援を行うことは「グループホーム」の考え方ですね。

私もグループホームの管理者をしていた時代があります。

介護士も一緒に生活しているような「家族」のように入所者と接することで、精神的に安心出来て日頃から小さな悩みから大きな悩みまで共感することが大切な介護支援の1つです。

一緒に調理をしたり、一緒に買い物に出かけたりと言う介護支援です。

特養や老健では、洗濯物たたみやおしぼり巻きを一緒にしたりすると思います。

そう言う介護支援が、入所者にとっての介護施設での生活支援ともなり「入所者さんの覇気」にも繋がりますよね!

このような擬似家族として入所者と接することで、離設等に繋がる認知症の方への不穏を抑える役割も出来ます。

これは、日頃から擬似家族として接する介護支援を継続して行うことが重要です!

ただし、介護保険施設のように介護業務も多く、更に介護人材が少ない中で日頃から擬似家族として介護支援を行うことはいきなりは難しいと思うので、そこは様々な職員と連携を取りながらチームプレーで離設へ繋がらない工夫を考えましょう。

なんでもかんでも「介護士が足りないから出来ない!」と言うばかりではどうしようもないと言うことです。

事務員さんでもいいので、離設しがちな入所者をしっかりと情報共有して防ぐことは可能なんです!

なぜ離設に至るのかを生活歴から考えよう

介護施設で入所者が離設に至るのかをゼロから考えてみることも重要です。

例えば生活歴を見てみましょう!

施設ケアマネが情報を持っていますから。

例えば、認知症の入所者さんがよく16時に離設しようとする事が多いとしましょう。

そこで、何故いつも16時に?

と介護士なら考えるでしょう。

そこで、介護施設の介護士はそんな認知症の入所者の職歴や昔どう言う在宅生活を送っていたかを考えてみましょう!

生活歴を探ると、その入所者さんは16時に夕食の買い物に行っていたという情報が出て来るかもしれませんね。

ここは、施設ケアマネがしっかりとケアマネジメントをしているかしていないかが問われる重要なところです!

認知症を患っていても、昔の生活習慣は最期まで残りやすいんですよ。

そこで、離設を防げる介護支援方法はチームプレーで試行錯誤する事で見いだせるはずです!

例えば、16時付近になったら介護施設の中にプチお買い物スペースを作ってみるとかですね。

これは、何となく考えた私の1つの考え方ですが1つ1つ考えながら良い手段を探る事が認知症介護です。

そこで、離設と言う思考を紛らわせる事が少しでも出来れば良い介護支援方法だと言う事です!

簡単な例でしたが、介護施設で応用してみましょう!

介護施設が入所者へ閉鎖的では離設は防げない

これが今回の1番のテーマではないでしょうか?

よく耳にする介護施設があります。

それが過度すぎる閉鎖的な介護施設の存在です。

介護保険施設はもちろん、1番多いのが民間の介護施設です。

サービス付き高齢者専用住宅(サ高住)や有料老人ホームですね!

例えば、家具は木製はダメとか外出は原則不可とかです。

やたらと、入所や入居への制限を作ると言う事です。

病院受診や必要な手続きのみ家族同伴で2時間以内なら外出可能とか色々と制限を入れてくるのは、私から言わせると完全なる「人権侵害」としか言いようがありません!

これでは、とても息苦しい生活環境ですよね。

誰でも離設しちゃいますよ!

そう言う介護施設に限って介護士も上から目線であったり、そもそも介護支援を考えていない事が多いです。

(全ての介護施設に当てはまる事ではありません)

私の経験則で、このような閉鎖的な介護施設では入所者さんは精神的に疲弊していまい離設が多くでる要因となってしまいます。

声かけが、そもそも上から目線とかですね!

そんな介護施設が昔も多かったですが、民間の介護施設では増えてきましたね。

それでは、介護士も良い方向へ育つはずもありません。

離設してしまい、最悪お亡くなりになったケースも観た事がありますから。

何を言いたいかと言うと、過度に決まりだからと外出を拒否する事だけ考える事自体が介護支援の逆をいっているんですよね!

そこを柔軟に考えた介護支援として、持っていこうと考える事がとても大切です。

入所者さんも好きで介護施設へ入所している訳ではないと言う事を、自分に置き換えて考えてみましょう!

入所者さんの離設をなんとかしたいのであればチームプレーや生活歴が大切だと言う事です。

そこまで考えられる介護士・介護福祉士であることが、これからも求められるスキルの1つですね!

そうでなければ、閉鎖的な介護施設になり離設が増える一方だということです。

虐待や抑制にも繋がりますから!

スピーチロックとは?事例や例文・対策・資料をまとめました

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました。

以下にも様々な記事を掲載しておりますので読んで頂けると励みになります!

◎派遣特化型介護求人です!

派遣社員で高待遇なホワイトな福祉求人を多数取り扱っております。

きらケア 派遣は、無資格でもブランクがあっても非公開求人(好条件求人)をご紹介できます!

①派遣社員やパート専門特化型大手です!

②専任のキャリアコンサルタントが転職後も丁寧に支援します。

③ブランクがあっても大丈夫!

④派遣後も悩みがあればいつでも相談可能!

⑤高時給の案件多数所有

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.