カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場

地域密着型サービスの外部評価と監査の違い

更新日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

今回は、地域密着型サービスの外部評価と監査の違いについて考えていきたいと思います!

介護士やケアマネは、外部評価や監査と聞くと「ヤバい!書類整理やるぞー!」

「摘発されてしまうー!」

と少しでも考えた事はありませんか?

そこで、外部評価と監査の違いは理解出来ていますか?

これは、似て非なる全く違う考え方です。

簡単に言うと、日頃からしっかりと介護保険制度に違反する様な事をしていなければ監査には全く問題ないです。

「そんなの知ってるよ!」

と聞こえてきますが、それでは外部評価ではどう考えますか?

外部評価って監査と違うの?

それでは、今回は外部評価と監査について考えていきたいと思います!

外部評価と監査の違いについて

先ずは地域密着型サービスの外部評価についてご紹介しますね!

地域密着型サービス事業者として外部から評価される様に良質なサービスが提供出来ているか

地域密着型サービスならではの事を第三者の機関が外部評価を行います。

民間の第三者機関へ地域密着型サービス事業者側から打診する訳ですね!

行政の介護保険監査部みたいな方々がいきなり来て、介護保険法違反や水増しをしていないかを観にくる訳ではありません。

ここ重要です!

地域密着型サービスなので、地域との交流やインフォーマルサービスを重要視しているかが1番の評価のポイントになります。

例えば、運営推進会議ではどんな地域の方が出席しているか?

ボランティアさんとの交流はあるのか?

等と様々な視点から地域に密着しながら介護サービスが展開されているかがポイントです。

ケアプランに地域のインフォーマルサービスや家族・友人を鑑みているかも観られます。

勿論、自立支援に基づいた介護支援が出来ているかも観られますよ!

重きは、地域との接点についてどう考えているかが大部分と言う事です。

それでは、外部評価と監査について以下に説明していきます!

それでは監査とは何なのか?

よくある事ですが、介護事業所の役職者が間違えて言う事があります。

外部評価なのに、「監査がくるぞー!」

こんな事ありますよね。

そんな事すら解っていない介護事業者のお偉いさんはちょっと勉強不足な方です。

それでは監査についてご紹介しますね!

基本的に監査は利用者や第三者より苦情や相談等を受けたり、介護給付費適正化システムの分析を行った上で、おかしいと判断された事業者を発見次第、行われて、運営基準違反等に対する改善の勧告・命令を行なう事を言います。

正に、介護報酬の水増しや虐待が行政の判断で調べる必要性が重いと判断された場合に監査が行われます。

いきなり来られる場合もありますが、書面だと1〜2週間前位に通達が行政側から来ます。

しかし、大概が相当ヤバい事の場合が監査となりやすいので、いきなり来るみたいなパターンで不正や虐待発覚がよくニュースに出ますね。

又、実地指導と言うのもありますよね。

これは、どこの介護保険制度を報酬としている事業者でも数年に1回行われます。

これは、介護保険事業者が適正なケアが行われており、書類系がしっかり整備されているかや介護給付が適正に行われているかをしっかり観られます。

事前に、送らなければいけない書類も求められます。

実地指導で怖い一面についてですが、それは実地指導で明らかな介護保険法違反が見受けられた場合、監査へ移行する事もあります。

この辺りは注意しなければいけませんね。

外部評価とは大きく異なるところです。

外部評価がしっかり出来ていれば監査も怖くない

基本的にいきなり監査は相当ヤバい介護保険事業者です。

先ずは、実地指導が定期的に行われるからです。

監査は、大概が内部告発が多いです。

しかも、第三者から内部告発があったとしても、直ぐには動かず確実な証拠の様なものを確認してから動く事が普通です。

最近では、虐待が特に多いですね。

よくニュースになっていますね。

そこで、地域密着型サービスの外部評価で改善すべき指導を受けていたり、改善策を外部評価で提示されたらそこで修正していけば良いと言う事です。

完全に100%バッチリな地域密着型サービス事業者は先ず99%ありません。

外部評価は、良い地域密着型サービス事業者へ変われるチャンスなのです。

そんな事を普通に毎日良いケアと地域交流や介護報酬の不正さえしなければ、監査は先ず在りえません!

それではここまで読んで頂きありがとうございました!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護職や他の福祉職の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護や福祉の現場がより良くなっていくためには、どうしていけば良いのか? そんな、悩みが解決出来たらなと思います。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場
-, , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.