カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

デイサービスの倒産が何故増えているのか?

投稿日:

こんにちは!前田 裕です。

今回は、デイサービスの倒産が何故増えているのか?について考えていこうと思います!

これはとても深刻な事態です。

在宅介護が推進されている中でのこの状況です。

時代背景として、今まさに超高齢社会となった日本は、今後も65歳以上の高齢者人口が増え続けます。

そして、超高齢者である75歳以上が増え続けると・・・

この現実が、団塊世代が75歳以上になる2025年頃において、人口の3人に1人は65歳以上、5人に1人が75歳以上となるといわれています。

高齢者が今後ますます増加すると共に、要支援・要介護認定者数も増え続け、介護市場の規模は勿論、介護保険制度事態のこれからがいばらのみちとなるでしょう。

何故なら、国の社会保障費は年々爆増しています。

これが2025年にはどうなる事でしょう?

しかし、介護ビジネスに置いて介護事業所であるデイサービスの倒産が何故増えてしまうのでしょうか?

これには、介護保険において過激な競争が起きている事がとても大きいと言われています。

また、何度も言いますが介護人材が全く足りていないからです。

介護士がいなければ、デイサービスも運営できません

これは困ったどころの問題ではないと思います。

それでは、今回もよろしくお願いいたします!

デイサービスの現状について深掘りしていきましょう。

今後のデイサービスの在り方って大切だと思いますよ。

他のデイサービスとの競争が激化している

介護という今需要のあるビジネスには、相当な企業のデイサービスは勿論のこと、介護事業所で儲けようとしている企業は山程出てきているという現実です。

建築業界や飲食チェーン店等と様々な分野からのデイサービスへの参入が増加しています。

大企業の株式会社は大きな資金源があります。

個人で開業したデイサービスが圧倒されてしまう訳です。

大企業の資金力に小さなデイサービスが淘汰されてしまう

設備投資にも資金を投じ、最新の介護用機材や綺麗で敷地面積も広い最高のデイサービスを運営出来る訳です。

そして、人材確保も高い賃金を定時することも容易な事なので、小さなデイサービスは倒産してしまう運命になりやすいのです。

介護の世界に大企業が参入して、介護人材の雇用を促進してくれるのはありがたい話ではありますが、小さなデイサービスの利用者さんがそちらへ流れてしまっては、困る話でもあります。

お互いが、地域包括ケアの観念を持って双方で協力出来る地域で高齢者を守る体制づくりが大切な事だと私は考えます。

そこには、地域包括支援センターも介入できるシステム作りを担う存在になれればいい事だと思います。

地域包括支援センターは半民半官なので、現行の介護保険制度ではなかなか難しいのかもしれません。

いや、そうでしょう。

ともあれ、小さなデイサービスにも個性があり倒産してもらっても困る話なのでそんなデイサービスが淘汰されない様にはどうすれば良いかを考えていきましょう!

小さなデイサービスにしか出来ない事がある!

デイサービスが生き残るにはどうしていけば良いのか?

先ず、基本的な事ですが常に介護業界の動向を注視して、臨機応変に事業計画の見直しを行うことが今まで以上に求められるでしょう。

詳しく説明すると、今経営しているデイサービスの周りの地域のデイサービスは勿論の事、どういう介護事業所がどんな「付加サービス」や「食事」「料金体型」について動向を見続ける事です

普通に、入浴が出来てご飯は普通・毎日同じ様なレクリエーションで終了。

これでは、他のデイサービスに淘汰されてしまうのは必然的です。

他のデイサービスには無い、このデイサービスでしか出来ない「利用者さんが喜ぶ」付加価値を付ける事がとても重要になります。

どんなに設備が大企業より劣っていようが、小さなデイサービスだからこそ出来るサービス内容が絶対にあるという事です。

私がデイサービスの経営者ならば、設備投資等に資金を投資しすぎずに何か「ここのデイサービスだから出来るメリット」を考えて運営をしようと考えます。

深く考えるならば、利用者層でも軽度要介護者か重度要介護者のどちらかに絞ったデイサービスを運営するのも良い強みになるかもしれません。

又は、食育を考えて良い感じの畑があると、レクリエーションの一貫にもなるので良いかもしれません。

(ただのプランターを3,4個置いた位では意味は余り無いですよ)

地域の保育園や小学校との交流を盛んに行うことも良いですね!

基本的に、高齢者は子供が好きな方が多いです。

そこを地域包括ケアの一貫として定期的に行う事で、地域包括支援センターからの信用・信頼が大きく生まれる付加価値もあります。

この様に、考えるだけでも沢山の付加価値があるんです。

人件費を使って整体師を雇うのも最近では結構どこのデイサービスも行なっています。

そういうリハビリ的な要素を取り入れたいならば、理学療法士(PT)の資格を持った大学院生を大学側へ打診し、週に2〜3回来てもらえる事も頑張れば出来ます。

様々な、アプローチをする事で小さなデイサービスも最強のデイサービスへ生まれ変わる事が可能です。

勿論、それなりの努力は必要です。

倒産だけは防ぎたいですし、私はそんなデイサービスが大好きです。

そういう頑張りのあるデイサービスをケアマネ時代に、よく体験利用させて頂いたりさせてもらっていました!

知り合いの介護関係者やケアマネへ相談してみるのも良いかもしれません。

経営者が思いつかないアイデアを、デイサービスの介護士さんも、そういう事をちょっと上司へ伝えてみる事でやりがいも増えるかもしれませんし、もしかしたら給与アップへも繋がるかもしれませんよ!

デイサービスは在宅介護では必須です!

今回は、デイサービスの倒産が何故増えているのか?について考えていきましたがいかがでしたでしょうか?

小さなデイサービスは大きなデイサービスに淘汰されてしまい、倒産する事が近年多くなってきました。

しかし、小さいデイサービスながらも個性や付加サービスを上手く活用して結構な介護報酬を頂いているデイサービスも私の知り合いにはいます。

やはり、独自性が大切だという事です。

そんな頑張ったデイサービスには私の私見ながら、アットホームな環境で介護士さんが辞めると言う事は少ない印象があります。

それだけ、良い雰囲気のデイサービスならケアマネからの評判も良く、依頼が増えてきます。

在宅支援がこれからも必須な時代に置いて、デイサービスの倒産が増える事は良くはありませんよね?

そう考えるのは、私だけでしょうか?

そんな事は無いと信じています!

そして勿論、ヘルパーさんやショートステイ等の他の在宅介護支援サービスも必要です。

今回は、デイサービスの在り方を、初心に戻り考える事も大切だなと私は感じました。

デイサービスで一番楽しい時間って、実は「レクリエーション」だったりします。

介護士1人でレクリエーションを考えて、頑張って1人でするのは酷な話ですが、周りの介護士と連携を取りながら、レクリエーションを利用者さんと介護士さんで笑顔になれるその瞬間が、デイサービスの醍醐味だと思います。

そんなデイサービスが今後増えてくると良いですね!

デイサービスで活躍されている介護士の皆さんも、楽しい介護人生が送れる事を切に願います!

もしも、今の介護現場で「転職したいなぁ」と介護に疲れ切ってしまっている肩には、環境の変化で「良いデイサービス」で働く経験も良いかもしれませんね!

小さなデイサービスでも良いところは沢山あります。

良いデイサービスで働ける環境は、今後倒産しない為にも、介護人材が増える為にも絶対に必須なのです!

それでは、今回もここまで読んで頂きありがとうございました!

介護士の皆さんに幸あれ!

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

介護の転職サイトおすすめTOP3を紹介!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」を利用するのがおすすめです。

最近は、転職サイトと転職エージェント(転職のサポートをしてくれる専門のスタッフ)のサービスが一緒になっているものが多いので、フルに活用しましょう。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

好条件のホワイトな求人多数保有!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

  1. 大手企業で非常に安心(勿論無料)
  2. キャリアカウンセリングが非常に優れている
  3. 大手なのでベテランコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. ホワイトな非公開求人が非常に多い
  5. 介護施設側・介護事業所の信頼が絶大すぎる
  6. あなたの期待以上の求人を提供する事に誠意を尽くしてくれる

地域密着型の優良介護系転職支援専門です!

1.介護系転職支援サービスのプロが専任でサポートするから安心!

2.  短時間勤務や残業無しの優良求人もご紹介!

3.  介護未経験・資格無しの求人も多くあります!

ハローワークでは非公開なあなたに合った職場探しをお手伝い致します!

かいご畑だからこそ出来る求人をご紹介します(^ ^)

精神保健福祉士・社会福祉士の転職も可能!理想の条件で求人を丁寧に探せます!正社員でなくとも大丈夫!

介護職から精神保健福祉士や社会福祉士・言語聴覚士も対応!

厚労省認可の安心求人情報満載です!

転職までの、様々なノウハウが提供可能です !

専門知識をもって求職者をしっかりフォローしていきます!

何と、入職後のアフターフォローまでしっかりサポート致します。

一切無料のサポート体制での非公開求人多数が多数ご紹介可能です!

介護職のお仕事を探している方や、・すでに介護職・介護福祉士として働いているが転職を考えている方・ブランクがあり、仕事復帰を考えている方向けや様々な福祉系職種の方々への柔軟な対応可能です!

・正社員でなくともOK!

・短期間の就労や様々な悩みに丁寧にお応えします!

・福祉系未経験の方から、エキスパートな方々へのサポートも充実!

 

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.