カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の現場

介護福祉士が知っておくべきC型肝炎について考える

投稿日:

こんにちは!

カイゴのティータイム運営者の前田裕です。

介護士は勉強中かもしれませんが、介護福祉士が知っておくべきC型肝炎について考えることは大切なことです。

C型肝炎を発症している高齢者さんはいわゆる感染者です。

そして、ウイルス肝炎なので感染症対策は高齢者介護において必須項目であり介護福祉士は当たり前に知っておかなければ感染リスクがあると言うことです!

しかし、C型肝炎に罹患している高齢者さんに近づいたりしただけで感染するほどの威力はありません。

簡単に言うならば「 HIV感染症」と同じような感じで集団感染することはゼロではありませんが、しっかりと感染リスクを知っていることで防ぐことは可能なんですね!

そう言うC型肝炎について介護福祉士は国家試験でも学んできたはずですので知っておくべきことなんです。

今回は、高齢者介護の世界において最も多いウイルス型のC型肝炎について考えていきたいと思います!

それでは、今回もよろしくお願い致します!

ウイルス性のC型肝炎とはどんな病気なのか

肝炎といっても薬やアルコールによって患ってしまうこともありますが、若い世代やアルコール依存症の方に多いのが特徴です。

高齢者に多いのがウイルス性の肝炎です。

その中でもC型肝炎に罹患している高齢者はどこの介護事業者でも1人は居るかと思います!

そんなウイルス性のC型肝炎と言う病気はどんなものかと言うと、肝細胞にC型肝炎ウイルスが入り込み細胞を破壊していくと言う恐ろしい病なんですね!

肝臓は人体の中でも相当な役割がある為に完全に治癒出来る方法は未だに見つかっていません。

C型肝炎ウイルスはどうやって感染するのか?

人体の幹細胞に入り込んだC型肝炎ウイルスは主に血液中に排出されています。

他にも胆汁や体液中に存在しています。

体液は主に、排泄物や唾液中にも存在しているんですね!

痰のような分泌物もです。

なので例えばC型肝炎ウイルスに罹患した高齢者を介護福祉士等が入浴介助中や排泄介助中にたまたま血液が自分の切り傷に付着したりすると感染してしまうと言う大きなリスクが生じます!

ただ、皮膚に血液や体液が付着すると言うよりも介護側の傷口や擦過傷などからC型肝炎ウイルスへ感染してしまうと言うことに注意しなくてはいけません。

知らぬうちにC型肝炎ウイルスへ感染したかを知らずに自らが媒介者となってしまうことで集団感染へと繋がっていきます。

なので、ウイルス性のC型肝炎について介護福祉士は熟知し新人や知らない介護士へ教育することがとても大切です!

そして、高齢者でも誰がウイルス性のC型肝炎に罹患しているかを必ず知っておかなくてはいけないですよね。

見落としがちな感染対策をご紹介

例えば、ウイルス性のC型肝炎へ罹患している高齢者さんが風邪やインフルエンザ・ノロウイルスに感染したとしましょう。

そうすると症状として、咳や鼻汁・吐瀉物という症状が出ますよね!

そんな分泌液中にはC型肝炎ウイルスが含まれているわけです。

そこで感染対策は結構な重装備で介護支援をしなくてはいけません!

マスクやディスポの着用は日頃から当たり前に装着してウイルス性C型肝炎罹患の高齢者へ介護支援をしましょう。

仕方なく素手で介護をした場合は、直ぐにしっかりと手洗いうがいを行いましょう!

そしてアルコール消毒ですね。

結構、介護福祉士でも血液ばかりに目が行き唾液や体液からの感染リスクを知らない方も多いのでしっかりと感染予防対策を行いましょう!

介護福祉士も体調管理や傷口がある場合は絆創膏で対処しよう

まず体調管理が出来ていないと免疫力も低下し、C型肝炎ウイルスにも感染しやすいです。

そして、明らかに手指に傷口がある場合は絆創膏で保護することも地味ながらも大切なことです。

こういう地道な感染対策が感染爆発(クラスター)を防ぐ1番の対処法なんですね!

そして、感染リスクマネジメントとして看護師というような職種も入れて日頃から情報共有や勉強することも大切です。

介護福祉士だからこそ、そういうC型肝炎についての研修会を率先して開催することも良いことです。

簡単にC型肝炎といってもウイルス性なのかウイルス性ではないかも知っておくべきです。

こういうところは、初回利用時・入所時に明確に情報収集しなくてはいけませんね!

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下の記事も合わせてご参照下さい。

新型コロナが影響し福祉職員の退職が増加している

以下にも様々な情報を掲載しておりますので読んで頂けると嬉しいです。

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」をご用意致しました。

パートや非常勤の介護士の採用も可能ですよ!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

担当者へ、自分に見合った就職先を一緒に見つけましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

大手企業で尚且つ超優良で非常に安心!

勿論全て無料です!

介護職員初任者研修から3大福祉士の転職にも対応しております。

悩んだら、[マイナビ介護職]しかおすすめしません。

正社員から派遣社員・パートまで大丈夫です

高給与を目指す方向け(実は穴場です)

給与を絶対にあげたい介護福祉職の方限定。

人間関係もしっかりと考慮してくれます。

勿論、全て無料。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の現場
-, , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.