カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の現場

介護老人保健施設で働く職種から役割、人員基準まですべて公開します!

投稿日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

今回は高齢者の方の在宅復帰を目的としている介護老人保健施設について紹介します。

結構なボリュームでお伝えしていきますね!

リアルな現状として、介護保険施設で働いている職種に看護師の役割や人員基準まですべて公開します。

介護老人保健施設とは?

厚生労働省令で定める要介護者に対して、施設サービス計画に基づき、看護、医学的管理下における介護、および機能訓練、その他必要な医療、並びに日常生活上の世話を行う施設です。

定員4人以下のユニット型、定員29人以下のサテライト型、医療機関併設型の小規模老健施設があります。

そして設置主体は、医療法人や社会福祉法人、市町村などです。

介護老人保健施設におけるサービスは、入所サービスは、家庭復帰のためのリハビリテーションや療養に必要な看護、介護を中心とした医療サービス、日常生活援助などがあり、在宅復帰を目的としています。

一方で、そのほかのサービスは在宅で療養している高齢者の通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、短期入所療養介護、介護予防サービスなどであります。

利用は施設と利用者との契約により、食費、理・美容代などは利用者の負担となります。

介護老人保健施設の役割

介護老人保健施設とは主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護者が入居できる施設です。

病院と自宅の中間的な役割があるため、在宅復帰を前提としたリハビリが中心となります。

入居可能な期間もそれほど長くなく、3か月~1年程度です。

そして入居条件は65歳以上で要介護1以上の認定を受けていることです。

介護老人保健施設で働く職種は?

介護老人保健施設では様々な職種の方が働いていて、医師、看護師、介護職員、支援相談員、介護支援専門員、理学療法士、作業療法士、機能訓練指導員、栄養士、薬剤師、調理員、事務職員などたくさんの方がいます。

お互いに協力して連絡をとりあい、利用者様の体調の把握に努める必要があります。

よく間違う介護老人保健施設と介護老人福祉施設の違いとは?

介護老人保健施設はリハビリをして自宅に帰ることが目的です。

それとは別に、介護老人福祉施設はいわゆる特別養護老人ホームと呼ばれていて、地方自治体や社会福祉法人が運営する公的施設で、レベルに関係なく要介護認定を受けている65歳以上に人が入居対象です。

常時介護を必要とする状態の人をはじめ、認知症や寝たきりの高齢者といった緊急性の高い人の入居が優先されて、終身で利用することができます。

介護老人保健施設は在宅復帰を目的としているため、整った医療体制のもと、医療ケアや充実したリハビリを受けることができます。

しかし、要介護度の高い人を優先的に受け入れる特別養護老人ホームは日常生活の介護をサービスの基本としているため、食事や入浴、排せつなどの介助、掃除や洗濯などの生活援助が主になり、在宅復帰を目的としているわけではありません。

介護老人保健施設では医師が常駐しています

入所定員100人あたりに最低1人の医師が常駐し、利用者の医療ケアや健康管理、緊急時対応などを行うことが義務付けられています。

介護老人福祉施設とは人員の部分で異なり、介護老人福祉施設では医師の配置は義務受けられているものの、非常勤でも可能です。

介護老人保健施設での看護師の役割

介護老人保健施設で看護師に求められるのは入居者の健康管理の面が大きいです

介護老人保健施設では医師が常駐していますが、利用者様の健康をしっかりとチェックする役割を看護師が担います。

施設の医師の指示に従って処置を行うことはもちろん、それぞれの利用者様の服薬の管理、敵健康診断の手配や同じ施設で働く介護職員と連携することも大切な仕事です。

また利用者様からヒアリングして日々の健康状態を把握して、変化があった時にすぐに適切な対応をする必要があるのです。

このように介護老人保健施設ならではの役割や人員配置基準があります。

リハビリ職が多いことや医師が常駐しているところが他の介護保険施設とは違うところですね!

つまりリハビリ特化型で、在宅復帰を支援している介護保険施設ということです。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも様々な情報を掲載しているので、読んで頂けると励みになります。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護職や他の福祉職の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護や福祉の現場がより良くなっていくためには、どうしていけば良いのか? そんな、悩みが解決出来たらなと思います。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の現場
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.