カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

精神保健福祉士

精神保健福祉士を仕事しながら目指したい!社会人のためのPSW資格取得の4ポイント

更新日:

精神保健福祉士という資格を目指す場合、他の仕事をしながら勉強をしないといけない人もいるでしょう。

そんな方の為に、必要な下調べと、勉強のしかたについて纏めてみました。

仕事をしながら精神保健福祉士を目指す時の注意点

psw - 精神保健福祉士を仕事しながら目指したい!社会人のためのPSW資格取得の4ポイント

既に職についていて、でも「福祉」をやりたいから精神保健福祉士を目指そうという思いは素晴らしいと思います。とにかく、頑張ってくださいと私からも応援します。

ただ、精神保健福祉士になるには資格受験も必要ですので覚えることがたくさんあります。さらには、「受験資格」もあるのでそれにあなたが条件を満たせてない場合は受験することが出来ません。

そのあたりのチェックポイントを確認できるようまとめておきました。

勉強時間をどうやって確保するかを考えておこう

まずは、勉強時間をどうやって確保するか考えておきましょう。医療系の資格は「覚えることがとにかく多い」のが特徴です。

だからこそ、「いっきに時間かけて集中して覚えれば、いけそう!!!」と意気込んでしまいそうです。この勉強法は危険です。

 

ほとんどの場合、仕事で忙しいなかで体力もあまり残っていない時に勉強することになるでしょう。時には、眠くて眠くて仕方ない状態の日もあるはずです。

そんな中で「1日5時間勉強する!」みたいな計画を立てる人がいますが、これは不可能です。たまに起こる"異常なほど疲れた日”を境目に少しずつ勉強をしなくなっていきます。

すると「なんだか、最近全然続いてないな...」と落ち込むようになり、次第に「そんなに目指してなかったしな...」と諦めるようになってしまいます。

 

こうならないように「確実に勉強できる量」を確保して、コツコツと取り組んでいきましょう。

  • 仕事前か仕事後のどちらにやるのかを決めましょう
  • 1日1時間でもかなり凄い勉強量だと考えて、毎日の目標を設定しましょう。

もしかしたら、「1日1時間では足りない!」と思ってしまう方も多いようですが、毎日1時間勉強できる人はなかなかいませんので、安心して取り組みましょう。

受験資格をしっかり確認しよう

仕事をしながら精神保健福祉士を目指すという方の大半は、今は別の仕事をしているかもしれません。

そういう方の場合、もしかすると「受験資格」が無く、受験そのものができない可能性がありますので気をつけましょう。

精神保健福祉士の受験資格をチェック

psw - 精神保健福祉士を仕事しながら目指したい!社会人のためのPSW資格取得の4ポイント

出典:http://www.sssc.or.jp/seishin/shikaku/route.html

上記の図は社会福祉振興・試験センターにいくと確認できますが、このいずれかのルートに属している人は受験資格があります。

自分がどのルートに属しているかは、詳しく調べればわかるとは思いますが、ざっくりと纏めたものをお伝えします。

  • 大学か実務かの期間が4年必要
  • 基礎科目のみ履修の場合は、短期養成施設に6ヶ月以上通う必要がある
  • 福祉系大学に通っていない場合は、一般養成施設に1年以上通う必要がある

※社会福祉士の資格登録がある方は、短期養成施設に通うことで受験資格を得られます。

短期養成施設・一般養成施設って何?

短期養成施設や一般養成施設は、精神保健福祉士の資格取得に向けた勉強ができる専門学校(通信有)です。

複数あるため、学費や通い方も学校によって異なります。大体、必要な期間の1.5倍が修業年限に設定されています。(短期養成施設は9ヶ月、一般養成施設は1年半)

学費は実習免除の有無で変わりますが、大体が以下です。

  • 短期養成施設:20~40万円
  • 一般養成施設:30~50万円

カリキュラム例です。

  • 共通科目
    • 人体の構造と機能及び疾病
    • 心理学理論と心理的支援
    • 社会理論と社会システム
    • 現代社会と福祉
    • 地域福祉の理論と方法
    • 福祉行財政と福祉計画
    • 社会保障
    • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
    • 低所得者に対する支援と生活保護制度
    • 保健医療サービス
    • 権利擁護と成年後見制度
  • 精神保健福祉士専門科目
    • 精神疾患とその治療
    • 精神保健の課題と支援
    • 精神保健福祉相談援助の基盤(基礎)
    • 精神保健福祉相談援助の基盤(専門)
    • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
    • 精神保健福祉に関する制度とサービス
    • 精神障害者の生活支援システム
    • 精神保健福祉援助演習(基礎・専門)
    • 精神保健福祉援助実習指導・実習

仕事をしながら大学に行かないとダメ?

特に、福祉関係の大学に通っていなかった方として一番気になることは「仕事をしながら大学に通わないと受験できないのかな?」という部分だと思います。

結論から先に言うと、上の図にあるように「一般養成施設等」に通う必要がありますが、大学に入り直したりする必要はありません。

また、「相談援助実務」に関わったことがある方は、ある程度医療現場で仕事をしたことがあるので、この辺りの知識があるものとして省かせていただきます。

例えばあなたが、一般大学の4年分の履修者で相談援助実務を行っていない場合は、一度「一般養成施設」の窓口に相談してみるといいでしょう。

各学校定員などもありますが、その学校の特徴(どれくらい学校へ通うことになるか)など教えてくれるでしょう。

社会福祉士一般養成通信課程は11日間、精神保健福祉士一般養成通信課程は10日間の通っていただきます。
上記は1年6ヶ月の期間での日数なので、1ヶ月で見ると1,2日間程度です。
さらに、相談援助の実務経験をお持ちの方は、通学の一部が免除となります。
詳しくはスクーリングのページをご覧ください。

このように、学校によって通うことになる日数を公開していることもあります。

受験日までどのように勉強するか

psw - 精神保健福祉士を仕事しながら目指したい!社会人のためのPSW資格取得の4ポイント

基本的には、受験日まで過去問や受験対策本を使って勉強をしていくことになるでしょう。さっきも言ったように、基本戦略は「毎日1時間程度コツコツ」です。

ですが、1つだけ気をつけて欲しい所があります。

法改正が多いため、最新のテキストを使おう

精神保健福祉士の業界は、法改正が多いです。法制度が変わってしまうと、以前までのテキストに書いてあったことが「正しくない」となることがあります。

この場合、古いテキストで勉強をしていると、間違った知識を合っているものとして覚えてしまうことになります。

できるかぎり、最新のテキストを使うようにしましょう。

まとめ

精神保健福祉士の仕事は、しっかりと資格もある上に「福祉」に関われるという素晴らしい仕事です。

諦めてしまったり、後悔する事にならない様に下調べをしっかりして資格取得を目指しましょう。

精神保健福祉士についてをまとめた記事があります

精神保健福祉士に関する情報をまとめた記事を用意しました。個別での相談やコメントでもらった意見をもとにさまざまな内容について書いてるので、一度参考にして下さい。

精神保健福祉士とは?勉強法・本音・仕事内容・給料についてのまとめ

 

 

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

newjob - 今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法
今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

newjob - なぜ、介護士は転職を考えたほうがいいのか?介護施設長が本気で考えてみた 1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

psw - 精神保健福祉士におすすめの転職サイトランキングTOP3 2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

syakai - 社会福祉士におすすめの転職サイトランキングTOP3 3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

newjob - 介護施設長がおすすめする転職サイトのランキングTOP3と使い方 4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

psw - 【本音爆発】精神保健福祉士の仕事の大変さや本音・勤務先について 5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-精神保健福祉士
-, , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.