カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

精神保健福祉士

PSWとして精神科で働くことが辛いと感じたらまずは休みましょう

投稿日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕(@masakuraudo0415)です。

PSW(精神保健福祉士)として精神科で働くことが辛いと感じている方が実はかなり多いんです!

「うんうん!毎日先生や患者さんからの電話で病院内を走り回ってクタクタです」と聞こえてきます。

前田(運営者)
それだけ大変な福祉職がPSWという、エッセンシャルワーカーなんです。

心身共に、そんなにも辛いと感じたらまずは休みましょう!

簡単に答えを言うとそう言うことですが、PSWは肉体的な疲労よりも精神的な疲労が蓄積されていき休まざるを得ないと言う状況に陥りやすいんですね!

そんなPSW(精神保健福祉士)が精神科で働くことが辛くなってきた方々へ向けて、どうしていけば良いのかを解説していきたいと思います。

それでは、今回もよろしくお願い致します!

PSWは精神疾患者と話す機会が多くて疲れやすい

PSWは、社会福祉士と同じように相談支援業務がメインである福祉職です。

しかし、1つ大きな違いがあります。

それが「精神疾患者と話す機会が多い」と言うことなんですね!

当たり前だと言われれば、そうですが・・

そんなPSWは、毎日のように精神疾患者の相談支援業務をしていると特に「精神的に疲れやすい」です。

精神疾患の患者さんの中には、馬耳造語を浴びせられることも多々あります。

前田(運営者)
例えば、障害年金の申請手続きで患者さんが2級を取れると思っていたのに不支給に至ったり3級だったりすると、その矛先がPSWへ向かうことも多いんです!

そんなことをPSWに向かって「お前のせいで精神障害年金が受給出来ないじゃないか!」と言う感じで謝り続けると言う意味不明なことすらあるんですよ。

辛すぎるでしょ、こんな不条理。

そもそも、精神科の主治医が書く書類ですよ?

文句を言うならば、自分の主治医に言ってくれ!と言うことなんです。

しかし、そこには大きな落とし穴がありました。

精神科医がPSWへ書類を任せてしまっている現実

精神科医も毎日の診断書やら入院患者さんへの対応でドタバタです。

そうすると、書類系を書くのすら億劫になりがちです。

ブラックな精神科病院では、意地でも精神障害年金の申請書すら「ただただ書きたくない」と言う精神科医もいる位です。

なにせ、記入欄が多いですからね。

しかも受給出来ません。となったら患者さんから文句を言われてしまいます。

そこで、特記事項欄だけを簡潔に記入して「後はPSWへ全て任せる」みたいなことが多いんですね!

前田(運営者)
PSWが、患者さんの未来を決めるような選択肢を任せられてしまうと言う大変な事態です。

これは、たまったものじゃありませんよ!

精神科で働くことが辛いと感じてしまうわけです。

しかも、そんな書類は他にも山ほどありますからね!

自立介護支援医療や生活保護受給への助言、在宅復帰する方へのアプローチ等と多岐多様なスキルが求められます。

前田(運営者)
もちろん、社会福祉士も同じようなことは言えますが、PSWの場合相談援助をする相手が「精神疾患者」と言うところでまず「理解して頂くこと」が難しいのが現状なんですね!

社会福祉士とPSW(精神保健福祉士)とでは、エッセンシャルワーカーとしても、相談援助の内容が大きく異なるんです。

現実はこのように辛いです。

PSWとしての「やりがい」をもっと感じれる精神科や、就労支援事業所への転職を考えてみるのも1つの手だと思います。

PSWのやりがいを感じられる職場を見つけてみましょう

前述したように、PSWの仕事量が自分のキャパシティを超えることが続いていくとどうなると思いますか?

どんな福祉職や介護職にも同じことが言えます。

それは、「自らがうつ病のような精神疾患者に罹患しやすくなる」と言う本末転倒な事態です!

これだけは当然ながら、避けなければいけない大きなリスクですよね。

PSWとして精神疾患者への相談援助をしている自分が精神疾患に陥ってしまっては、正直な話で未来は暗いです。

前田(運営者)
そうならない為には、もしも「今の精神科の職場ではメンタルが持たない」と感じるならまずは休みましょう!

ひとまず、心の余裕を取り戻す作業として休むことが大切です。

私自身もケアマネ時代にうつ状態になった経験があるので、ひとまず辛いならば休むことです。

そのまま突き進んでは、最悪なケースで「特に重篤な精神疾患」り罹患するリスクが大になりますよね!

ここで注意したいのが、「自分のメンタルは普通よりも高い」と認識してしまうことです。

PSWであるならば承知な事実だと思いますが、そんなのはメンタルの弱さだと言う方も現実いらっしゃるんですよ。

例えば、相当なメンタル強化をしている日々の訓練をしている自衛隊の方も「うつ病」になる方を私は多く観て来ました。

それだけ、精神疾患になるリスクはステルスのようにジワジワと心を奪っていくんです。

前田(運営者)
そこで、PSWの皆さんで精神科で働くことが辛いと感じることが長期的に続く状況であれば、私なら一時的に休むことと自分に見合った職場へ転職することをオススメしますね!

人間、どれだけメンタルが強いと自負していても気付かないうちに、精神疾患を患ってしまうことは現代社会では多くあることなんです。

そんな時は、休みを頂き転職活動をしてみるのも大きなメリットだと思います!

PSWとしての「やりがい」や「楽しさ」を毎日感じられる職場が1番であると私は考えますよ。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも、様々な情報を掲載しておりますので呼んでいただけると励みになります。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護職や他の福祉職の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護や福祉の現場がより良くなっていくためには、どうしていけば良いのか? そんな、悩みが解決出来たらなと思います。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-精神保健福祉士
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.