カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

[介護概念再構築]今からの介護支援方法を考える

投稿日:

こんにちは!前田裕です。

今回は、[介護概念再構築]今からの介護支援方法を考えるについて考えていきたいと思います!

現在の日本に置いて、現在新型コロナウイルスの拡大や、集団感染は、介護や福祉関係の職員へ多大なな影響を及ぼしています。

全国の高齢者施設や介護支援事業所で集団感染(クラスター)が増加傾向です。

今後も集団感染が拡大しない事を切に願います。

どうしても介護支援方法上に置いて、利用者や入所者との濃厚接触が避けられない介護・福祉職は感染リスクの不安と戦いながら働く日々が現場です。

介護施設では学校等の休校に伴う介護人材の更なる不足や、未だに解消されないマスクや消毒様アルコール不足など、医療現場よりも介護環境の苦悩に悲痛の声が上がっています。

どうしても、要介護度が高い高齢者への介護支援方法は密接しながらの介助を必要とする場面が多いですね。

介護人材が不足している事が1番大きな問題でもありますが、今や高齢者は新型コロナウイルスを敬遠してデイサービスの利用を控えている方も多いです。

そうなると、通所系介護保険サービスはそこまで介護人材に困る事は無いかもしれませんが、デイサービスの利用が減るという事はそれだけ介護報酬も減るという事にも着目しなければなりません。

この状態が年単位で続くともなれば、間違いなく小さな規模の通所系介護保険サービス事業者は倒産していくでしょう。

そんな事態にならない様に、今こそ介護概念の再構築をしていきましょう!

それでは、今回もよろしくお願いします!

現場の介護支援方法でも不安がある

もしも、新型コロナウイルスへ感染すれば重症化しやすいのが高齢者です。

高齢者は、基本的に高血圧や糖尿病等の疾患を持っている方が多いです。

そして、介護現場での密閉空間の中で、濃厚接触する介護職員。

今の介護現場ではその状況は避けて通れない道なんです。

どんなに頑張っても介護支援方法は利用者や入所者と密になる場面が多いですよね。

ほかの職種よりも新型コロナウイルスへの感染リスクは高いです。

重要なので何度も言いますが、全国の介護福祉施設や介護保険事業所では「クラスター」と呼ばれる新型コロナウイルスの感染者が増えてきています。

そんな状況下では、介護支援方法を再構築する必要性があります。

一般的な方は、密な接触をしないなら感染しないから良いと言う方もいます。

一方で、もしも自分が新型コロナウイルスに罹患してしまったらどうしよう。

そう考える方もいます。

介護や福祉職なら、これは当たり前な感情ですね。

しかし、高齢者と普段の接し方でいいのかどうか言う複雑な考え方も同時に起きます。

それが相当なストレスとなり、介護がしたく無いと考える方も現在増えてきています。

「新型コロナウイルスが終息したら、介護は辞めて転職しよう」

そんな介護・福祉職の方も多いのが現場です。

介護や医療に携わる方々はそんな不安に押しつぶされそうなんです。

現場の介護支援方法をもっと感染リスクを低減しながら仕事をしたいですよね!

不安があるのが普通で、不安が無いのは異常です。

介護支援方法を再構築しよう!

今、介護支援事業所や介護保険施設はマスクや消毒用アルコールがとても不足しています。

ほぼ医療現場へ供給されるからです。

介護施設やデイサービスでの集団感染が多発しているのにです。

ここは、国や地方自治体がもっと積極的に動いて頂きたいですよね!

しかし、何故か介護・福祉現場は後回しになっています。

これでは集団感染が全国どこの介護保険サービス事業者で起きても不思議では無いのです。

そこで、介護現場でも本来1人介助で密な状況は少しでも封じる事が重要になってきます。

本来なら1人介助で良い方へも、極力触る事が無い様に2人介助で出来る様な介護支援方法が求められてきます。

「え!2人も入ったら密な環境が出来るよ!」

と思うかもしれませんが、2人で効率よくトイレ介助等を素早く済ませる。

これが結構重要です。

1人の介護士が長々介助する事で、相当な密接を生むよりも2人で介助にささっっと行う事で、はるかに介護支援方法の効率が良いからです。

これは、自立支援には繋がりにくいですが今の緊急事態宣言の状況では仕方が無いのです。

今求められる、介護概念再構築が緊急で必要であると言う事ですね。

感染リスクに相当適応した介護支援方法が今は求められていると言う事です。

ディスポ等の脱ぎ方等、小さな事でも感染リスクを良く鑑みて介護支援をおこなていきましょう!

介護概念の再構築が今求められていると考えます!

今こそ、介護・福祉職の結束力が大切だと言う事ですね!

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!

以下にも、様々な記事を書いているので是非ご参照頂けると幸いです!

今回もここまで読んで頂きありがとうございました!

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

介護の転職サイトおすすめTOP3を紹介!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」を利用するのがおすすめです。

最近は、転職サイトと転職エージェント(転職のサポートをしてくれる専門のスタッフ)のサービスが一緒になっているものが多いので、フルに活用しましょう。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

好条件のホワイトな求人多数保有!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

  1. 大手企業で非常に安心(勿論無料)
  2. キャリアカウンセリングが非常に優れている
  3. 大手なのでベテランコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. ホワイトな非公開求人が非常に多い
  5. 介護施設側・介護事業所の信頼が絶大すぎる
  6. あなたの期待以上の求人を提供する事に誠意を尽くしてくれる

地域密着型の優良介護系転職支援専門です!

1.介護系転職支援サービスのプロが専任でサポートするから安心!

2.  短時間勤務や残業無しの優良求人もご紹介!

3.  介護未経験・資格無しの求人も多くあります!

ハローワークでは非公開なあなたに合った職場探しをお手伝い致します!

かいご畑だからこそ出来る求人をご紹介します(^ ^)

精神保健福祉士・社会福祉士の転職も可能!理想の条件で求人を丁寧に探せます!正社員でなくとも大丈夫!

介護職から精神保健福祉士や社会福祉士・言語聴覚士も対応!

厚労省認可の安心求人情報満載です!

転職までの、様々なノウハウが提供可能です !

専門知識をもって求職者をしっかりフォローしていきます!

何と、入職後のアフターフォローまでしっかりサポート致します。

一切無料のサポート体制での非公開求人多数が多数ご紹介可能です!

介護職のお仕事を探している方や、・すでに介護職・介護福祉士として働いているが転職を考えている方・ブランクがあり、仕事復帰を考えている方向けや様々な福祉系職種の方々への柔軟な対応可能です!

・正社員でなくともOK!

・短期間の就労や様々な悩みに丁寧にお応えします!

・福祉系未経験の方から、エキスパートな方々へのサポートも充実!

 

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.