カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

今からの介護支援方法を考える[介護概念再構築]

投稿日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

今回は、今からの介護支援方法を考えるについて考えていきたいと思います!

まさに、事業所や介護保険施設の介護後概念再構築の話になります。

どうしても介護支援方法において、利用者や入所者への適切なケアが避けられない介護・福祉職は自立支援介護と戦いながら働く日々が現代の介護福祉現場です。

介護保険施設や介護保険事業所では、介護人材の更なる不足や未だに解消されない人間関係のいざこざなど、医療現場と同じ様な介護環境の苦悩に悲痛の声が上がっています。

どうしても、要介護度が高い高齢者への介護支援方法は自立支援とは反比例した人材不足の介助・介護支援を必要とする場面が多いですね。

そんな、今からの介護支援の再構築について考えていきたいと思います。

それでは、今回もよろしくお願いします!

介護保険事業者の現実

介護人材が不足している事が1番大きな問題でもありますが、今や高齢者も必要な介護支援を利用したいのに自立支援介護とはかけ離れた事業所や介護保険施設も多いので、苦境の時になっています。

ここでそんな事業所の例をあげますね!

通所系介護保険サービスは増えすぎた

通所系介護保険サービスはそこまで介護人材に困る事は無いかもしれませんが、高齢者のデイサービスの利用が減るという事はそれだけ介護報酬も減るという事にも着目しなければなりません。

やたらと、民間の通所系介護保険サービス事業所が増えすぎた問題ですね。

この状態が年単位で続くともなれば、間違いなく小さな規模の通所系介護保険サービス事業者は倒産していくでしょう。

前田(運営者)

何故ならば、通所系介護保険サービスは増えすぎたんです。

しかも、毎回の介護保険制度の改正で介護事業者は経営が年々厳しくなってきていますね。

ただ、上手く介護支援方法を実現できていながらもしっかりと良い給与を支払える、通所系介護保険サービス事業者も存在するのも現実にあります。

通所系介護保険サービスとして通所系介護保険サービス、良い介護支援ができる介護概念の再構築をしていくことが存続していく道です!

現場の介護支援方法でも不安がある

高齢者は、基本的に高血圧や糖尿病等の疾患を持っている方が多いです。

そして、1人1人の高齢者さんへ基礎疾患を熟知した上で自立支援介護をする介護職員。

しかし、今の介護現場では厳しい道なんです。

どんなに頑張っても介護支援方法は介護福祉人材が必須になってきます。

ほかの介護とは違う職種であれば、介護保険制度という法律のしがらみに対応しなくても良いです。

しかし、国や地方自治体からの介護報酬で生きている介護保険事業者は「人員配置基準や資格」という大きな人材の確保が必須事項ですよね!

簡単に利益を上げることが実は難しいんです。

前田(運営者)

重要なので何度も言いますが「人員配置基準を満たさずに経営はできません」ということです。

そんな状況下では、介護支援方法を再構築する必要性があります。

例えばの例をご紹介します。

ハローワークの求人だけでは介護人材は集まりません

介護職や福祉職なら、これは当たり前な事実ですね。

何が当たり前か?

今やネット社会です。

前田(運営者)

そして、ハローワークの求人だけでは「介護福祉職は集まらない」という現状があります。

経営者は、それが相当なストレスとなり今からの介護支援の良さを尊重していくということよりも「介護人材をどうにか集めなければ!」いけないと考える方も現在増えてきています。

そうしないと、そもそも運営できませんからね。

前田(運営者)

「良い介護支援を念頭に考えている」という経営者さんも多いんですが、介護人材がしっかりと揃っていないと「そもそも無理」という当たり前なことに、ここで気付くんですね。

介護や医療に携わる方々はそんな不安に押しつぶされそうなんです。

つまり、経営者がしっかりと介護人材を確保してからが「良い介護支援」ができる基本の体制です。

そうでないと、介護概念を再構築できる様な介護支援は不可能だということですね!

人間、不安があるのが普通で、不安が無いのは異常です。

何が言いたいかと言うと「介護人材が豊富な現場でのみ良い介護支援への即効性が高い」と言うことです。

介護支援方法を再構築しよう!

今、介護支援事業所や介護保険施設において介護人材が整っている状況で話を進めます。

前田(運営者)

例えば、高齢者さんへ1人介助をしていて「他の高齢者さんへの支援に対応出来ている状況は職場環境として出来ていますか?」しっかりと自立支援介護が出来る様な介護支援方法が。

難しいと言う状況が多いかと思います。

特に介護保険施設ですね!

これが結構重要です。

1人の介護士が介護支援をする事において、「〇〇さんは今大丈夫だろうか?」そんな思考が有ると無いとでは大きく違いますよね!

何故なら、はるかに介護支援方法の効率と事故防止にも良いからです。

もちろん、気にすることは大切です。

前田(運営者)

そんな介護職が1人でもいれば、全員共通認識で介護現場で今からの良い自立介護支援ができるからですね!

そうすると、今求められる介護概念再構築が本当に緊急で必要であると言う事ですね。

なので、介護概念の再構築が今求められていると考えます!

今こそ、介護・福祉職の結束力が大切だと言う事ですね!

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!

良い介護現場について考えました。

以下の記事も合わせてご参照下さい。

なぜ、介護士は転職を考えたほうがいいのか?介護施設長が本気で考えてみた

今回もここまで読んで頂きありがとうございました!

介護支援は難しいことばかりですが、手遅れになる前に再構築しなければいけませんね!

以下にも、様々な記事を書いているので是非ご参照頂けると幸いです!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護職や他の福祉職の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護や福祉の現場がより良くなっていくためには、どうしていけば良いのか? そんな、悩みが解決出来たらなと思います。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.