カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の現場 介護福祉士

介護福祉士なのに低賃金だと言う現実

投稿日:

こんにちは!前田 裕です。

今回は、介護福祉士なのに低賃金だと言う現実について考えていきたいと思います!

何故、国家資格である介護福祉士が未だに低賃金なんでしょうか?

不思議で仕方がないです。

同じ国家資格でも看護師になると給与の差は10万円は違います。

「看護師と比較してもねー」と思いがちですが、介護福祉士にも相当な知識と認知症介護においての介護支援のプロですよ?

しかも、とても重労働な仕事でありこれからの日本において、大切な存在が介護福祉士です。

そんな介護福祉士の給与が未だに低賃金だと言う事が大問題だと思います。

何が大問題かと言うと、簡単な事で低賃金で重労働な仕事を誰が続けたいと思いますか?

だからと言って、介護福祉士が減ってはいけないと言うことが一番大切なことです。

国がもっと介護福祉士への待遇を強化するのも有りかもしれませんが、一番は介護報酬の底上げです。

そうでもしないと、介護事業所はそれなりの給与を支払えないからです。

そんな、介護福祉士の低賃金問題について考えていきたいと思います!

それでは、今回もよろしくお願いいたします!

介護福祉士の離職率を減らすには?

現在、介護福祉士の離職率が増加しています。

介護士も同じです。

他の精神保健福祉士や社会福祉士にも同じ現象が起きています。

介護業界や福祉業界にこんなにも需要があるのにです。

職業難で困っている方もお多い中なのに、何故介護業界に人材が集まらないのでしょうか?

介護の仕事はいくらでも求人が出ています。

勿論、ブラックな介護事業所へは転職したくはないでしょうが(T . T)

それでは、どうやったら介護福祉士として今後も介護業界へ残ってくれるんでしょうか?

前述した通り、一番は介護報酬の底上げです。

しかし、そうも簡単にはいきません。

日本は、お金がありません。

現実、老齢年金だけの捻出だけで精一杯な状況です。

そこで、介護事業所だけでも出来る事はあります。

今からの時代、介護事業所も面接に来てくれた介護福祉士を簡単に落とす事すら難しくなって来ます。

そこで、介護事業所もやるべき事はあります。

それは何なのか?

介護事業所や介護保険施設が介護福祉士の離職率を減らすには、給与は勿論の事、やりがいが持てる環境を構築していくことも大きな要因です。

介護職場で働きやすい環境を整備し楽しい職場へ

介護福祉士が今「辞めたい」と思われる方が居たらどうにか踏ん張って欲しいです。

もし、今の介護事業所がやりがいがあって楽しいと思える職場であれば良いですよね!

今の介護職場でどう環境の改革が出来て、介護福祉士の離職率が減るのか?

人間、仕事をしている以上、どんなに高給取りでも全くやりがいの無い職場だと、離職しやすいです。

そして、介護業界はと言うと、現実人間関係が結構複雑な職場も多いのが特徴です。

そこで、介護事業者や介護保険施設が行うべき最優先事項が、職場内の環境の大改革です。

少しづつで良いんです。

離職率を減らす改善策を先ずは考えましょう。

介護福祉士にとって、「もっとこの職場で頑張りたい!」と感じて仕事をしてもらえる環境が出来れば介護人材の確保に繋がるのです。

楽しいと思う職場へ長く介護福祉士として働きたくなる環境が必然的に必要です。

ただただ、研修がしっかりしています!では誰も長続きはしないのです。

介護福祉士へ最高の喜びを提供すること

介護福祉士が、なんとか介護業界へ残って欲しい。

これは、結構難しい問題ですね。

今回は、介護福祉士なのに低賃金だと言う現実について考えていきました。

兎にも角にも、介護報酬をもっと上げる事が一番ではあります。

しかし、早急に今の介護事業所での働き方改革を行わなければ、介護福祉士は転職を繰り返す事が続くでしょう。

低賃金でも、ホワイトな介護事業所へ何年も勤める事で給与は昇給していきます。

ブラックな介護事業所は、あまり期待しない方が良いです。

そんな介護事業所は、いくら時間が経っても改善策を持ちかけても応じないのが現状です。

もっと良い介護事業所への転職をオススメします。

今まで頑張ってきた介護福祉士が他の職種へ離職してしまうのは相当ヤバい未来が待っています。

現実、それだけ介護業界はグレーな仕事環境であり低賃金です。

そこを、少しずつ職場環境からでも変えていく事で、介護離職も減ります。

これが出来ていかないと今後の介護業界は相当ヤバいです。

そこで更に、介護福祉士と言う国家資格を所持した介護人材が離職していく事は、それだけの専門分野を理解出来ている職員が居なくなる事で、介護自体の質が下がってしまい、介護分野有力な引っ張っていく人材が減ると言う事に繋がります。

そんな事態だけは避けたいですね(T . T)

良い介護職場で、仕事をする事が現環境では良いかもしれません。

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!

以下にも、様々な情報を掲載しておりますので是非、ご参照下さい(^ ^)

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.