カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

ケアマネージャー 介護の勉強 介護の現場

[なんとかしたい!]介護士不足の慢性化の感想

投稿日:

こんにちは!

今回は、なんとかしたい!介護士不足の慢性化の感想について考えていきたいと思います!

介護事業者がどれだけ介護士や介護福祉士を雇用しても、直ぐに辞めてしまったり又は求人を出しても介護人材が集まらないという状況が起きています。

これはかなり深刻な事です。

経営側も頭を抱え込んでいる状態です。

以前より介護人材の確保については、国もなんとかしたいと外国人介護人材の導入を進めていますが、それでも年々介護士が不足している事態です。

少子高齢化の日本にとって、これはますます深刻化していきます。

そもそもの介護士・介護福祉士・ケアマネの給与は国がどれだけ予算を投じても、介護報酬の低さもあり低賃金のままです。

介護業務・支援事態がかなりハードなので、労働対価が伴っていないので介護業界への新規流入も低迷しているのです。

それでは、こんな深刻な状況をどう考えていけば良いのか私見を踏まえて、考えていきたいと思います!

よろしくお願いいたします!

何故介護人材が不足しているのか?

まず、介護士という仕事事態に魅力を感じなければいけません。

そうなるにはどうしたら良いのか?

結論、労働対価を上げる事とやりがいを感じる仕事である必要が1番です。

しかし、現状それは不可能に近いです。

普通の企業であれば、利益優先で営業マンや企画部・経営戦略を試行錯誤しながら経常利益を上げて、それに見合った収入を得るという現代は超資本主義社会です。

これにより、経営が赤字転落する企業は直ぐに倒産か他の企業へ買収されていきます。

では、介護業界はどうでしょう?

介護事業者の収益の殆どが「介護報酬」で生きています。

病院の経営と同じようなものです。

しかし、病院は診療報酬で生きていますが、これがまた介護報酬とは比べ物にならない程高いので医師は高給取りなのです。

介護保険報酬の具体例を上げてみます。

2018年度での訪問介護の介護報酬が以下になります。(生活援助)

30分以上1時間未満  394単位

今回は生活援助での介護報酬内容ですが、ヘルパーさんが1時間未満で掃除や調理等をすると、1単位を基本10円とすると[394×10=3940円]

となります。

加算等も付きますが、安いものです。

これから人件費や経費を引いていくと、どれだけ介護報酬が低いかが理解できます。

しかも、介護人材が居ないとヘルパーとして動けません。

本末転倒なのです。

余談になりますが、裏を返せば有料老人ホーム等に入居している居室へ何回もヘルパーさんが来るのは、回数を重ねて介護報酬を少しでも多く得る手法をしないと介護事業者自体が経営出来ないからです。

ただの掃除という名目でも言い訳です。

勿論、ケアプランに基づいて介護事業者は動かなければなりません

いわゆる、囲い込みと言われています。

上記で説明した通りの事で、介護事業者が必死に介護報酬で稼いでいる状況なので、介護人材が確保出来ません。

そして、介護報酬は国から頂く対価なので、書類系の仕事も多く割りに合わないという負のスパイラルな訳です。

こんなギリギリな介護業界でやりがいを持って仕事を出来るなら、それはそれで良いと思います。

それでも介護にやりがいを感じてくれてありがとうという事です。

今後、介護人材不足の慢性化だけは避けたいですね!

介護報酬は低いけれどもやりがいは100%!

前項で、散々介護報酬や介護事業者の経営手段についてリアルに伝えて生きましたが、それは国の方針なので仕方が無いに尽きます。

国が介護保険をもっと考えてくれれば良いだけの話です。

それでは、介護という仕事のやりがいを感じて頂きたいので私なりに考えてみます。

このブログでは散々介護は素晴らしい仕事だと言ってきている私です

介護報酬が低い・労働対価が低いだの言っていますが、事実なので仕方ないです。

正直、介護保険制度自体がこの先どうなるかも解りません。

しかし、介護にやりがいを持って仕事をしている介護士は沢山居ます。

それでも介護人材は足りて居ませんが(T . T)

行政や介護人材紹介サービスが大活躍中!

そこで、介護人材を確保する為に、国だけでは無く市区町村の自治体や社会福祉協議会も動きを見せています。

しかも本格的にです。

福祉の合同面接会というような文言がよく、ハローワークや社会福祉協議会で紹介されています。

それだけ、介護人材が必要なんです。

そして、一番力を入れているのが介護求人・転職サイトです。

今や殆んどの介護事業者が介護求人サイトを利用して、介護人材の確保を積極的に動いています。

これで、これから多くの介護への関心を持って頂きたいと私は期待しています。

介護士はこれからもっと急成長していく希望

今回は、なんとかしたい!介護士不足の慢性化の感想について考えていきました。

介護業界は、今大きな転換期にいるのかもしれません。

日本は社会保障制度や年金問題が大きな課題です。

少子高齢化で、高齢者への詐欺も増加してきています。

これは、なんとか警察が対応してくれると良いです。

需要が高齢者にある事が、良い方向でビジネスとして大きく飛躍すれば介護業界にも大きな期待が寄せられ、介護人材も増える事が出来るでしょう。

なんでもポジティブに介護業界が良い方向へと動く事が一番だと私は感じます。

これから、介護業界は大きな分岐点を迎えるでしょう。

日本が迎える超高齢化社会へ様々な企業も参入し、介護保険外サービスが普及してく事もあり得ると考えます

というか、あります。

既に、配食サービス関係の企業が動き出しています。

それでは、今回もここまで読んでくださりありがとうございました!

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

介護の転職サイトおすすめTOP3を紹介!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」を利用するのがおすすめです。

最近は、転職サイトと転職エージェント(転職のサポートをしてくれる専門のスタッフ)のサービスが一緒になっているものが多いので、フルに活用しましょう。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

好条件のホワイトな求人多数保有!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

  1. 大手企業で非常に安心(勿論無料)
  2. キャリアカウンセリングが非常に優れている
  3. 大手なのでベテランコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. ホワイトな非公開求人が非常に多い
  5. 介護施設側・介護事業所の信頼が絶大すぎる
  6. あなたの期待以上の求人を提供する事に誠意を尽くしてくれる

最大手マイナビ看護師だからこそ出来る貴方へ合った職場をご案内します!

1.医療系転職支援サービスのプロがサポートするから安心!

2.  専門の転職コンシェルジュが無料で対応します!

3.  日本最大手だからこそ出来る看護師求人を掲載!

ハローワークでは非公開なあなたに合った職場探しをお手伝い致します!

マイナビ看護職だからこそ出来る求人をご紹介します(^ ^)

精神保健福祉士・社会福祉士の転職も可能!理想の条件で求人を丁寧に探せます!正社員でなくとも大丈夫!

介護職から精神保健福祉士や社会福祉士・言語聴覚士も対応!

厚労省認可の安心求人情報満載です!

転職までの、様々なノウハウが提供可能です !

専門知識をもって求職者をしっかりフォローしていきます!

何と、入職後のアフターフォローまでしっかりサポート致します。

一切無料のサポート体制での非公開求人多数が多数ご紹介可能です!

介護職のお仕事を探している方や、・すでに介護職・介護福祉士として働いているが転職を考えている方・ブランクがあり、仕事復帰を考えている方向けや様々な福祉系職種の方々への柔軟な対応可能です!

・正社員でなくともOK!

・短期間の就労や様々な悩みに丁寧にお応えします!

・福祉系未経験の方から、エキスパートな方々へのサポートも充実!

 

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-ケアマネージャー, 介護の勉強, 介護の現場
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.