カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

[介護士の豆知識]インフルエンザのお話

投稿日:

こんにちは!前田裕です。

今回は、[介護士の豆知識]インフルエンザのお話について考えていきたいと思います!

ところで皆さん、風邪等引いていませんか?

私は、一昨年頃にインフルエンザA型にかかりました(T . T)

眠れないくらい辛いですよね。

関節の痛みはとにかく酷かった記憶があります。

その時に感じたのは、基本的に介護士時代からインフルエンザ予防接種は受けていました。

私は、「インフルエンザ予防接種を打ったのに・・」という感じでした。

今年はなんだかんだで、マスクをしていても周りの職員や子供がインフルエンザにかかり大変でした。

子供が居る世帯では、インフルエンザにはなりやすい環境ですよね。

何しろ、インフルエンザになった職員は元より、介護現場は介護士が不足してしまい大変でした。

インフルエンザ予防接種の裏話

ちょっと免疫学的な、お話をしていきたいと思います!

ちなみに、豆知識というかインフルエンザの予防接種についてですが、例えば平成28年度は4株のインフルエンザワクチンの接種でした。

もちろん当時の私もインフルエンザ予防接種は打ちましたが、実は・・こんなお話程度に聞いてもらえれば良いです。

何度も言いますが、今から話す事は、私個人の知識・見解なので、立証はできないですが頭の片隅に置いてもらえたら幸いです。

実は、私は以前インフルエンザの予防接種を受けた2ヶ月後に40度もの高熱と倦怠感で苦しんでおりました。

予防接種を受けていようがインフルエンザにはかかってしまいます。

しかし、症状が少しは和らげると聞いていたのですが、そんな事はどうでもよく、とにかく高熱と体の節々の痛みに苦しみました。

そして、私はインフルエンザワクチンについて調べて観たのですが、とある研究者、免疫学権威のある方の情報を観て見ると、びっくりしました。

なんと、インフルエンザワクチンの予防接種に意味はないという見解でした

逆に予防接種を打つよりも、リスクが伴うとの事でした。

リスク?なんで?予防の為なのに?

そんなことを私は思いましたが、その方の論文を読むと要するに、インフルエンザにかかったら、予防接種であらかた免疫力ができている・・というのはあまり効果を発揮する事はないとの事。

インフルエンザの予防接種ワクチンのお話

これまた免疫学的なお話ですがびっくりしました。

なんと、インフルエンザ予防接種の中身、つまり注射液に問題があるとの見解でした。

それは、何かというと予防接種には、腐食を防ぐ為にホルマリンが使われているという事です。

このホルマリンは、主に臓器の保存に使われたりします。

そして、そのホルマリンが生きている人間の体内に入る事は、発ガン性物質という事だそうです。

なので、権威ある免疫学者はインフルエンザワクチンを絶対に打たないそうです。

全ての方ではないでしょうが。

インフルエンザの豆知識

そこで、私が知る限りのインフルエンザに対する免疫力の向上としては、基本的にまずよく睡眠をとる事、手洗いや手の隙間や爪の間をよく洗う事です。

これは、介護士は勿論自分の免疫力を向上させる為には当たり前の知識ですね!

ちなみに、うがいは実はインフルエンザウイルスが喉の奥に付いている為に除菌という意味では全く意味をなさないという事です。

ちょっとした豆知識です。

介護士として、知っておいて損はないと思います!

ただし、うがいをする事で、口腔内の湿度を保てるので、うがいが意味がないとは言い切れません。

インフルエンザウイルス、ノロウイルスは空気が乾燥している程感染力が高まるという事です。

私は、ノロウイルス、インフルエンザのどちらとも患った事がある為に、ここまで調べました(笑)

だって辛い思いしたくないですもん。

一番の予防法は、自分の免疫力を上げる事です。

それには、しっかりとした睡眠や野菜を摂る事、そして予防に務める事です。

特に最近では次亜水が有効とされています。

エタノール消毒よりは有効的です!

私の施設でも次亜水での噴霧、拭き掃除は徹底しています。

何故なら次亜水には、インフルエンザ・ノロウイルスには効果覿面なのです。

特に高齢者様は免疫力が低下している方が多いので、介護士として注意しなければいけないと言う事ですね!

そんな、免疫学も勉強しつつ、実践している今日この頃の私です。

少しでも豆知識であっても介護士は調べる癖を身に付けておいて損はないでしょう。

長くなりましたが、ちょっとしたあるある話です。

あなたの介護職場はどうですか?

そして、介護士として感染症について日頃から学んでおきましょう!

感染を防ぐ努力というか義務ですね。

ちょっとした豆知識でも良いんです(^ ^)

今回は[介護士の豆知識]インフルエンザのお話でした!

ちょっと頭の片隅にでも置いて貰えれば良いお話でした。

何事も勉強や経験は大切ですね。

それでは今回も、ありがとう御座いました!

以下にも、様々な豆知識や有意義な記事を発信していますので是非宜しくお願い致します!

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.