カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

介護士は転倒予防が最重要な事実

投稿日:

こんにちは!

今回は介護士は転倒予防が最重要な事実について考えていきたいと思います!

転倒事故はどこの介護事業所や在宅介護では多くありますよね。

「あ〜また〇〇さんが転倒した〜」「何回言ったら転倒しなくなるんだよー」

誰もが感じたことのある考えですね。

そして、事故報告書を書くにも毎回同じ内容になりがちではないですか?

対応策、難しいですよね。

しかも、今後超高齢化社会に突入します。

すると、介護現場は介護士不足の増大と介護保険利用高齢者の増加が同時に上昇していきます。

つまり、今後転倒事故が自ずと増えるという事です。

そして、転倒事故は入院や死亡原因の大多数を含めます。

これらについて、様々な視点から転倒予防について考えていきましょう!

それでは、今回もよろしくお願いいたします!

何故、転倒事故が頻発するのか?

東洋大学監修での、転倒事故の年代別統計での下記をご参照下さい。

60歳台の高齢者・・滑ってしまい転倒事故が多い傾向

70歳〜以上・・段差のつまずきでの転倒事故が多い傾向

そして、1日の中でずば抜けて転倒事故が起きやすい時間帯は夕方以降です。

日光が減り、つまずいたり、滑りやす場所が見えにくくなる事が予測できますね。

これらの結果は、主に在宅がメインになりやすいですが、介護保険施設でも同じ事は言えるでしょう。

特に女性高齢者の方は骨粗鬆症や膝関節変形症が転倒に至る、原因になりやすいですね。

男性高齢者では、冬の温度差による脳血管性脳梗塞や高血圧が原因でそのまま転倒してしまう事も多い様です。

高齢者も転びたくて転倒している訳ではありません。

様々な内部要因・外部要因・室内環境等様々な要因が転倒予防の検討改善に繋がります。

介護保険施設等で多い転倒予防についての感想と思い

いわゆる介護保険施設や有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅で多い転倒予防について考えていきましょう。

施設での転倒で多いのは、多くが同じ方の転倒事故が目立ちます。

何故ならば、介護度が重い方や認知症も中程度〜重度の方が多いからだと考えます。

特に認知症が進行すると、転倒リスクが大きい方は移乗やベッドからの歩行する際に、いくら介護士が「起きるときはコールを押してね」「トイレの時は教えてね」という声掛けが多くないですか?

これは間違いではありません。

しかし、高齢者は認知症が原因でコールを忘れ一人で動き転倒したり、いちいちコールを押したくはないという事が原因で転倒事故が起きるという負のループが繰り返され、最悪転倒事故死になる危険性があります。

ではどう対応していけばいいのか?

これは、人それぞれなので完璧な1つの答えはありません。

センサーマットや離床センサー、赤外線センサーを利用する事に結局なる場合もあるでしょう。

しかし、これは最終手段です。

やり方によっては抑制に該当します。

昔の方は基本的に日本家屋で生活をしてきているので、ベッドでは無く畳に布団を敷いて寝るのが一般的でした。

なので、あまりに転倒が頻発するならば畳を使用するのがいい場合もありますよね。

実際に実行している介護施設もあるかと思います。

いわゆる、その高齢者の生活歴を知る事や転倒する場合がどんな時や時間帯をよく把握する事が大切です。

「そんな事は知ってるよ」と聞こえますが、チーム全員で共通認識し、転倒予防の統一ケアをする事が大切だという事です。

その辺りをよく考えると、転倒予防の事故報告書を書く際に転倒を繰り返す場合の例えばの解決策を私なりに書いてみます。

以下参照ください。(あくまで例文です)

事故報告書の転倒予防解決策の例文

「介護士・看護師・他関係職種で転倒リスクマネジメント会議を開催し〇〇様のタイムスケジュールを作成し生活リズムを把握し、転倒リスクを少しでも予防する為にチームで統一ケアを実行し転倒予防のリスクを軽減する事で、〇〇様の安全確保を行います。」

こんな感じでいいかと思います。

これは在宅介護でも同じことが言えます。

家族へもどう転倒予防をしていくかを、様々な介護保険事業所やインフォーマルサービスも視野に入れて検討できるからです。

最重要な事は、チームで統一ケアが出来る事がとても大切という事です。

一人出来る介護士がいても意味はありません、全員が同じ転倒予防のケアが出来る事が最重要であるという事です。

転倒予防の真髄とは・・

今回は介護士は転倒予防が最重要な事実について考えていきました。

様々な転倒事故の事例はありますよね。

事故報告書へ対応策や解決策を書く際に多いのが、転倒事故を発見した際に自分の視点だけで書くのでは無く、様々な関連職種の方へ相談し書く事です。

チーム全員が、事故報告書を観るだけでは解決策にはなりません。

スウェーデンのとある地域の老人ホームでは転倒事故が多い入居者様について、家族や行政も参加して転倒事故予防を考えていくところもあります。

北欧はそれだけ、福祉の先進国です。

1つの転倒事故やその他の事故に関して、チームで考えて解決策を少しずつでも改善に持っていく事が重要です。

よくある解決策に「転倒しないように巡視の強化」「センサーマットを使用する」

よく見かけますよね。

それが必要な方もいますが、それまでして転倒を繰り返してしまったら次の事故報告書は更に難易度が上がりますよという事です。

介護士の皆さんも大変なのは重々承知ですが、一番はケアの統一だと私は考えます。

それでは、ここまで読んで下さりありがとうございました!

こちらの記事もご参照ください↓

介護職の転職なら【マイナビ介護職】

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

介護の転職サイトおすすめTOP3を紹介!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」を利用するのがおすすめです。

最近は、転職サイトと転職エージェント(転職のサポートをしてくれる専門のスタッフ)のサービスが一緒になっているものが多いので、フルに活用しましょう。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

好条件のホワイトな求人多数保有!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

  1. 大手企業で非常に安心(勿論無料)
  2. キャリアカウンセリングが非常に優れている
  3. 大手なのでベテランコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. ホワイトな非公開求人が非常に多い
  5. 介護施設側・介護事業所の信頼が絶大すぎる
  6. あなたの期待以上の求人を提供する事に誠意を尽くしてくれる

介護資格が0円で取得出来る!丁寧なコンサルタントが優しくフォロー致します。

  1. 実務者研修、初任者研修スクール費用の負担あり(10万円)
  2. 7000件を超える優良求人の豊富さ
  3. 介護派遣業界では最大手なのでベテランコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. 給料を週払いで払ってくれる制度もある
  5. 介護をしたことがない人へのサポートがとても手厚い

精神保健福祉士・社会福祉士の転職も可能!理想の条件で求人を丁寧に探せます!正社員でなくとも大丈夫!

介護職から精神保健福祉士や社会福祉士・言語聴覚士も対応!

厚労省認可の安心求人情報満載です!

転職までの、様々なノウハウが提供可能です !

専門知識をもって求職者をしっかりフォローしていきます!

何と、入職後のアフターフォローまでしっかりサポート致します。

一切無料のサポート体制での非公開求人多数が多数ご紹介可能です!

介護職のお仕事を探している方や、・すでに介護職・介護福祉士として働いているが転職を考えている方・ブランクがあり、仕事復帰を考えている方向けや様々な福祉系職種の方々への柔軟な対応可能です!

・正社員でなくともOK!

・短期間の就労や様々な悩みに丁寧にお応えします!

・福祉系未経験の方から、エキスパートな方々へのサポートも充実!

 

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.