カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

ケアマネージャー 介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

[介護の勉強]介護士の看取りとやりがいとは何かを考える

投稿日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

介護・福祉職の皆様、日々のお勤めお疲れ様です!

私自身も何やかんやで、相談支援や介護職員やケアマネとの話し合いや、働き方改革でドタバタですが、現場の介護士の皆さんには感謝です。

今回ですけれども、看取り介護(ターミナルケア)について色々と書いていきたいと思います!

難しい介護士の看取りケアですが、そこで学ぶ事は沢山あります。

そんな、看取りケアのやりがいについて考える事は介護士にとって重要な勉強になりますので、読んで頂けると嬉しいです。

それでは今日も宜しくお願いいたします!

在宅での看取り介護について

介護保険の場合、在宅での看取り介護は、ケアマネジャーが看取り介護・看護を「その方の最期を幸せに迎えれる様どう支援するべきか?」を念頭にケアプランを作成し、本人様や家族、介護保険事業所、民生委員・友人・等と言い出せばキリがないくらいの関係者を、本人様・家族様のご意向の元看取り介護の体制を構築します。

私個人として居宅ケアマネをしていた頃は、1番にその方が最期を迎える前にしたい事や会いたい方等と本人様の意向を第一に考えていました。

認知症状が進行していて解らない場合でも、家族や友人といった方々から情報を頂きます。

実際の在宅介護での看取りの例

在宅での看取り介護の支援方法が決まったら主にどの様に支援がスタートするのかを書いていきますね!

在宅での主な看取り介護支援のスタート例を5つ紹介します。

  1. 関係者参加の元、サービス担当者会議を開催する
  2. 看取りをする方の夢や最期にしたい事についての支援内容を共有する
  3. 看取り介護には看護師が必須な場合が多く、特別指示書をケアマネが主治医へお願いし、訪問看護は医療での適用にする
  4. 関係者・事業所では、特に介護では看取り介護についてしっかりと支援内容を周知する
  5. 本人様の意向に沿った介護支援計画を直ぐに実行に移せる様に連携を今まで以上に強化する

上記が、大まかな内容かと思います。

人の最期の死に携わることが初めての介護士の方は皆さん怖かったり、「ミスでもしたらどうしよう」と思われるかもしれません。

しかし、ベテラン介護士も最初は同じ気持ちだったはずです。

困った時は、何でも相談して良いと思います。

実際の施設介護での看取りの例

施設(介護保険施設等)での看取り介護の支援方法が決まったら主にどの様に支援がスタートするのかを書いていきますね!

施設(介護保険施設等)での主な看取り介護支援のスタート例を5つ紹介します。

  1. 関係者参加の元、サービス担当者会議を開催する
  2. 施設内の介護・看護・相談員又は、関係者と看取りをする方の夢や最期にしたい事についての支援内容を共有する
  3. 施設内では在宅と違い施設内での看取り介護になるので、報告・連絡・相談を綿密に行う(情報共有が在宅よりはスムーズに出来る)
  4. 本人様の意向に沿った介護支援計画を直ぐに実行に移せる様連携を今まで以上に強化する
  5. 急変時は施設介護の方が圧倒的に医療的処置が早いかと思いますので、看護師間はもちろん夜勤の介護士との連携、救急処置や主治医・家族への連携を逐一行う

上記が、大まかな内容かと思います。

施設介護では、毎日顔を合わせる仲間同士のケアが綿密に行えるので、在宅よりスムーズな看取り介護が出来るかと思います。

しかし、それだけきめ細やかな対応や支援が求められるので、在宅よりは楽という事は当てはまりません。

しかし、在宅での看取り介護と同じで、基本的な看取り(ターミナルケア)支援の道筋は、ほぼ同じだと私自身、実体験としては同じだと考えます。

終末期を学ぶ事はとても需要なので、「終末期ケア専門士」と言う資格を所持していると率先して看取りケアを進めるリーダーにもなれますね!

 

そして最後に

看取り(ターミナルケア)介護は人の最期をご本人様と一緒に過ごし、人として介護士としてとてもやりがいのある仕事であり、「介護士」は誇らしい仕事だとつくづく考えさせれます。

毎日がきつい、給与が安いは転職するか今後の介護報酬改定に期待する他ないのが現状です。

しかし、自分がいつか同じ様に「死」を迎える時は、「介護士で良かった」

と思えると感じます。

介護士や他福祉職・看護師の皆さんが居るからこそ、何とかこの高齢化社会を何とか支えています。

私から言える事は、介護の仕事に就けて良かったなと毎日考えています。

こちらの記事もご参照いただけると嬉しいです。

介護士にとって良い勉強になりますよ。

グリーフケアについて難しく考える事は無い?実はとても大切です

それでは、今回もありがとう御座いました!

以下にも、様々な情報を掲載しておりますので読んで頂けると嬉しいです。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれますよ。

大手の超優良で非常に安心ですね!

勿論全て無料です。

介護職員初任者研修から3大福祉士の就職・転職にも対応してます。

悩んだ時に、[マイナビ介護職]はおすすめです。

正社員から派遣社員・パートまで大丈夫です

高給与を目指す方向け(実は穴場です)

給与を絶対に上げたい介護福祉職の方限定。

人間関係もしっかりと考慮してくれます。

勿論、全て無料利用可能。

全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-ケアマネージャー, 介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.