カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護福祉士

介護福祉士の仕事が「辛い」「辞めたい」と感じている人に知ってほしい4つの選択肢

更新日:

介護職は3K(きつい、汚い、給料が低い)と言われ、大変な仕事として有名です。

中には、「自分の都合で利用者さんに迷惑をかけるのは申し訳ない」といった責任感から、辛い仕事にじっと耐え続けている人もいることでしょう。

今回の記事では、そんな「介護福祉士の仕事をやめたい」と思ったときの対処法をご紹介します。

介護福祉士の離職理由ランキング

厚生労働省がおこなった調査では、以下のような結果が示されています。

スクリーンショット 2018 06 14 15 14 52

 

身の回りの人に相談する

もしもあなたが介護福祉士としての仕事に対して「辛い」「辞めたい」といった感情が芽生えたら、まずは身の回りの人に相談してみるのも良いでしょう。

仕事を辞めたいと思った時、真っ先にその職場を辞めるという考えが浮かびますが、実は自分の上司やホーム長に自分の気持ちをしっかり伝えることで問題が解決することもよくあります。

また、たまには職場とは関係のない家族や友達に愚痴ることも、自分一人でストレスを抱えないためにもおすすめです。

よく職場のストレスを家に持ち込みたくないという人がいますが、あなたのパートナーや友達の立場になって考えると、一人でストレスを抱えるよりはちゃんと頼ってほしいと思っているはずです。

仕事量を減らそう

介護福祉士は多くの利用者さんの介護や援助を一人で行わなければなりません。あなたもかなりの「仕事量」を常日頃から抱えているはずです。

常に人手不足の介護職にはつきものの悩みとはいえ、あなたが潰れてしまうほどの仕事量を一人で抱えるのは、あなた・職場・利用者さん全てに負担となるはずです。

どうしても仕事量が多くて辛いようなら、その現状を素直に上司の方に伝えてみましょう。まともな職場であれば、なんらかの改善策をとってくれるはずです。

現状を訴えても聞く耳を持たない職場であれば、その職場で働き続けること自体を検討するべきなのかもしれません。

サービス残業をやめる

介護職の中には、労働基準法から見てもスレスレなレベルでサービス残業が常習化しているところも残念ながらあります。

もしもあなたがサービス残業などをしているなら、時にはしっかりと断ることも大切です。

ですが、職場によっては、「利用者さん優先!定時で帰るなんてとんでもない!」という文化がすでにできてしまっていることもあるでしょう。

残念ながら、その職場の文化を変えるのは難しいです。その場合はしれっと転職をを考えた方が良いでしょう。(きちんと定時に上がれる介護の職場もたくさんあります。)

仕事を辞めることも視野に入れる

時には、介護の仕事を一度休職するというのも、自分を守る有効な手段です。

日頃から仕事のストレスで追い詰められた状態では、本当にあなたがやりたいことや理想のライフスタイルなんて考えられなくなってしまいます。

確かに介護職というのは利用者さんのことを最優先で考えなければなりません。ですがそれは、あなた自身をおろそかにしていいということにはならないのです。

会社の休職制度を利用する

職場によっては、介護士のための休職制度というものがある場合があります。

どうしても仕事が辛くて「うつ病」などの一歩手前まで症状が悪化しているといった場合は速やかに休職して、心身を癒すことを最優先にするべきです。

ただし、休職制度は義務化されていないため、職場によってはそのような制度が存在しないこともあります。

事前に「自分の職場には休職制度があるのか」を、就業規則などを見て確かめておくのがお勧めです。

カウンセラーなどに相談する

とはいっても、こういった手続きの多くはややこしくて自分で全てを把握するのは難しいのが現実です。

そのような場合は、職場の精神カウンセラーや人事課の人に相談するのが良いでしょう。

カウンセラーや人事課であれば、このような手続きなどに詳しいので、自分の悩みを聞いた上であなたにあったフローを教えてくれます。

「休んだら周りの人に申し訳ない」というあなたへ

介護の仕事をしている人に多いのが、「仕事は辛いけど、休んだら周りの人に申し訳ない」と思っていることです。

ただ、大前提として覚えておいて欲しいのは、「追い詰められるほどの仕事環境なのに、休職制度やその他のフォロー制度がない方が問題」ということ。決してあなたが悪いわけではないのです。

周りの人への配慮はとても素晴らしいことですが、それが原因で自分自身が追い詰められるくらいなら、少しくらい開き直ったほうが精神衛生上も健全なはずです。

思い切って転職をするという手も

「介護職は続けたいけど、これ以上この職場で働き続けるのはもう無理!」という人は、転職も視野に入れましょう。

特に介護職は、仕事は激務でも職場の人間関係がよければ続けられるという意見が多いです。

現在は、1つの職場で働き続けるという価値観は崩れつつあります。よりあなたらしく生き生きと働ける場所への転職を考えるのは、良いアイデアと言えるでしょう。

転職の準備は今のうちから

想像してみてください。仕事に人間関係と身も心も疲れ果てた状態で、転職のための情報を探したりする気力が果たして湧いてくるでしょうか?

このように、いざ辛くなってから転職を考えるのは難しいものです。

転職は意外と体力や精神力を使うもの。まだ余裕のあるうちから、少しずつ情報などを集めておくことで、本当に辛くなったときに余裕を持って転職をすることができます。

また、「いざとなればいつでも転職できる」という心の余裕を持つことで、今の職場でもストレスを減らしながら働くことができるようにもなります。

自分について考える時間を持とう

常日頃から介護という大変な職場で働き続けていると、目の前の仕事に忙殺されるあまり、自分自身について振り返り余裕がなくなります。

時には、一人でゆっくりとする時間を確保したり、実家に帰ったりして、「本当に自分がやりたいことはなんだろう」と自分と対話をする時間を持つのもお勧めです。

介護職で働くというのはとても素晴らしいことですが、あなた自身を犠牲にするのは絶対に避けるべきです。

日頃から十分に人に尽くしているあなただからこそ、もっと自分自身にわがままになってもいいのではないでしょうか?

まとめ

今回は、介護福祉士の仕事が「辛い」「やめたい」と感じた時に知ってほしい4つの選択肢についてご紹介しました。

以下の記事も合わせてご参照頂けると嬉しいです。

なぜ、介護士は転職を考えたほうがいいのか?介護施設長が本気で考えてみた

介護の仕事に疲れた時は、自分自身を追い込みすぎないことが大切です。

今回紹介した選択肢はどれも「逃げ」ではなく、より自分らしい仕事をするための前向きな選択肢であることを覚えておいてほしいと思います。

高待遇なホワイトな介護福祉求人を多数取り扱っております

しろくま介護ナビは、今まで散々介護転職サイトで失敗した方へ非公開求人(ホワイト求人)をご紹介できます!

詳細は以下をご覧ください。

しろくま介護ナビのメリット5選!

①正社員はもちろん、非常勤も可能!

②専任のコーディネーターが丁寧に転職支援します。

③他の求人サイトを利用したがうまくいかなかった方へ親身に対応!

④有給休暇が取りやすい・残業少なめなホワイト求人に特化している!

⑤厚労省認可の安心できる転職を応援!

 

 

介護施設長が特別に抜粋した良い転職エージェント!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」をご用意致しました。

パートや非常勤の介護士の採用も可能ですよ!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

担当者へ、自分に見合った就職先を一緒に見つけましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

大手企業で尚且つ超優良で非常に安心!

勿論登録無料で絶対的な安心感な転職エージェントです!

悩んだら、[マイナビ介護職]ですね!

現役介護施設長が選別した、国内屈指の介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士として、転職するならここです! オススメ転職エージェントしか、私はオススメ致しません!

介護の資格講座の受講料が無料になる『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます!

キャリアアップ制度を特別に準備完了!

介護職員初任者研修は約10万円以上掛かります。

そこまで、フォローしてくれます!

パートの様な非常勤での採用も可能です。

そして、なんと介護福祉士受験対策までもフォローしてくれるとは、驚きなエージェントさんですよ!

もちろん全て無料で転職支援をしてくれますよ!

高給特化型転職への介護職・福祉職におすすめ!日本全国対応

◎派遣社員や正社員でも、高待遇でホワイトな福祉求人多数を取り扱っております。

リッチマン介護サービスは、高給を目指す介護職におすすめの転職エージェントになります。

そして、実は隠れ案件です。

私のとっておきという訳です。

介護施設長になれたのも・・と言う事です。

①月給40万円・時給2,000円求人多数。

②面接は毎回交通費1,000円支給。

③面接への同伴可能。

④厚労省認可の安心さと無料で利用可能

⑤履歴書の代筆可能

⑥介護無資格者OK

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護福祉士
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.