カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

スピーチロック

その声かけ、スピーチロックになっていませんか?

更新日:

「スピーチロック」とは、言葉で身体的・精神的な制限を加える「虐待」とされているもののひとつです。介護の現場では、何気なくいった一言がスピーチロックに該当するなんてこともあります。

危険から遠ざけるためや、安全確保のための言動もスピーチロックにあたるのでしょうか。今回はそんな「スピーチロック」について考えていきます。

スピーチロックはどんな時に起こる?

スピーチロックが起こりやすい状況としては、介護施設での介護中がとても多いです。現場で何気なく発した言葉や声かけがスピーチロックとして問題になるのです。

特に介護職員が少なかったりして、職員や施設全体がバタバタしており余裕が無い時は「ちょっとまってね」「座ってて」などの言葉が日常的に出てしまいます。

この声掛けが結果的に患者さんにとっては「虐待」と取られてしまうこともあるのです。

スピーチロックの具体例

スピーチロックの難しいところは、明確な線引きがないところです。この言葉はスピーチロックという判断基準が無いんです。

ここでは、スピーチロックについての具体例をみて考えていきます。

具体例「ちょっと待ってて」

女性で認知症のMさんは、車椅子に乗ってホールのテーブルについて座っています。洗濯物をたたむ作業が利用者さんたちは、テーブルの上に積んであるタオルを一生懸命たたんでいます。

Mさんは上手くたたむことも、洗濯物の山に手をのばすこともできません。車椅子に乗っているMさんは、他の方に比べてテーブルが高すぎるので、上手く作業できないのです。

「何をするわけでもなくここにいる...」と感じたMさんは、部屋に戻ろうと思い、職員の方に声をかけます。「ちょっと!」。

ただ、職員さんは忙しいのか「Mさん、ちょっと待っていてね」と言ってどこかへ言ってしまいました。

この後、ぼーっと座っているMさんをみて「何か用事でもあったの?」と声をかける職員さんは誰もいません。Mさんも何をしたくて職員を呼んだのかよく分からなくなってきました。

「ああ、また無視された。いつまで、なにを待っているのだっけ...?」Mさんは、「とにかく、ここにいろと言われた」と感じるようになってしまいました。

今回は、医療現場の方の声掛けによってMさんは「待たなければいけない」「無視された」という感情が生まれています。

最初にMさんの希望を全く聞いていないために、「部屋に戻りたい」ための介助をしてもらうことができませんでした。

このように一人で立つことができない患者さんにとっては、相手のことを思ってする声がけでもスピーチロックになってしまいます。

 

また、今回のMさんのように認知症になっている患者さんの場合は特に注意が必要です。声をかけてきた時の用事を、次に聞いた時も覚えているかわからないからです。

認知症の人は、記憶力は弱まっていますがその時に感じた感情「無視された」「放置された」は残りやすいのです。こういった感情だけが蓄積していき、被害妄想などに悪化したりもします。

スピーチロックにならない声がけをするには?

スピーチロックにならない声がけをするにはどうしたらいいのでしょうか。

今回の例だと、「まずは用事を聞くべきだった」と思うかもしれません。確かにそうです。ただ、実際の現場では全てがそう簡単には行きません。

重症の患者さんが動こうとした時などは、反射的に声をかけてしまいます。今ひっくり返ったら命の危険があるといった患者さんも中にはいるのです。

こういった時に、言い換えなどで対応するのが介護職員の研修などで行なわれています。そういった記事も書いているので参考にしてください。

スピーチロックについての研修や資料のまとめ

まとめ

虐待と考えられるものは、スピーチロックの他に「フィジカルロック」と「ドラッグロック」があります。

この2つに比べると馴染みがないスピーチロックですが、普段さりげなく言っている言葉が該当したりと、一番現場では多く見られるものです。

介助側はそんな意志がなくても、患者さんは「無視された」「否定された」「放置された」と感じて、悲しんでいることもあります。

介護の現場に立つものとして、相手の感情までしっかりと考えて行動をできるよう、日々勉強していきたいですね。

関連記事:スピーチロックのまとめ

スピーチロックに関するまとめ記事を作りました。スピーチロックに関して調べたい情報はこちらの記事から手に入ると思いますので、是非読んでみて下さい。

それでは、ここまで読んで下さりありがとう御座いました!

介護職の転職なら【マイナビ介護職】

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

介護の転職サイトおすすめTOP3を紹介!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」を利用するのがおすすめです。

最近は、転職サイトと転職エージェント(転職のサポートをしてくれる専門のスタッフ)のサービスが一緒になっているものが多いので、フルに活用しましょう。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

好条件のホワイトな求人多数保有!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

マイナビ介護職は、「マイナビ」「マイナビ転職」でおなじみの 介護職種の方のための転職・就職支援サービスです。 特に、首都圏や関西圏、岐阜・静岡・愛知を中心に多くの好条件求人を取り扱い、 満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しています。 ・面接日程の調整や給与金額の交渉もなんと代行します! マイナビ介護のお仕事では、キャリアアドバイザーが書類の提出から面接日程の調整、 内定後は入社日の調整までまとめて代行可能なんです! 給与・年収や勤務条件をあなたの希望や交渉もおまかせください。 ・転職活動を最後までサポートします 「求人情報を一度紹介したらそれで終わり」ではなく、 転職先が決まるまで徹底的にサポートします! ガツガツしていないので、安心して自分のペースで職場探しが可能なのも魅力です!

厚労省認可!就職お祝い金最大20万円支給!面接交通費2000円支給の介護大手転職サービス!丁寧なフォロー致します。

国内最大級!介護関係者の転職サポートを、介護業界専門スタッフが無料にて紹介します!

転職お祝い金や、毎回の面接時には交通費2,000円支給します。

無資格の方もOK!ブランクがあってもサポート致します!

・ハローワークでは公開されないホワイト求人あり

・転職祝い金あり。

・介護専門スタッフが対応する為、ややこしい勧誘は必要以上無い。

・給与アップ成功率が高い・満足度98.5%!

 

精神保健福祉士・社会福祉士の転職も可能!理想の条件で求人を丁寧に探せます!正社員でなくとも大丈夫!

介護職から精神保健福祉士や社会福祉士・言語聴覚士も対応!

厚労省認可の安心求人情報満載です!

転職までの、様々なノウハウが提供可能です !

専門知識をもって求職者をしっかりフォローしていきます!

何と、入職後のアフターフォローまでしっかりサポート致します。

一切無料のサポート体制での非公開求人多数が多数ご紹介可能です!

介護職のお仕事を探している方や、・すでに介護職・介護福祉士として働いているが転職を考えている方・ブランクがあり、仕事復帰を考えている方向けや様々な福祉系職種の方々への柔軟な対応可能です!

・正社員でなくともOK!

・短期間の就労や様々な悩みに丁寧にお応えします!

・福祉系未経験の方から、エキスパートな方々へのサポートも充実!

 

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-スピーチロック
-, , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.