カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の現場

【このままでいいのか!?】介護職の責任が重すぎる問題について

更新日:

 

こんにちは!

今回は介護職の責任の重さについて紹介していきます。

介護職は人の命が関わる現場ですので責任は大きいです…

 

 

介護職は責任が重い…

人間どんなに注意しててもどうしても間違いやトラブルを起こしてしまいます。

介護の現場ではそのちょっとしたミスが死亡事故につながってしまうかもしれないという重い責任があります。

介護職員は常に「夜勤中に急に発作が起こるかもしれない。」「コールが重なり、転倒大けがするかもしれない。」といったプレッシャーが強く感じていて精神的な負担が大きいです。

それでいて多忙な業務で集中力を維持するのが難しいという過酷な職場だと言えます。

 

 

介護業務中の事故の責任とは?

介護現場では誤嚥による死亡事故、転倒事故による骨折、夜勤中の骨折事故、湯たんぽによる低温熱傷、医師に診察を受けさせる義務を怠ったなどの様々な要因で訴えられることがある。

裁判の判決はご家族側の請求が棄却されることもあるが、施設側の安全配慮義務違反が認められることや医師の診察を受けさせるべき義務に違反したことにより賠償責任を負うこともあります。

夜勤中など1人で重たい責任を負う介護現場の現状は日々どうにかしなければいけないと感じる次第です。

 

 

介護職の責任の重さと賃金は釣り合っているのか?

介護現場で愚痴を聞いたり、悩みサイトを見たりすると「責任と賃金が見合ってない」という声が非常に多いです。

また介護現場では1人夜勤をやることが多く、1人だと休憩時間があっても休むことはできません。

そんな休憩も取れず疲労が蓄積した状態で事故がないように集中して利用者様を見守っているのは本当に大変です。

高齢者の方の命を預かる仕事なのに、その責任の重さにはどうしても賃金の割が合わないのが現実です。

しかし、介護士の仕事は賃金だけでは測れるものではありません。

責任が重く賃金が低いですが、やりがいは本当にあります。

辛い業務だからこそ、利用者様に感謝の言葉を言われたときは本当に嬉しいですし、人生経験の多い高齢者の方とのコミュニケーションは非常に良いものです。

もちろん賃金はとても大切なものですが、賃金だけがすべてではないと言うことは多くの人に知ってもらいたいです。

 

 

最後に・・・

介護職は人の命を預かる仕事なので、責任は大きいです。

生半可な気持ちではやってはいけないと思います。

安い賃金が嫌ならケアマネの資格などを取り、経験を積んでより高い地位につけばいいだけの話です。

なので、責任感をきちんと持ち、やりがいを見つけて業務に取り組んでほしいと思います。

 

介護職で給料を上げる方法は↓の記事で紹介しています。

【現役介護施設長が語る】介護職の給与を増やす方法とは!?

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の現場
-, , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.