カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の現場 介護福祉士

[介護の悩み]介護士の中で一番きつい仕事とそのやりがいとは?

更新日:

こんにちは!

現役介護施設長を務める前田です。

今回は私が介護士の仕事をしていてきついと感じたけど、それ以上に感じる「やりがい」について話したいと思います。

介護士の皆さんの毎日の勤務、お疲れ様です。

私自身も介護老人保健施設やショートステイで介護士をしてきました。

特に老健時代は、夜間帯ナースと二人体制でしたが、結局私一人で約50人の入居者様の介護をしてきました。

(慢性腰痛で整形外科に定期的にリハビリ行ってます( ´Д`)y━・~~)

介護の仕事で一番きついのは?

介護の仕事にも施設や在宅介護(ヘルパー)、生活相談員、ケアマネジャーなどいろいろあります。

一番体力的にきついのは特養や老健という介護保険施設というカテゴリーに入る介護士です。

要介護3、4、5ほどの方が大半で、入所人数も多いので毎日バタバタです。

逆に在宅介護であれば、ヘルパー等は家事や買い物、病院付き添いなどの主な業務になるので、それほど体力的な負担を感じることなくパートでも10万円以上稼ぐ方もいます。

そして自分の生活パターンに合わせて仕事をすることが可能になります。

(決して、ヘルパーが一番楽では無いです)

また、生活相談員にもなれれば、日勤のみで入所相談や家族とのやりとりが主になるので、事務的な作業が多く給与も現場介護士よりも良かったりします。

生活相談員に関する記事も書いているので、相談員に関する詳しいことはこちらを参照してください。

介護の相談員の役割と給料、そして相談員になるには…

同じ介護士でも働き方によって仕事のきつさは雲泥の差があると感じます。

但し、身体的負担と精神的負担は職種によるかと思います。(又は兼務)

自分の生活スタイルなどにあった仕事スタイルを見つけられるといいですね。

介護士の仕事の中にあるやりがいとは?

私自身、精神的苦痛や人間関係で大変な仕事のため、私は介護を一回離れたことがあります。

(家庭を持ったのもあります)

そこで、釣りが趣味だったために、釣具屋さんで5か月だけ働いた経験があります。

しかし、転職して2週間目頃には「介護がしたい」と思いました。

普通世間一般で言う仕事は利益を一番に追求します。

それが「自分には人のための仕事なのか?」と考えると、介護よりも給与は良いものの全く達成感がなかったのです。

(サービス残業が月に150時間程が当たり前で、手取りが20万円位でした)

本当に福祉の精神があるのであれば、とてもやりがいのある仕事は「介護」だと、その時はっきりわかりました。

介護にも資格さえ取得すれば、それなりの良い生活や家庭、家も買えます。

又、他の職種よりも昇級しやすいです。

その分、手当や昇給も頂けますよね!

国の予算も福祉に対して配給してくれるようにやっとなってきました。

そして、お年寄りの方に学ぶことはたくさんあります。

介護をする人間も、人です。

高齢者さんが「かわいい」と思えることが良くあります。

自分のおばあちゃん、お母さんのような感覚のかわいいです。

最後を看取ることでの自分の仕事としてはやりがいなど、本当に素晴らしいと感じる瞬間があり、「人と人との助け合い」が生まれます。

その瞬間は、介護という仕事をしていて本当に良かったと感じる瞬間です。

介護士をしているからこその権利ですね。

又、それでも転職を考えたい方や良い職場をお探しの方はこちら↓

ブラック企業は紹介しません!「ホワイトな職場です!」

最後に伝えたい事・・・

介護士は続けていると、とてもやりがいを感じる仕事です。

それは、人の最期に立ち会う事もり、人としてどういう最期を看てあげる事ができるのかを考える事があるからです。

看取り介護は大変ですが、人間性が学べる大切な経験であり、看取った方からのとても大切なプレゼントだと私は感じます。

しかし介護から他の職業に転職しても、福祉の精神が勝手に染み込んでいる為、普通の会社に務めるも、利益を得る事に満足感を得るという概念が生まれにくくなります。

それで、やりがいのある介護の世界で、且つ普通の会社よりも昇進できる介護の世界の方が良いです。

しかも、景気に左右されないので安定した給与が見込まれます。

そして、今更ですが平成30年度の介護保険改正で6年ぶりとなる全体として、介護報酬0.54%の増額が決定しました。

少しずつですが、給与が上がる事は嬉しいですよね!

今からの超高齢化社会の中で需要と供給が相当な就職率がある介護の世界での転職であれば長生きできます。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

これからは、極力毎日記事をアップできる様に頑張りますね!

皆さんと一緒に介護業界や他の福祉職の方と情報共有できればと思います!

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.