カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の現場

[介護士必見]足首を骨折してしまった!

投稿日:

こんにちは!前田裕です。

今回は、[介護士必見]足首を骨折してしまった!について考えていきたいと思います!

歳を重ねると、人間誰しもが運動能力が衰退していきます。

介護士として、高齢者さんの廃用症候群の防止は必須事項な介護支援ですよね!

そこで、介護士の人材不足が今後も続くのであれば、介護士も不意な事故等による、骨折などでの出勤が出来ない様な事には気をつけていきましょう!

それでは、今回もよろしくお願いいたします!

足首の捻挫は直ぐに医療機関へ!

先日、自宅の外壁の苔をちょっと段差のある所へ登って「スプレースプリッドクリーナー」たるスプレータイプの苔やカビを落とす超良い物を壁に「シュッ!シュッ!」としていた時の事です。(スプレーのレビューではないです笑)

ちょっとフラついたと思った瞬間・・・「ゴリっ」・・左足から落下してしまい、痛みと痺れが走りました。

ちょっと落ち着いたので「捻挫してしまったなぁ」とクーリングしていたが、1時間後に足がパンパンに腫れているではないですか!そして、内側のくるぶしを触ると今まで感じた事のない超絶激痛・・もしや・・速攻で119にて救急搬送です。

なんと左下肢内果骨折だった! 

そして、案の定レントゲンを見てみるとくるぶしがキレイに真っ二つになっていました。

人生初の骨折でした。こんなに痛い物なんだなと痛感と共に、家族や会社に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

正確な病名は「左脛骨遠位端骨折」と主治医より説明がありました。

その日から即入院し、「明日は手術します、ボルトを二本入れて固定して、軟骨の位置を戻して・・・」

え・・え・・「ちょ、ちょーっと待って心の準備が!」てな感じで翌朝までドキドキしてあまり眠れませんでした。

(その日はとりあえずシーネ固定とロキソニンで凌ぎました。)

一応手術をしないでギプスではダメ元で聞いてみましたが、「おそらく変形しますよ」

「そうですか、では手術をお願い致します」と即答!

もうヨボヨボのおじいちゃんだったら多分してません(笑)

観血的骨折合術をされてみた!

手術着?の様な物に着替え、手術室までベッドで移動しました。

もちろん心臓バクバクですよ!

手術室に入ると、まさにドラマで見る光景。

下半身のみの麻酔で腰椎へ注射しました。看護師が「大丈夫ですか?」

と聞いてきましたので、なんと私は「気持ち良いです」と回答。

麻酔医は「え!?そんな事言われる方は初めてです(笑)」と苦笑です。

何故かというと、私は慢性腰痛でトリガーポイント注射神経ブロック注射を何回もしているので、それらよりもっと効いたんですね。

腰痛の圧痛点(トリガーポイント)へジャストミートだったのです。

そんなこんながあり、麻酔が効いてくるとドラマに出てくる様な「それでは、~術を開始します」、「メス」みたいな事は全く無く、ドクター3人位でカチャカチャしていました。

途中チェンソーの様な音や、ハンマーで叩く様な音が聞こえていましたが全く痛みも感じず、1時間程で無事終了しました。

両足の感覚は全く無く、変な感じでした。

手術後はすぐにリハビリ!

麻酔が切れ、とんでもない激痛が来たのは手術当日の午後22時頃の事でした。

「左足首のくるぶしが痛い!いや、燃えているかの様な、なんとも言えない痛み!」

痛み止めのボルタレン座薬を挿肛するも、全く意味がない。

その夜は、ひたすら踠いていました。

しかし、朝になると段々と痛みも軽減していき、早速リハビリ開始!

「え!?もう?昨日の今日だよ?」

現代の医療機関は、例外的なものを除いてすぐにリハビリをします。

逆にリハビリをずっとせず、ベッド上で安静にしていると廃用症候群になってしまうからです。

ここは、介護士必見な内容です!

特に、高齢者の場合は認知症の発症のリスクを何倍にも上げます。

人間何もしないと、体だけでは無く脳までもが弱ってしまうんですね。

いきなりリハビリといってもスパルタなやり方はしません。

その方に応じた、症状が悪化する様なやり方はせずに、私の場合は浮腫んだ左足をマッサージしてくれました。

ほんの3日もすれば浮腫もほとんどなくなり、入浴です。

もちろん最初は介助浴です。

まさか自分が介助されながら、「前の方は自分で出来ますか?」と言われるとは(笑)

しかし、自分が介助されると、とても高齢者様や患者様の気持ちが解りました。

「百聞は一見にしかず」の様な感じです。見るより体験ですよね。

人間の身体的能力と精神的な影響

今回、リハビリで理学療法士の方に色々と教わることができました。

知識としては解っていたものの、実体験をするとものすごーく良く解ります。

人間の体は、例えば20代だろうが80代だろうが老若男女、皆ほとんどの方が2週間ベッドに寝たままの生活を続けるとどうなるか?

答えは・・ほとんどの人が歩行できないかフラフラで足にもしっかり力が入りません。

又、精神的苦痛に悩まされます。

ずっと真っ白な天井を見続けるか、寝るかしかできないからです。

人間は歩行が何かしら障害のある方でも1日に4000歩は歩いているそうです。

それがゼロになる訳ですから、体内を流れる血流も滞り、考える事はマイナスな事やイライラです。それが脳に悪い影響を及ぼし、うつ病や希死念慮を考える様になります。

特に高齢者になると認知症を発症するリスクが増大します。

人間は仕事をする=体と脳を使う、という事をして夜は休ませる事で「生きる」という事が基本的な動物なんです。

なので、私はリハビリを懸命に続ける事と、「しっかりと二足歩行ができる様になる」を目標にして日々頑張っています。(骨折しなけりゃこんな事ならないで済んだんですが・・)

なんでもポジティブに、1つダメでも何か他の方法があるはずという様な思考で生きていける様になると、仕事の能率アップや「笑顔」が勝手にできる様になります。

毎日ニコニコして生きていたいですよね。

誰もが好きで病院に入院してる訳では無く、「これも何かの縁なんだろな」位でラフに考えそこで何を学ぶかがとても重要だと思います。

今回のまとめ

今回初めてづくしの経験をさせてもらいました。

そして、家族や職場に迷惑を掛けてしまいました。しかし、その中でまた1つ「学び」をする事ができました。

大切な事は、今回骨折してしまった事で何をどう感じて1日1日を過ごして来たかです。

私も、介護施設長として身をもって治療される側に立ってみて色々と考えさせられました。

介護士や医師の仕事風景や、気づきが沢山あったのです。

入院中に看護部長さんと「これからの病院の在り方」についても話す機会ができ、とてもいろんな意味で良い経験になりました。

しかし皆さん、骨折はマジで痛いので注意しましょう。

(私が言っても説得力ゼロですが笑)

それでは、長くなりましたが今回も読んで下さりありがとうございます。

今こそケアマネは在宅支援へ特化しよう

(ベッド上にて執筆しました笑)

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

介護の転職サイトおすすめTOP3を紹介!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」を利用するのがおすすめです。

最近は、転職サイトと転職エージェント(転職のサポートをしてくれる専門のスタッフ)のサービスが一緒になっているものが多いので、フルに活用しましょう。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

好条件のホワイトな求人多数保有!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

  1. 大手企業で非常に安心(勿論登録・紹介無料)
  2. キャリアカウンセリングが非常に優れている
  3. 大手なのでベテランコンサルタントが誠実に対応してくれる
  4. ホワイトな非公開求人が非常に多い
  5. 介護施設側・介護事業所の信頼が絶大すぎる
  6. あなたの期待以上の求人を提供する事に誠意を尽くしてくれる

全国対応介護・介護・医療・ケアマネ転職専門です!

1.ケアマネは勿論、看護・リハビリ系・介護系転職支援サービスのプロが専任でサポートするから安心!

2.  短時間勤務や残業無しの優良求人もご紹介!(登録無料)

3.  なんとLINEでも連絡が取れるので、お気軽に相談できます!

ハローワークでは非公開なあなたに合った職場探しをお手伝い致します!

勿論、無料でサポート出来るんです。

ジョブメドレーだからこそ出来る求人をご紹介します(^ ^)

今の職場は無理!理想の条件で簡単に求人を丁寧に探せます!正社員でなくとも大丈夫!

採用の担当者からだけではなく、医療機関に直接足を運んで看護師さんからもしっかりと職場の状況等をお聞きしています。

給与、有給消化などの条件・待遇は自分に見合った場所をご提案!

雰囲気がよく、働きやすい職場を看護師さんへご紹介しています。

全て無料で看護職のお仕事を探している方や、すでに看護職として働いているが転職を考えている方・ブランクがあり、仕事復帰を考えている方向けや様々な看護・福祉系職種の方々への柔軟な対応可能です!

・面接の調整や、面接前の対策バッチリ!

・短期間の就労や様々な悩みに丁寧にお応えします!

・職業紹介優良事業者に認定されています!

 

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の現場
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.