カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護福祉士 転職について

介護福祉士を人員配置基準以上に雇うことで介護離職を減らす

更新日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕(@masakuraudo0415)です。

昨今の介護福祉士の人口が減り続けています。

これは、今は未だ実感がわかないかもしれませんが「介護業界の質を落とす」だけでは無く、これからの介護士が増えていくどころか減らしていく事になりかねません。

「え?なんで介護福祉士が減ることがなんで?」

と考えるでしょう。

簡単に結論を言いますね!

介護福祉士になりたいと思う介護士が少ないということは、これから介護職を続けていきたいという方々が減り続けるという事実なんです。

そして、人員配置基準を守るには介護福祉士が必須な場合も多くあるからです。

だって、介護福祉士を目指すという事は介護福祉のプロを目指すということに直結しますから。

給与や転職にも大きく左右される大切な基盤が介護福祉士なんですね!

そんな介護福祉士を人員配置基準に雇うことで介護離職を減らすことも可能なんです。

どういう事なのか?

さっそく深掘りしていきたいと思います。

それでは、今回もよろしくお願い致します!

介護離職が右肩上がり

介護福祉の世界は、今や戦国時代です。

何が?

それは、新しく入ってきた若い介護職や介護福祉士が直ぐに辞めていくんですよ。

しかも昔よりも右肩上がりに。

どんなに介護技術や自立支援介護のエキスパートの方々もです。

そんな負のスパイラルが現実起きているんですね!

介護経営者からするとギリギリ人員で良しとしている矛盾

介護経営者からすると、「人員配置基準ギリギリで介護士と介護福祉士が居れば良いや」

みたいな事まで普通なんですね!

因みに、こういう経営をしているといつか痛い目に遭います。

それが、介護人員配置基準ギリギリ運営の落とし穴です。

もう解りますよね?

例えば、介護保険施設や単独型のショートステイでは顕著に現れています。

つまり、介護福祉士や介護職の人員配置基準を満たさずに1部閉鎖や最悪倒産という事態です。

人員配置基準ギリギリ運営の大きなデメリットなんですよね!

一部閉鎖だけでも経営が厳しくなるのに、それでも雇わないとはとてもリスク大な経営としか言いようがありません。

私から言うと「なんの為に介護福祉という仕事をしているのか?」という事です。

しかし、答えは簡単で「公費で銭儲けをしたい」

ただそれだけです。

そんな介護経営者は大勢いるので、介護職・介護福祉士として良い就職先や転職先はしっかりと見定めましょう。

介護福祉士を多く雇う事は重要

ここまで、介護事業所の人員配置基準ギリギリ運営の全貌が明らかになりました。

そんなブラックな介護職場への就職・転職は簡単に決めないようにしたいですよね!

そして、そんなブラックな介護事業所に限って介護福祉士の人材が極端に少ないんですよ。

これもまた、介護福祉士の人員配置基準ギリギリで運営しているからです。

介護福祉士が生活相談員として認められている人員配置基準のギリギリでの運営ですよ。

こういう経営をしていると、いざ介護福祉士が辞めるとなった場合に経営者はあたふたするんです。

介護保険制度で定められた人員配置基準を守れば良い。

つまり、それだけしか考えていない介護事業者はとても危険です。

基本的に公費でやりくりしている介護事業者というものは、人員配置基準のように絶対的な基準を守っていかなければ経営自体が出来ないという実は縛りの上で生きています。

こんなでかいリスクを回避する為と、何より介護人材が長く居てくれる為にも、せめて介護福祉士の人員配置基準を多めに採用しておく事は大切です。

前田(運営者)
つまり、裏を返せば「介護福祉士を人員配置基準以上に雇うこと」が出来ないと今後の未来が怖いですと言いたいわけですよ!

しかも他のメリットとして、介護福祉士が新人介護職への教育も時間に余裕のある教え方が出来て、良い介護支援が出来るというわけです。

なので、介護福祉士は人員配置基準より多めに雇いましょう!

相当経営が厳しいのであれば、1人でも全然良いんです。

それだけ、介護福祉士が多いほど辞めていく介護士も減る確率も減るんですよね!

ただし、介護福祉士という名のお局さんはちょっと厄介なので、そこはその方のやりがいを見い出せるポジションを考えれば良いだけで済みます。

介護離職を減らす方法のまとめ

世の介護福祉士は右肩上がりに減少中です。

介護福祉士が右肩上がりに増えていくような介護福祉職場の運営をしていかなければ、これからの介護業界は戦国時代です。

何故、介護福祉士が必要というならば「これからの介護福祉のプロフェッショナルを介護業界に根付かせなければ介護保険制度自体が危うくなるから」です。

それだけのポテンシャルを持っているからこそ、「今の介護士が介護福祉士を目指したい」という環境を作らなければいけないということなんですね!

そうしないと、介護離職を減らすことに直結してしまいます。

しかも介護福祉士の先にも様々な資格や介護支援専門員という職種にもステップアップが可能です。

前田(運営者)
そんな、やりがいだらけの介護職という仕事を未来的にも増やしていかなければいけないということですよ!

それだけ、介護という仕事が素敵な職種だと次世代へ繋げていかなければいけませんね!

介護福祉士という職種へなりたいと思う仕事だと感じてもらえるように、現役バリバリな世代がしっかりと伝えていかなければいけません。

介護福祉の未来の為ですね。

そして、何より1番怖いのが「人員配置基準を守るには介護福祉士が必須な場合も多くあるから」とも言えますね。

その為にも、今勤務している介護職が介護福祉士になるまで育てることが大切です。

そうすることで、良い介護職場で介護離職を減らすことにも繋がるんですね。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも、様々な情報を掲載しておりますので読んで頂けると幸いです。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれますよ。

大手の超優良で非常に安心ですね!

勿論全て無料です。

介護職員初任者研修から3大福祉士の就職・転職にも対応してます。

悩んだ時に、[マイナビ介護職]はおすすめです。

正社員から派遣社員・パートまで大丈夫です

高給与を目指す方向け(実は穴場です)

給与を絶対に上げたい介護福祉職の方限定。

人間関係もしっかりと考慮してくれます。

勿論、全て無料利用可能。

全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護福祉士, 転職について
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.