カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の現場 介護福祉士 転職について

介護福祉士の転職で履歴書を書く際の注意

更新日:

こんにちは!前田裕です。

今回は、介護福祉士の転職で履歴書を書く際の注意について考えていきたいと思います!

介護福祉士として、今の介護職場の環境や人間関係・待遇に満足せずに転職を考える方もいますが、求人に応募する時は履歴書がとても重要になります。

よく気になるのが、「字が汚いんだよなぁ」と考える方も多くいらっしゃるかもしれません。

しかし、字が上手くなくてもできるだけ丁寧に書くと、相手の印象がよくなります。

大き目にしっかりと描くイメージで問題ないと思います。

最近では、パソコンで履歴書を書く事も当たり前になって来ているので、全然有りだと思いますよ!

それでは、今回もよろしくお願いします!

介護福祉士の転職の履歴書の書き方

介護福祉士が転職する場合は履歴書を提出するわけですが、慣れていないとどういう風に書けばいいかわからないという人もいます。

履歴書を書く際に大事なのは、やはりこの職場で働きたいという熱意が伝わるような思いを書くことです。

先ず志望動機を書く場合は、ネガティブなことは書かずにできるだけポジティブなことを書くことが大事です。

少しでも介護福祉士として経験してきた、何かが絶対にあるはずです!

例えば、「敬老会で頑張って高齢者さんの笑顔の為に〇〇な事をした」

こういう事でも、相手には誠意があると感じ取られる訳です。

そして介護福祉士として、働きたい介護施設や介護事業所の特徴などに触れ、自分がどんな風に働きたいか自分のキャリアを書きながら、これから経験したいことなどを書くといいでしょう。

前の職場の退職理由を書く場合は、職場の悪口などを言ってしまう方も多いですが、これだけはご法度です。

面接官は、こんな事をまた言うタイプなのか、介護現場の秩序を乱さないかを考えてしまいます。

なので、何故辞めて今介護福祉士として転職をするのかの理由を必ずと言って良いくらい聞かれます。

その時は、「自分の介護福祉士としてのスキルを活かせる事」を述べましょう!

絶対にネガティブな内容は書かないで自分のスキルをあげたい為など、ポジティブな内容にするといいでしょう。

長所を書く場合は、何度も言いますが介護福祉士としてのやりたいポジティブな事を自分のその職場にあわせた個性を書き、あえて短所を書く場合は、当たり障りのないような内容にするといいでしょう。

介護福祉士が転職をする場合は、履歴書がとても重要になります。

介護士やケアマネ・看護師も同じです。

ネガティブなことは書かず、できるだけポジティブな言い回しに変えて、その介護職場でのやる気をアピールするといいでしょう。

介護福祉士は転職先は沢山あります

今回は、介護福祉士の転職で履歴書を書く際の注意について考えました。

新しい介護職場への転職は、自分本位で面接を受ける事は注意が必要です。

自分を前面に出しまくる介護福祉士も居ますが、面接官が1番見るところは「チームケアが出来るか?」

と言う部分です。

そして、長く勤めてくれるかが大きな焦点だと言う事です。

介護人材は減少傾向なので、簡単に転職は出来ると楽観視はしてはいけません。

チームプレーが出来て、長く勤めてくれる介護福祉士が1番なんです。

介護求人を出すにもお金が絡んできます。

直ぐに辞められては困ると言う事ですね!

どれだけ、介護福祉士としてのじぶんん強みが発揮できるかをやんわりと履歴書へ書く事がとても大切だと言う事です。

私も面接官を何度もしてきましたが、1番は「協調性がある事」を1番に考えて居ました。

いわゆる、お局さん候補者は面接の時点で大体解ります。

柔らかい物腰で、履歴書へ介護福祉士としての自分の強みを記入する事です。

介護系の転職は本当に多いのが現状です。

しかし、履歴書を書く際の注意は怠らずしっかりと書きましょう!

なぜ、介護士は転職を考えたほうがいいのか?介護施設長が本気で考えてみた

それでは今回もここまで読んでいただきありがとう御座いました!

以下にも様々な考えを書いていますので是非宜しくお願い致します!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」をご用意致しました。

パートや非常勤の介護士の採用も可能ですよ!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

担当者へ、自分に見合った就職先を一緒に見つけましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

大手企業で尚且つ超優良で非常に安心!

勿論全て無料です!

介護職員初任者研修から3大福祉士の転職にも対応しております。

悩んだら、[マイナビ介護職]しかおすすめしません。

正社員から派遣社員・パートまで大丈夫です

高給与を目指す方向け(実は穴場です)

給与を絶対にあげたい介護福祉職の方限定。

人間関係もしっかりと考慮してくれます。

勿論、全て無料。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の現場, 介護福祉士, 転職について
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.