カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

介護福祉士が文句ばかり言う介護施設はいる価値がない

投稿日:

こんばんは!

介護施設長の前田裕です。

介護福祉士が文句ばかり言う介護施設って多いですよね!

なぜ、いつまでもこのスタイルが続くのかは私にも理解不能なレベルです。

ただ、精神的なストレスが溜まりやすい職種が介護福祉士なんですよね。

私も、介護福祉士時代の老健では意味のない会話や誹謗中傷が多かったです。

そもそも、そう言う事を仲間内で話していて何が楽しいかさえ意味が解りませんよね!

前田(運営者)
介護施設は勿論ですが、仕事場は遊び場ではありません。

しっかりとお給料を頂いているんですから、介護福祉士として今の職場での価値ある仕事をすることに意味があると言うわけです。

そんな、介護施設での介護福祉士が文句ばかり言う環境を何とか改善したいと言うことにフォーカスを当てていきたいと思います。

それでは、今回もよろしくお願い致します!

介護福祉士として生きていく意味

介護福祉士に、なぜあなたはなりたいと考えましたか?

そして、介護福祉士としての自分の価値を理解していますか?

質問形式からのスタートですが、ここが重要なポイントなんですね!

前田(運営者)
恐らくですが介護福祉士になりたいと考えて勉強してきた時間も考えると、そもそも「介護福祉士として活躍したい!」と考えた方が多いと思います。

それが何故か、文句や陰口を言う存在となってしまう介護福祉士も多いんですよね!

よーく考えてみて下さい。

介護福祉士に初めてなった時の事を。

前田(運営者)
介護福祉現場は勿論ですが、今いる介護施設での存在価値や介護のプロとしての実力は発揮できていると考えて介護支援をしていますか?

初心忘れるべからずとはこの事です。

介護福祉士としての存在意義の意味を再認識しましょうね。

そして何より、介護福祉士として生きていくと決めたあの日を思い返してみましょう!

本当は介護が好き

そもそも介護福祉士として、文句ばかり言う介護施設での仕事はしたくなかったはずです!

介護福祉士として、自立支援介護や認知症介護をプリセプターとして教えていかなければいけないと言う福祉の精神があったはずなんですよね。

総じて言うと、それだけ介護福祉士としての誇りややりがいを望んでいたはずです!

前田(運営者)
しかし、職場の人の思考や上司の考え方に惑わされていつの間にか「文句ばかり言う介護施設の介護福祉士」となってしまったんだと考えます。

好きで、職員を攻撃するような介護福祉のあり方になるとは考えていなかったでしょうから。

そんな介護福祉士も、本当は介護が好きなんですよね!

心の中では。

ただ、いろいろな人間関係という間に挟まれそんな存在になっているのでしょう。

介護福祉士の重要性

そもそも介護福祉士の働き口は、3福祉士の中でも群を抜いて多いです。

高齢者介護や障がい者介護・児童福祉等と様々なんですね!

前田(運営者)
つまり、それだけ介護福祉士の重要性って今の日本での介護福祉社会に置いて必要不可欠な存在なんですよ。

その中で介護福祉士としての重要性を考えると、内輪揉めの様な意味のない文句ばかり言う介護施設での生き方はやめましょう!

「は!?なんでよ?」

とか考えている場合では無く、介護施設に入所・入居している方々や障がい者の方々へ影響が出るのは勿論ですが一緒に働く様々な職種の方々も嫌な気持ちになりますからね!

もしも、そんな状況すら戻れない状況ならば「介護福祉士の初心に戻り介護福祉職場の皆さんに頼られる存在」になりましょう。

それだけ、介護福祉士の重要性を再確認しましょうと言う事なんですね!

まとめ

介護福祉士はとても大変です。

主任やリーダー等と責任が重い方も多いでしょう。

但し、そこでやってはいけないのが「上司や現場の介護士へ文句ばかり言う事」なんです!

前田(運営者)
つまり、どっちつかずな存在の介護福祉士ではいけないと言う事ですね。

介護現場の意見と上司の意見を中和する役割を担う訳です。

価値がない介護福祉士にはならない様にと言う事です!

以下にも介護福祉士についての給与事情について書いた記事があるので合わせご参照下さい。

介護福祉士として給与を上げることは地味ですが簡単

簡単に言うと、介護支援のプロである事は当たり前であり、そんな専門性を教えていく重要なポストになりましょうと言う事ですね!

つまり、文句ばかり言わずに「今の介護施設で思いっきり介護福祉士としての能力を思う存分発揮しましょうよ!」と言う事です。

前田(運営者)
新人介護士から他の医療従事者との連携が大切だと言う事は当たり前ながら「教えていく立場である事」を忘れないで欲しいと言う事実ですね。

絶対に、文句ばかり言わずに良い意味で率先していく介護福祉士である事を忘れない様にしましょうね。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも様々な情報を掲載しておりますので読んで頂けると励みになります。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護職や他の福祉職の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護や福祉の現場がより良くなっていくためには、どうしていけば良いのか? そんな、悩みが解決出来たらなと思います。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.