カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

介護職員へのハラスメントを見過ごすわけにはいかない理由

投稿日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

介護職員へのハラスメントは未だに無くなる気配がありません。

そんな長年の悩みを見過ごすわけにはいかないので、そんな理由をお伝えしていきたいと思います!

それでは、今回もよろしくお願いいたします!

介護職員へのハラスメントは措置時代から続いている

長年の悩みではありますが、介護職員へのハラスメントを見過ごすことが常態化しています。

介護保険制度が誕生して20年経ってもですよ!

措置時代からずっと介護職員は入所者さんや利用者さんからのハラスメントを「介護職員なら当たり前」だというおかしな理屈が現代でも普通にまかり通っているんです。

それもそのはず。

前田(運営者)
当時はそもそも「ハラスメント」という言葉自体が認知されていませんでした。

しかし、今の介護福祉の世界ではそんな辛い思いをしてまで介護という仕事は時代遅れな職業であってはいけないんですね!

そんな心身的に辛い思いをしてまで介護支援をするということは間違いです。

古い介護概念を若い世代に押し付けてはいけない

上記で説明した通りに、介護職員へのハラスメントは普通にあってはいけないことです。

しかし、そんな古い介護を今でも当たり前のように引き継いでいると介護職員は次々に辞めていくでしょう。

現代社会の介護概念は、ただ入所者さんや利用者さんへの絶大な尊敬をするという古い思考では「良い介護支援はできない」という理由があります。

前田(運営者)
なので、若い世代にこんなハラスメントを受けても当たり前のような介護支援を教えてはいけません。

つまり、古い介護概念(ハラスメントを受けても当たり前)を若い世代に押し付けてはいけないということです。

絶対にです。

他職種では当たり前なことなんですけどね!

介護業界では、そこまで追いついてないのが悲しい現実なんですよ。

ハラスメントを常態化していることが正義と勘違いしている

ハラスメントにもパワーハラスメントやモラルハラスメント・セクシャルハラスメント等と様々ありますよね!

こんなハラスメントに1つ同じことが言えることがあります。

それが、「自分が心身的苦痛を受ける」ということです。

または、受け続けるということですね!

そんな介護職員へのハラスメントを常態化されているのが介護福祉業界の偽りの正義だということなんですよ。

例えば女性の介護職員が、とある男性入所者さんから必要以上に自覚しながらもセクハラをするみたいなことを受けても先輩介護職員が「それくらい我慢してたら良いのよ、あなたが近づきすぎなのよ!」

みたいな感じです。

私もこのようなセクハラ関係は何度も聞いたことがあります。

こんなことが日常茶飯事に行われていることが常態化していることが正義だと勘違いしている介護職員も多くいるんですよ!

これでは、若い世代の介護職員が増えるはずもありません。

しかもそんな介護施設や介護事業所は待遇も悪く低賃金であることが多いんです。

私がそんな介護事業者の施設長なら見過ごすわけにはいきません!

介護職員が働きやすい環境のもとでハラスメントの無い良い介護支援ができることが大前提であるということであり、仕事とはそれが当たり前であると言う理由です。

そこで、初めて介護職員としてステージに立ったと言うことなんですね!

前田(運営者)
この辺を「そんな甘い世界では無い」と言うこと自体が時代遅れな介護なんです。

そんなハラスメントが顕著に見受けられる高齢者さんが居たら解決策をチーム全員で考えることが普通なんですよ。

特に古参介護職員は、そんなハラスメント自体に耐性がついているので「我慢しなさいよ」としか言わないんです。

それがおかしいと思ってくれよと私は心の底から叫びたいですけどね!

介護職員同士でハラスメントについて考えるべき

どこの介護事業所や介護保険施設でも何かしらのハラスメントは起きています。

それを「当たり前」だと受け流すか「そんなことはあってはいけない!」と考えるかは実際のところ介護職場次第なのが現実です。

そこまで机上までもっていくのが難しいんですね。

前田(運営者)
なので、ハラスメントが頻回な高齢者さんの情報共有を介護職員で会議なミーテジングで話し合いましょう!

または、その前に信頼できる上司へ相談しましょう。

それすらも出来ない、または古い介護スタイルを意地でも貫く介護事業者であればもう転職した方が介護職員として良い判断になるかもしれません。

以下の記事も合わせて読んでみて下さい、介護の満足度について考えました。

[介護転職]介護士の給与で満足できる生活が送れるのか検証

介護のやりがいは対価としていい給与をもらうことが当たり前な理由

介護業界からハラスメントを無くさなければいけない理由は簡単です。

今後、介護職員になりたいと考えてくれる方々を増やして「やりがい」を感じて良い人生を送って欲しいと言うことに尽きるんですね!

そこで、今の介護職員が出来ることはハラスメントを無くす努力をしましょうよ!

と言うことなんですね。

男性介護職員も、同じように暴力的な高齢者さんの担当役に徹するのもどうかと思いますしね!

前田(運営者)
私も排泄介助中に何度も噛みつかれたりとか何度もありますよ。

その時は仕方ないとしか思わなかったんですが、今思えば「それはおかしい」としか感じません。

昔の変な正義感をかざした介護支援は現代では通用しませんから。

少しでも介護職員へのハラスメントだけは見過すわけにはいけません!

チーム全員で解決していき、本当の良い介護支援が出来る介護職場を目指しましょう。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも様々な情報を掲載しておりますので読んで頂けると励みになります。

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」をご用意致しました。

パートや非常勤の介護士の採用も可能ですよ!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

担当者へ、自分に見合った就職先を一緒に見つけましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

大手企業で尚且つ超優良で非常に安心!

勿論全て無料です!

介護職員初任者研修から3大福祉士の転職にも対応しております。

悩んだら、[マイナビ介護職]しかおすすめしません。

正社員から派遣社員・パートまで大丈夫です

高給与を目指す方向け(実は穴場です)

給与を絶対にあげたい介護福祉職の方限定。

人間関係もしっかりと考慮してくれます。

勿論、全て無料。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.