カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

介護業務が早いのは良い介護支援だと勘違いするベテラン介護福祉士

投稿日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

今回は、介護職あるあるなんですが介護業務が早い介護福祉士は良い介護支援だと勘違いする方が多いんですね。

もちろん、介護業務を早く出来ることは良いと思うんですが私が言いたいのは「介護業務を早くする為に介護支援をおろそかにする」ということが良い介護支援だとは言えないということなんですよ。

こういう体質の介護事業所は結構多くて、特に新人介護士さんに「介護業務を早くすること」を優先させる教育や指導をするベテラン介護福祉士が居るのが大きなマイナス要因だと考えます。

高齢者さんへの自立介護支援や認知症介護を率先して指揮ができるのが良いベテラン介護福祉士の本来の仕事なんです。

そんな介護支援ができることが良い介護支援だと介護職の方々にお伝えしていければなと思います。

それでは、今回もよろしくお願い致します!

介護支援無視の介護業務とは?

介護支援を行うことが介護職や介護福祉士は行わなくてはいけません。

しかし、介護業務優先で介護支援無視の例を以下にご紹介しますね!

・入浴介助の時に湯船に浸かる時間をわざと短縮する。(抑制または虐待になります)

・食事介助はとにかく口腔内へ食べ物を運びまくる。(誤嚥性肺炎の危険性大です・窒息すらあり得ます)

・オムツ交換は多めに尿取りパッドを使用してほぼ放置状態にしている。(皮膚トラブルの大きな要因です)

・個別介護支援を無視して介護業務目線で仕事をする。(高齢者の自由を完全に奪っており虐待になります)

いかがでしたか?

特に多い介護支援無視の介護業務を、よくある例として挙げてみました。

前田(運営者)
「ドキッとした介護士や介護福祉士」の方もいるのではないでしょうか?

このような虐待に近い介護業務の効率化ばかりを優先している介護職場ではほぼ介護支援については学ぶことは出来ないと考えたがいいですよ!

介護業務の効率化が良い介護支援だと勘違いしているベテラン介護福祉士は、もしそんな状況だと感じたのであれば見直しましょうね。

上から目線ならすみませんが、良い介護支援を行うことを先導するのが介護福祉士の役割であり見本となる存在なんですよ。

「介護人材が居ないから仕方ない!」

という事は通用しません。

というか、そんな状況で出来る良い介護支援を考えるのがベテラン介護福祉士の役割であり存在価値なんです!

初めて介護福祉士国家試験に合格した日を思い返してみてみると良いかもですね。

介護福祉士が良い介護支援を導くには?

介護福祉士は10教科以上の単元をクリアーして合格出来た「介護支援のプロ」ですよね!

更には、1番言いたいのが「実技試験」を受けた介護福祉士なら良い介護支援の方法は熟知しているはずです。

その時に考えていた介護福祉士国家試験の実技試験は完全なる「自立介護支援」を出来なければ合格出来ないですよね?

介護福祉士国家試験の実技試験を知らない方へどんな内容なのかお伝えしますね!

・自立介護支援を必要とする方へ、出来る事はして頂き難しい動作や思考に関して必要な介護支援を提供するのが介護福祉士国家試験の実技内容です。

そして、何より声かけを適宜行う事なんです。

このようなことが介護福祉士には当たり前に刷り込まれているはずなんです。

しかし、介護支援事業者の意向や面倒臭い介護支援を省きたいというベテラン介護福祉士も多いんですよ。

こんな事を長年続けているから介護福祉士が社会福祉士や精神保健福祉士よりも下に観られてしまうんです。

これでは介護福祉業界は成長できないまま質が低いと言われ続ける羽目になるんですよ。

もちろん良い介護支援を提供できている介護福祉士もいますが、それを超える自立介護支援を無視して介護業務優先のベテラン介護福祉士が多いのが問題なんです。

これはなんと言いますか、ベテラン介護福祉士も年齢も高い傾向で介護支援を優先したいが体力的に介護業務を優先しているんだと考えます。

どれだけベテラン介護福祉士として良い介護支援を行いたくても出来ないという事情も実は現代介護社会では問題になっているんですね。

そこで、若い世代の介護福祉士が率先できる良い介護支援を行いながら介護業務が早いという概念を変えましょう!

良い介護支援を作っていくのは若い介護福祉士

若い世代の介護福祉士がこれから活躍していかなければ良い介護支援を作っていくのは難しいです。

これだけは、はっきりと言えます。

私も介護施設長として解るんですね!

若い世代の介護福祉士ならベテラン介護福祉士の介護業務が早い事が正解だという事を変えることが出来る唯一の存在です。

前田(運営者)
ベテラン介護福祉士の介護業務が早く出来るノウハウも聞き入れていながらも「介護支援を第一優先に考える指揮が取れる」という介護職場の良いとこ取りが出来る若い世代の介護福祉士が良い介護支援ができるチームプレーの構築を作ることが出来るというか担うべきだと考えます!

介護支援って難しいですよね。

ベテラン介護福祉士の言いなりになっている若い世代の介護福祉士が多くいます。

そこを良い介護支援を行いながら介護業務の効率化を実践しなければいけませんから。

私自身もそんな介護現場でのチームプレーを作るのに1年は掛かりましたよ!

しかし、どれだけ時間を掛けようとも良い介護支援ができる介護事業所を作り変えるのが若い世代の介護福祉士ですよ。

様々な介護に携わる考え方をまとめて良い介護支援へと導くことが全てですから。

改めて言いますが、介護業務が早いのは良い介護支援だとは勘違いしないで欲しいです。

以下に介護支援再構築について書いた記事がありますので合わせて読んでみて下さい。

[介護概念再構築]今からの介護支援方法を考える

介護業務の恋率化をベテラン介護福祉士から吸収しながら、良い介護支援を行うことが正義です!

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも様々な情報を掲載しておりますので読んで頂けると励みになります。

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」をご用意致しました。

パートや非常勤の介護士の採用も可能ですよ!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

担当者へ、自分に見合った就職先を一緒に見つけましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

大手企業で尚且つ超優良で非常に安心!

勿論全て無料です!

介護職員初任者研修から3大福祉士の転職にも対応しております。

悩んだら、[マイナビ介護職]しかおすすめしません。

正社員から派遣社員・パートまで大丈夫です

高給与を目指す方向け(実は穴場です)

給与を絶対にあげたい介護福祉職の方限定。

人間関係もしっかりと考慮してくれます。

勿論、全て無料。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.