カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強

[現状]ヤングケアラーとは?近年増加傾向にあります

投稿日:

こんにちは!

介護施設長の前田 裕です。

ネットニュースや介護の業界でも最近よく耳にする「ヤングケアラー」という存在ですが、なぜ今問題になっているのかをご存知ですか?

ヤングケアラーという言葉自体は日本で出来た言葉ではなく、イギリスが発症なんですね!

しかし、近年の日本においてそんなヤングケアラーが問題になっている現状があります

現状、相当な数のヤングケアラーが存在していますから。

しかも、増加傾向です。

在宅介護が相当厳しい局面を迎えているのは確かです。

そんな、近年増加傾向にありますヤングケアラーの現状について詳しく考えていきたい思います 。

それでは、今回もよろしくお願い致します!

ヤングケアラーとはなんなのか?

まずはヤングケアラーの定義をご紹介します!

・ヤングケアラーとはイギリスが発祥で「18歳未満」の若年層が親世代の介護を行う方のことを意味します。

因みに、「18歳から24歳位まで」の方を「ヤングアダルトケアラー」と正式に呼びます。

日本では、これらをまとめて「ヤングケアラー」呼ぶことが多いです。

このようにイギリスは勿論ですが世界的に観ても核家族化が進んでおり、特に超高齢化社会における日本では特に近年増加傾向にあります。

これは大問題なんですよ!

前田(運営者)
核家族化が進むと親は仕事に出ておりヤングケアラーが学校から下校してから祖父や祖母の介護をせざるを得ない現状となっているんですね。

これでは、本来の学業に影響を及ぼしてしまいます。

仕方がないと言ってしまってはそこまでですが、これからの日本を支えていく若い世代にヤングケアラーが増加していくと大変な未来が想像できると思いませんか?

そして、悲しくも更に深刻な現状がヤングケアラーが増加してしまう要因となっています。

母子家庭・父子家庭が多いことでヤングケラーが増加している

ヤングケアラーが近年増加傾向な1番の理由が「母子家庭・父子家庭」が右肩上がりで増えているからなんです。

親は仕事へ出ているために、要介護状態となった祖父や祖母の介護を学校が終わってから介護で時間を奪われています。

または、登校前にも朝早くに起きて介護をするという現状なのです。

学校が休日の日にちょっと介護を親と一緒に手伝うことであれば良い介護支援だと思います。

しかし、ヤングケアラーは毎日365日が介護というルーティーンが起きているのです。

これが原因でヤングケアラーの若い世代にとんでもない現状に置かれてしまっているケースが起きています。

しかも、そんなヤングケアラーが増加しているので見過ごす訳にはいきません。

大問題です。

高校や大学を中退することが起きています

ヤングケアラーはほぼ毎日のように介護を強いられています。

「使命感・やりがい」という感じで毎日を送っているが為に本来の学業が疎かになってしまうという事態が起きているんですよ!

前田(運営者)
ヤングケアラーとして介護をすることは素晴らしいことでもあります。

しかし、そんな介護をする毎日で学業に支障をきたすことは大きなデメリットとしか言いようがありません。

中には、高校中退や大学中退してまで介護をせざるを得ないヤングケアラーが現状で近年増加傾向にあります。

これは子を持つ親も、そんなことまでさせたくないと考えていてもどうしようも無いという結末で誰にも相談できない方が多いんです。

そんなヤングケアラーを救済する現状を私は世間に広めていきたいです。

私だけで無くてそういう方が増えないと、ヤングケアラーは「本来望む仕事が出来る」という夢を奪ってしまうことになりますから。

こういう最悪の現状が起きていることは何とか防ぐ他ありません。

そうしないと未来の日本は貧富の差が更に大きくなってしまいます。

いくら資本主義の日本とは言え、介護福祉の概念として「基本的人権の尊重」という憲法のあり方すら崩壊してしまいますよね!

ヤングケアラーが普通に学業が出来るにはどうすれば良いのか

ヤングケアラーを救う為の手段を以下にご紹介します!

・介護保険制度を利用できないか地域包括支援センターへ相談に行く

・主治医へ子供がヤングケアラーで学業がどうにもならないと相談する

・ポジティブな思考でヤングケアラーは経験をもとに介護職を目指してみる

多くのヤングケアラーを子に持つ親は介護支援についての知識がありません。

それは当たり前です。

介護保険制度を熟知しているのであれば、子供をヤングケアラーにさせることは考えませんから。

そこで、1番の方法が地域包括支援センターへ今の現状を相談しにいきましょう!

それってどこにあるの?

という場合は、介護について相談したいが「管轄の地域包括支援センターはどこですか?」と行政へ問い合わせたら直ぐに教えてくれます。

そこで相談することで、介護保険制度がどのように利用できるかや地域の役割として様々な提案をしてくれますよ!

相談はもちろんですが、介護保険制度が利用が出来るか申請代行も無料でしてくれます。

そこで、介護保険制度が利用できるかどうかを申請途中でも地域包括支援センターの介護支援専門員や社会福祉士が「暫定プラン」と言って恐らく要支援か要介護認定が出るだろうと判断してくれるので直ぐに何とかヤングケアラーを救う為に様々な助言や介護支援を提供してくれますので安心して下さい。

私がケアマネをしていた頃から考えて地域包括支援センターへ相談することはヤングケアラーの皆さんには必要不可欠だと解りますから。

地域包括支援センターについては以下をご参照下さい。

地域包括支援センターの役割・業務や職員と利用方法を解説

そして、最後にヤングケアラーとして現状頑張っていてももしも介護職という仕事へ興味を持ったのであれば介護士を目指すのもポジティブな思考で良いと思います。

ヤングケアラーとして頑張ってきた経験を思いっきり見出せますからね!

これは、あくまでも私の提案なので介護業界へ興味を持ったヤングケアラーさんの考え方で判断して良いですよ。

近年、ヤングケアラーが現状として増加傾向ですがそんな悩みを地域包括支援センターへまずは相談してみましょう!

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも様々な情報を掲載しておりますので読んで頂けると励みになります。

介護施設長が特別に抜粋した良い転職エージェント!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」をご用意致しました。

パートや非常勤の介護士の採用も可能ですよ!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

担当者へ、自分に見合った就職先を一緒に見つけましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

大手企業で尚且つ超優良で非常に安心!

勿論登録無料で絶対的な安心感な転職エージェントです!

悩んだら、[マイナビ介護職]ですね!

現役介護施設長が選別した、国内屈指の介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士として、転職するならここです! オススメ転職エージェントしか、私はオススメ致しません!

介護の資格講座の受講料が無料になる『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます!

キャリアアップ制度を特別に準備完了!

介護職員初任者研修は約10万円以上掛かります。

そこまで、フォローしてくれます!

パートの様な非常勤での採用も可能です。

そして、なんと介護福祉士受験対策までもフォローしてくれるとは、驚きなエージェントさんですよ!

もちろん全て無料で転職支援をしてくれますよ!

高給特化型転職への介護職・福祉職におすすめ!日本全国対応

◎派遣社員や正社員でも、高待遇でホワイトな福祉求人多数を取り扱っております。

リッチマン介護サービスは、高給を目指す介護職におすすめの転職エージェントになります。

そして、実は隠れ案件です。

私のとっておきという訳です。

介護施設長になれたのも・・と言う事です。

①月給40万円・時給2,000円求人多数。

②面接は毎回交通費1,000円支給。

③面接への同伴可能。

④厚労省認可の安心さと無料で利用可能

⑤履歴書の代筆可能

⑥介護無資格者OK

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.