カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の現場 介護福祉士

介護福祉士に仕事を多く振り分けすぎると精神的に辛いだけです

更新日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

介護士から介護福祉士になっていきなり仕事を多く振り分けられて精神的に辛い方って多いと思います!

私も介護福祉士国家試験に合格して喜んでいたのは束の間の間で、上司から一気に様々な仕事が振り分けすぎじゃないかと言わんばかりに降ってきましたよ。

これって介護福祉士になった意味はあるのか?

という様な管理者の負担を減らす為だけの仕事を多く振り分けられましたね。

仕事が終わっても家で仕事していましたよ!

休日も家でデスクワークしていて、一体何の為に介護福祉士へなったんだと自問自答した時期がありましたね。

いわゆるブラックな介護事業所でしたよ、あれは。

もし、私の様な介護福祉士さんが居たらちょっと今の介護事業所は問題ありですね!

そんな、仕事を多く振り分けすぎられている介護福祉士がこのまま仕事を続けているとどうなるのか?

私の体験談も踏まえながら考えていきたいと思います。

それでは、今回もよろしくお願い致します!

何故、介護福祉士に仕事が多く振り分けられるのか?

まず介護福祉士になったらそれなりの介護福祉の専門家として観られる様になります。

最初のうちは「私って頼られているな!嬉しい!」

となるんですが日が経つにつれて仕事を多く振り分けすぎるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

こういう業務過多が原因で精神的に辛いだけな日々を繰り返される羽目になってしまうんですよ。

いわゆる「介護福祉士ならこれくらいの業務は出来ないとダメでしょ!」という意味不明な上司からの指示なんですよね!

前田(運営者)
いやいや、介護福祉士なら介護現場の介護支援についてもっと良いケアや自立支援が出来ないのか?みたいなことを先導して考えて他の介護職や介護福祉士とチームケアを目指すことだと考えますよ。

この様な雑務を押し付ける上司の元で介護福祉士を続けていては全く成長しませんし、給与もさほど上がりません。

なんとか介護職場の業務改善が出来れば問題はなし!ですがそうは簡単にいかないんですよ。

この様な場合は、せっかく介護福祉士に合格した場合等は特に良い介護職場への転職を考えるのもありですね!

介護福祉士として更に成長することが1番大切です

介護福祉士として「やりがい」を感じて介護という仕事のプロフェッショナルとして仕事ができることが1番成長することであり大切なことです。

しかし、介護環境が悪いとそれは出来ません。

介護職場で仕事を多く振り分けすぎると精神的に辛いだけですから!

今の介護職場で意地でも革命を起こさない限り、難しいです。

介護福祉士として更に成長することが1番大切ですね。

介護福祉士とは認知症介護や自立支援介護のプロフェッショナルなんです。

決して、介護福祉士へ押し付けられた様な仕事を多く振り分けすぎると精神的に辛いだけで毎日の介護業務を繰り返すという負のルーティーンだけをこなすのみの意味がない成長しかしません。

前田(運営者)
私はそこに気づき転職しましたね!

もっと自分が介護福祉士としてやりがいを感じれることが介護福祉士としてのモチベーションですから。

介護福祉士として成長していくと良い待遇での転職ができるんですよね!

介護福祉士として成長できる介護現場を見つけること

介護福祉士は合格したからそれで終了ではありません。

それからが始まりなんです。

しかし、良い介護職場へ転職できないと精神的に辛いだけです。

そこで以下に「やりがいを感じれる介護職場」を厳選してご紹介していきますね!

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

この3つは私自身自ら利用したことがあり、介護福祉士にとって良い転職先を探してくれるのでオススメです。

人生は1度きりです。

やりがいのある介護福祉士としてこの先も輝いていけることが大切なんですよ!

上司から言われるがままに仕事を振り分けさせられ続けると精神的に辛いですから。

最悪、精神疾患を患う介護福祉士も多く観てきましたから要注意なんですよ。

以下に現代の介護福祉士について考えた記事をご紹介します!

古い考えの介護福祉士から間違えた介護技術は学べない

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも様々な情報を掲載しておりますので読んで頂けると励みになります。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護職や他の福祉職の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護や福祉の現場がより良くなっていくためには、どうしていけば良いのか? そんな、悩みが解決出来たらなと思います。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.