カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

ケアマネージャーの勉強 介護福祉士 社会福祉士

[要検討]介護保健施設で生活相談員をすることは激務です

投稿日:

こんにちは!

カイゴのティータイム運営者の前田裕です。

介護保険施設で生活相談員として働いている介護福祉士・ケアマネジャーや社会福祉士の方も結構いるかと思います。

私は特別養護老人ホーム(ユニット型特養)で施設ケアマネとして勤務したことがありますが、共に悩み共に苦労した戦友がいます。

それが、当時の特養で一緒に働いていた「生活相談員」の方でした。

そして相当な激務でしたよ。

生活相談員としての業務は当たり前ですが、何かしらの買い出しやら電話応対も全て受けていましたね。

いやいや、事務員さんは何の為に居るんですか?とツッコミどころ満載でしたよ。

私も出来る仕事は振ってくれと言っていましたが、それどころじゃない感じで走り回っていましたね。

終いには請求までその生活相談員へ振っていく流れになっていたので、私がそこは受けましたが・・

福祉の仕事をしているのに、介護職員を潰すことは絶対に許しませんよ!

私のこの様な体験談や、どうしたら介護保険施設で生活相談員として楽しく仕事が出来るのかを考えていきたいと思います。

それでは、今回もよろしくお願い致します!

介護保険施設での生活相談員が働く環境を考える

施設ケアマネも大変ですが、介護保険施設で生活相談員をすることは激務です!

特に家族経営が多いのが介護保険施設の特徴です。

そう言う介護保険施設で働く生活相談員は、いわば雑務から連絡調整まで仕事内容が幅広くその全てを一気に任されることが多い職業なんですよね。

家族経営でもしっかりと若い世代が働き方改革を考える管理者の様な上司が居る介護保険施設での生活相談員をすると言うことが重要ポイントです!

地域との繋がりや、催し事の主催を任されたりと結構な激務を生活相談員へ要求することは間違っていると私は思いますけどね。

そう言う介護保険施設で働く生活相談員の業務改善は要検討だと言うことです!

せめて2人は生活相談員が居ないと燃え尽き症候群いきですよ。

共に切磋琢磨した当時の生活相談員はうつ病になりましたからね。

私も、もっとフォロー出来ればこんなことにはならなかったのにと今でも悔やんでも悔やみきれません。

これから生活相談員へと就職や転職をする介護福祉士や社会福祉士の皆さんは、要検討で下調べをしっかりしてから働きましょう!

介護保険サービス事業所の生活相談員もドタバタです

生活相談員は通所系サービスやショートステイ等の介護保健サービス事業所にも在籍しているとは思いますが、そんな生活相談員も大変だと思いますよ!

介護現場を回しながら、勤務表を作成しながら介護計画書も任される訳ですからね。

とにかくドタバタなんですよね。

小さい規模の介護保険サービス事業所で生活相談員として働くよりも、ある程度中堅介護福祉士が多いところで働くことをおすすめします!

それだけ、中堅介護福祉士が介護現場を回してくれますからね。

何故ならば、それだけ中堅介護福祉士が居る介護保険サービス事業所はホワイトな介護職場なので働きやすい環境だとも言えるんですね!

これは、介護保険施設の介護士や介護福祉士の在籍歴が長い職員が多いと言うところも同じ様な考え方で大まかですがホワイトな介護保険施設とも言えるかもしれません。

生活相談員は激務ながらも、ある程度周りの介護職員がカバーしてくれるホワイトな介護事業者で働くことをおすすめします!

病院でソーシャルワーカーとして相談支援を学ぶことから

介護保険施設で生活相談員としていきなりデビューも良いかもしれませんが、社会福祉士の方は先ず「病院でソーシャルワーカー」として相談支援を学ぶことが1番幅広い働き口が出来るでしょう!

それだけ、医療と福祉を同時に学べる訳ですから入退院のフォローへの流れの基本から応用まで学べるからと言う事に尽きます。

介護保険施設の生活相談員として働く際には、メインが高齢者福祉に特化しているので焦らず病院でソーシャルワーカーとして相談支援を学ぶと医療分野から高齢者福祉・障害者福祉まで幅広くカバー出来る様になれますからね!

その中で、高齢者介護に関心を持って介護保険施設で生活相談員へ転職した際にも効率よく相談支援業務が出来て仕事もスムーズにいく訳です。

但し、冒頭でも述べた様に「なんでも屋」の様な生活相談員にならない介護保健施設で「やりがいと楽しさ」を感じることの出来る事が要検討かつ重要です!

相談支援と言っても簡単な仕事ではありません。

人の人生を左右する重要な仕事です。

様々なフォーマル・インフォーマルサービスを基礎知識として知っておくのは勿論、そこをどう繋げていくかと言う応用が1番難しいところですからね!

以下の記事も合わせてご参照下さい。

社会福祉士として働くならどこが良いのか

ここは、高齢者福祉専門の介護支援専門員も同じ様なカテゴリーに入ります。

なので、病院勤務の社会福祉士もケアマネとの連携が多いと思います!

この様に相談支援と一言で言っても知識と対応力が求められる仕事がソーシャルワーカーでもあり生活相談員なんです。

これから生活相談員として働きたい方への良い転職方法

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

大手企業で尚且つ超優良で非常に安心!

勿論登録無料で前代な安心感な転職エージェントです!

悩んだら、[マイナビ介護職]ですね!

現役介護施設長が選別した、国内屈指の介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士として、転職するならここです! オススメ転職エージェントしか、私はオススメ致しません!

介護の資格講座の受講料が無料になる『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます!

キャリアアップ制度を特別に準備完了!

介護職員初任者研修は約10万円以上掛かります。

そこまで、フォローしてくれます!

パートの様な非常勤での採用も可能です。

そして、なんと介護福祉士受験対策までもフォローしてくれるとは、驚きなエージェントさんですよ!

高給特化型転職への介護職・福祉職におすすめ!

◎派遣社員や正社員でも、高待遇でホワイトな福祉求人多数を取り扱っております。

リッチマン介護サービスは、高給を目指す介護職におすすめの転職エージェントになります。

①正社員は勿論、派遣社員やパート大歓迎!②面接は交通費2,000円支給。

③面接への同伴可能。

④給与交渉可能。

⑤履歴書の代筆可能

⑥介護無資格者OK

この3つの転職サイトは、非公開求人をメインに扱っております。

そして何より自分に見合った良い環境や待遇の転職先を豊富に持っていると言う強みがあります!

介護保険施設での生活相談員として働くことは、自分にとって「やりがいと高待遇が1セット」であることが重要です。

仕事量=良い給与と人間関係とでも言いましょうか!

そうでもしないと、私の友人の様に介護保険施設の生活相談員として頑張りすぎたせいで燃え尽きてしまいますから。

生活相談員として転職する際にはこの様なことを要検討して転職することをおすすめします!

これ以上、介護関係者や社会福祉士・ケアマネが潰れていくのは観たくはありません。

あまりにも激務な仕事はしなくて良いですよ!

仕事をひたすら真面目にすることは良いことですが、自分のキャパシティを超える仕事は絶対に回避しなくてはいけません。

これが、介護人材の不足を招いているんです。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

介護・福祉職の生活相談員の役割と給料とその中身とは?

以下にも、様々な情報を掲載しておりますので読んで頂けると励みになります!

◎派遣特化型介護求人です!

派遣社員で高待遇なホワイトな福祉求人を多数取り扱っております。

きらケア 派遣は、無資格でもブランクがあっても非公開求人(好条件求人)をご紹介できます!

①派遣社員やパート専門特化型大手です!

②専任のキャリアコンサルタントが転職後も丁寧に支援します。

③ブランクがあっても大丈夫!

④派遣後も悩みがあればいつでも相談可能!

⑤高時給の案件多数所有

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-ケアマネージャーの勉強, 介護福祉士, 社会福祉士
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.