カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

地方で介護福祉士として働いたらデメリットが凄かった

更新日:

こんにちは!

前田裕です。

地方で働いている介護福祉士の方も多いと思います。

しかし、地方でも田舎に行けばいくほど給与も減り、仕事効率も古いままの介護事業者や介護保険施設が多いのが特徴です。

地方ならではの、古い風習を残した介護業務や介護記録は未だに手書きの事業所が多いです!

特に、地方になればなるほど介護福祉士も高齢化しており若手の介護士が都会に比べて相当少ないんです。

そうなると、人間関係もあまり良くない場合が有ります。

私が当時介護保険施設で介護福祉士として働いている時は、おばちゃん介護職員がやたらと派閥を作り仕事中にもどうでも良い中傷や人間関係の話ばかりでうんざりな毎日でしたよ!

一緒に働いている介護福祉士はもちろん、看護師や経営者には「私は頑張っています!」感を出すんですよね。

あれには呆れてしまい、逆にそれだけ顔を変える事が出来て凄かったです(笑)

私もあれ位の根性が無いと駄目だったんでしょうか?

いやいや、仕事へ行っているんだから仲良しクラブみたいな事は御免ですね!

そんな、地方ならではの介護事情を私の体験も交えながらお伝えしていきたいと思います。

それでは、今回もよろしくお願い致します!

古い介護事業者は未だに紙とハンコにこだわる

昔は介護記録を書くには、1人1人の利用者さん・入所者さんの情報が入った重たいファイルをそれぞれ取りながら相当な時間をかけながら介護記録を書いていましたね!

都心部の介護福祉士の皆さんは、とりあえず「面倒臭い」「何でそんな時間掛かる事するの?」

とデメリットが目に付くと思います!

しかも、記録を書いた後にハンコを押すとかですね。

勿論、その日働いたら出勤・退勤もハンコだったり勤務した就業時間を書くとかです。

そうなんです。

昔はそれが当たり前な時代でよかったんですが、現代では「電子カルテ」が当たり前です。

介護記録もパソコンの介護ソフトを活用しながら、それぞれの職種全員が記録をチェック出来る時代なんですよ!

そっちの方が、手取り早いし効率も良いんですけどね。

何故か古い慣習を意地でも重んじて、「紙媒体とハンコ」に地方の介護事業者はこだわりやすい理由なんです!

地方の介護福祉士に介護ソフトが浸透しない理由

この問題は案外簡単です。

ここまでお伝えしてきた通り、地方の介護福祉士は中年以降の方々が多い傾向にあります。

そんな、若い世代には当たり前なパソコンの操作自体に慣れていないんですよ!

もっと言うなら、今更パソコンに介護記録を入力する事を覚えると言う自体に距離をとって「今までの手書きの方が味がある!」

とか言い出すんです。

介護記録に、そんな味は必要ありません!

必要なのは「どんな介護支援を行ったか?」「どう言う変化や不穏があったか?」

等を記入する事が「介護福祉士として味がある介護記録」なんですよ!

ただただ、介護ソフトやパソコンを今更覚えたく無いんでしょうね。

例えるならば「銀行でお金をおろすには通帳と印鑑でしょ!」みたいな感じでしょうか。

ケアマネジャーなら普通に介護ソフトは必須なんですけどね!

若い世代の介護福祉士が活躍する為にも、必須な介護資格と研修について以下にまとめてみました!

[必見]介護職が1番優先的に取るべき資格と研修6選を厳選紹介します!

地方の中年パソコン触りたく無い世代の方には浸透しない訳です。

(中年介護福祉士も全然介護ソフトを自在に操作出来る方もいるんですけどね)

若いリーダー介護福祉士が活躍していく事が大切

これからの時代、介護ソフトといったデジタル社会を担う役割は若い方が率先して古参の介護士・介護福祉士へ教えていけば良いと思います!

ただ教えると言うだけでは難しいかもしれません。

人間、何かご褒美が無いと「やる気が起きないんです!」

「ただ、頑張って覚えて!」

と言う事だけでは、デメリットしか浮かばないんですよね思考回路が。

(例えば、介護記録を入力するのに時間が掛かる等です)

そこで、古参の介護福祉士の方へ介護ソフトでの介護記録記入を促す手段があります。

そんなご褒美が、「古参の介護福祉士だからこそ今までの介護支援の流れを学ぶ」と言う姿勢を、若い介護福祉士世代が学ぶ努力をするんです。

人間には限界があります。

こんな事を言っている私も、いずれ時代についていけない日が来るのかなとビビってます!

この様な感じで、若い世代や古参の介護福祉士もお互いに「教え合う」と言う時代に突入したのかなと感じますよ!

そこで、引っ張って行くのは若いリーダー介護福祉士の腕の見せ所だと言う事です!

若い世代が、古参の介護福祉士から助言を貰いながら介護福祉と言う難題に立ち向かうんです。

「ちょっと責任が思いな」と考える事は普通なんです。

古参の介護福祉士も、若い時は同じでしたから!

時代の変化に対応しながら、「介護福祉士として働いていてデメリットが凄かった!」と先ずは感じる事が実は大切なことです。

そんなデメリットから、有効な一手を出すのは若いリーダー核の介護福祉士の皆さんだと考えます!

「介護の世界って甘く無いですから」

これは若い世代も古参の介護福祉士も同じ意見なんですよね!

こう言う共通認識を共有しながら、介護職場の人間関係を築き良い方向へと持って行く事が大切なことです。

都会の介護福祉士は、若い世代の比率が多いのでそこまで悩む事は無いでしょうが、地方の介護福祉士事情は相当深刻なんですよ。

それだけ、地方の介護事業者もデジタル化して行かないと古くて効率の悪い介護支援にも繋がりますからね!

古参の介護福祉士が「若手に教えてもらって凄かった!」

と、言わせる為にも一緒に頑張っていきましょう。

デメリットは有りきで、そこをどうするかは若い介護福祉士が率先していきましょう。

[介護の悩み]介護士の中で一番きつい仕事とそのやりがいとは?

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも、様々な情報を掲載しておりますので読んで頂けると嬉しいです!

◎派遣社員や正社員でも、高待遇でホワイトな福祉求人多数を取り扱っております。

時間の掛かる面倒な登録作業は不要!

リッチマン介護サービスは、私もおすすめの転職エージェントになります。

①正社員は勿論、派遣社員やパート大歓迎!②面接は交通費2,000円支給。

③面接への同伴可能。

④給与交渉可能。

⑤履歴書の代筆可能

⑥介護無資格者OK

介護施設長が特別に抜粋した良い転職エージェント!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」をご用意致しました。

パートや非常勤の介護士の採用も可能ですよ!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

担当者へ、自分に見合った就職先を一緒に見つけましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

大手企業で尚且つ超優良で非常に安心!

勿論登録無料で前代な安心感な転職エージェントです!

悩んだら、[マイナビ介護職]ですね!

現役介護施設長が選別した、国内屈指の介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士として、転職するならここです! オススメ転職エージェントしか、私はオススメ致しません!

介護の資格講座の受講料が無料になる『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます!

キャリアアップ制度を特別に準備完了!

介護職員初任者研修は約10万円以上掛かります。

そこまで、フォローしてくれます!

パートの様な非常勤での採用も可能です。

そして、なんと介護福祉士受験対策までもフォローしてくれるとは、驚きなエージェントさんですよ!

派遣介護士への特化型最高優良求人!

・介護福祉の派遣・求人ならきらケア派遣。

今、派遣介護士のニーズが求められています!

そして、自分に合った待遇や求人をコーディネートしてもらえるから安心して生活スタイルにマッチします!

無資格でもオッケー、良い派遣介護士ライフを送りたいあなたへ!

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.