カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強

[必見]2024年までに介護事業者はBCP策定を義務化

更新日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

タイムリーな内容を送りたいと思います。

今回は、2024年度から全介護事業者にはBCP(業務継続計画)策定を義務化と厚労省から発表されました!

(2021年2月17日衆院予算委員会にて)

BCP?

何だそりゃ?

って感じですよね。

最近、と言うか近年「災害や感染症」と言う被害が、各地で頻繁に起きています。

そんな危機管理リスクについて、介護事業所でもしっかりとした「マニュアルを策定しましょう」と言う方針です!

新型コロナ対策や、地震・台風・豪雨等による災害に備えましょう!

と言うものです。

実は、2021年度介護保険大改正の時点から「義務化」となっておりますが、現時点では2024年までの3年間は経過措置としています。

何故、ここまで厚労省も考えたのか?

それは、あらゆる感染症の流行や災害が起きようとも「介護保険サービスを必要とする高齢者」は多く居ると言う事から、BCP策定が義務化されると言う事になりました。

いきなり、こんな大まかに言われても「どうBCP策定したらいいんだよ!」

となりますよね。

そこで、行政とも協議しながらBCP策定を早い内から考えておく事が大切だと思いますよ。

そんなBCP策定に関して、現段階で出来る事について考えていきたいと思います!

それでは、今回もよろしくお願い致します!

災害が起きた時に対応出来る介護事業所が評価されるでしょう!

例えばの例をあげますね!

そもそも、去年の熊本県での大豪雨によると、とある特別養護老人ホームで多くの入所者が亡くなり介護士にも命の危険がありました。

しかも、コロナ禍の状態ですよ。

そう言う時に、出来る限り「高齢者の命を守れる災害・感染対策」が出来る様にしておかなくてはいけません。

さすがに100%守る事は物理的にもマンパワー的にも難しいとは思います。

しかし、そんな災害・感染症と言う脅威から最小限に抑えられる様にしっかりとBCPの策定をしましょう!

と言う事です。

但しですよ!

もしも災害が夜間帯に介護保険施設で起きてしまったら?

間違いなく、被害は最小限には押さえ込まれません。

日中における介護保険サービス事業者は介護士・介護福祉士・看護師と言うマンパワーが揃っています。

勿論、介護保険施設もです。

しかし、そんな中でも夜間に出来るBCPを策定する事は出来ます!

それが出来る介護事業者は相当に評価されるでしょう!

これを打破するには、設備だけの対策では限界があります。

どんなに資金を捻出してもです。

そこで、マンパワーで被害の最小限には近づけると思います!

そんな場合の対策とは何でしょう?

夜間の災害時へのBCP策定は必須です

ある程度のBCPの策定は簡単に出来ると思います。

しかも、夜間帯での災害です。

そんな方法は、介護保険施設や有料老人ホーム等でも可能です。

そこで、夜間帯での人員配置を多くしましょう!

と、言っても毎日出来る事ではありません。

そこで、出来る事があります。

今の災害予報は昔よりも先を読める状態です。

(但し、地震は難しいです)

台風や大雪による災害への対策(BCP)は出来ます!

とは言っても、それだけマンパワーだけは前情報で対策可能ですよね!

しかし、そう言う事態へはどこの介護施設は対応出来ているんですね。

それをBCP策定へ準拠すれば良いです。

ですが、BCPに準拠するとなれば簡単にはいきません。

例えば、夜間帯の災害では夜勤職員だけでは無理があります。

相当な無理です。

そこで、私が考えるに「災害が起きる可能性がある場合は、管理職をメインに介護施設へ泊まりましょう」

管理職は責任者ですから。

これしか無いです。

とは言っても、それだけでもマンパワーが足りません。

そこで、日頃から民生委員や1番は「地域の消防団」の皆さんとの連絡体制をとって起きましょう!

これは、日中の介護保険サービス事業者の方々もです。

何が言いたいかと言うと地域の方々と協力体制を日頃から取っておくことの重要性です。

あまり考えていなかったかもしれない、「インフォーマルサービス」の方々と結束を深めておきましょう!

と言う事ですね。

多くの介護事業者は、「自分達で何とかする」

としか考えない事が多いんですね!

そんな古い考え方は捨てましょう。

特に地域密着型の介護事業者は積極的なインフォーマルサービスへのアプローチが必須なんです!

そう言う考え方こそが、BCP策定には必須となるでしょう。

感染症対策のBCPも日頃からの感染リスクマネジメント更新が生きる

災害だけでは無く、感染症対策へのBCP策定も必須です。

そこは、毎月必ず「感染リスクマネジメント対策」について深く考えましょう!

毎月、これを行う事で「BCP対策が必須」と勝手に構築されていく訳です。

書面上だけでBCPについて考えるよりも、余程効率的であり策定は簡単に出来るはずです。

そう言う感染リスクマネジメント対策を、日々考えながら行っていく事でBCPへ対応出来るんですね!

そんな、更新が今まで以上に大切です。

そして、BCP対策が生きるんですよね!

あたふたして、適当なBCP対策は意味がありませんよ。

日頃からの感染症対策についてのBCP対策を考えましょう!

ここまでのまとめ・・

介護事業所は、BCP対策を2024迄に策定しなければいけません。

それだけ、介護という役割には大きな意味がこれから進展していくという事です。

今まで行ってきた介護支援と、それ以上に災害や感染症への対策が確実に行われているのか?

と言う事です。

BCPに関してのマニュアル作成は、今から日頃からの「災害・感染症」への対策を今まで以上に行っていく事で文章では簡単に出来ます。

それだけ、日頃からの対策が生きて来るんです!

しかし、文章では無く実践が大切ですね。

ここが、「良い介護事業者とブラックな介護事業者」の違いです。

こんな感じで、管理職が急な急ぎ足でBCPの対策を定時するまでも無いんです。

今からの介護業界は、今回のBCPの件がある様に今まで以上にしっかりと対応していきましょう!

それで、BCP策定についての義務化には簡単についていけるでしょう!

日頃からの、感染・災害対策を頭の片隅に置いておく事が重要です。

高齢者を災害から守るケアマネの知恵

コロナ禍での介護職員のモチベーションを維持することが大切

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも様々な情報を掲載しておりますので、読んで頂けると嬉しいです。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護職や他の福祉職の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護や福祉の現場がより良くなっていくためには、どうしていけば良いのか? そんな、悩みが解決出来たらなと思います。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.