カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

高齢者の通所系サービス利用が激減しているのは何故か?

更新日:

こんにちは!

介護施設長の前田裕です。

今回は、「高齢者の通所系サービスの利用が激減しているのは何故か?」について考えていきたいと思います!

これは本当に困ったものです。

理由は、皆さまご承知の通りです。

何故か?なんでそんな事態になっているのか?

「新型コロナウィルス」の感染者がニュースで大きく報道されている為です。

感染者数が増加し過ぎている為に、テレビ局は大きく取り上げる訳です。

国民へ不要不急の外出を訴えかけるのは良い事ですが、テレビ局が緊急速報みたいな感じで過剰に煽ったりするのは伝え方をもっと考えて欲しいなと私は考えます。

若い世代や高齢者の方への情報の伝え方を考えて欲しいなと。

そうでもしないと、高齢者は引きこもり状態になってしまい、廃用症候群や最悪孤独死が待っています。

核家族化が進んでいるからこそ、特に地方に在住する高齢者は今まで通所系サービスに通う事で「生きる元気と生きがい」を感じている訳です。

それこそ、通所リハビリに置いては高齢者さんそれぞれに沿ったリハビリが必要だからこそ通っている訳です。

そんなケアプランを試行錯誤して作成するケアマネも、今や立ち往生状態なんです。

終いには、そんな通所系サービス事業所で働く介護士も辞めて行っている始末です。

それでは、高齢者の通所系サービスの利用が激減しているのが何故ここまでも顕著化しているのかを踏まえながら、これからの「介護の在り方」について触れていきたいと思います!

今回も、よろしくお願い致します!

通所系サービスはコロナ感染リスクマネジメントを徹底しよう!

通所系サービスになると、どうしても「密」な空間が出来てしまいます。

しかし、介護施設や介護保険施設でも同じ事が言えます。

私からすると、介護保険施設ともなると感染リスクマネジメント会議は相当徹底しています。

しかし、通所系サービスでは1日の流れがどうしても毎日変化が多いのでガッツリと感染リスクマネジメントを徹底する様な勉強会の開催すら大変なんですね。

簡単に言うと、施設系では毎日がほぼ同じ入所者である事と生活スペースの広さが大きく違います。

そして、働く介護職員の数も圧倒的に介護保険施設が多いです。

そうもなると、感染リスクマネジメントについての勉強会や研修・会議は時間的にも余裕が出来る訳です。

それが、通所系サービスになるとどうなるのか?

以下に、説明していきたいと思います!

通所系サービスは人員配置基準ギリギリで介護支援を提供している

どうしても、通所系サービスとなると人員配置基準ギリギリの中で介護支援を提供している介護事業者が多いです。

(それだけ、基本介護報酬が少ないと言う事です)

介護保険施設でも人員配置基準ギリギリ運営が当たり前かもしれませんが、通所系サービス特有の大きな悩みがあるんです。

それが、「送り迎えと言う送迎と毎日同じ高齢者が利用している訳では無い」と言う所に尽きます。

しかも、利用スペースが圧倒的に介護保険施設と比べると狭い訳です。

こうなると、通所系サービスの介護士や管理者は「明日は誰が利用する日かな?」と毎日考える訳です。

しかも、人員配置基準ギリギリの通所系サービスが殆どなので、感染リスクマネジメントについて試行錯誤する暇さえなかなか重点的に行えないんですね。

そして、小規模事業所運営の通所系サービスに置いては尚更大変な状況です。

日々の介護支援だけで、クタクタなんですね。

介護保険施設のみでしか働いた事の無い介護士・介護福祉士にとっては最初びっくりするでしょう。

(介護保険施設を馬鹿にしている訳ではありません。違いと比較です)

通所系サービスは在宅生活高齢者への声掛けが重要と言う機転

通所系サービスで高齢者さんを迎えると言う事。

これが、先ず新型コロナとの付き合い方である感染リスクマネジメントです。

介護施設等では、毎日高齢者を迎え入れません。

しかし、在宅生活高齢者さんはケアマネが立案したケアプランの元、「通う」訳です。

つまり、ここで大きな違いが介護施設で365日暮らして居る高齢者さんと、365日在宅生活している高齢者さんでは「感染リスクマネジメント」は大きく異なるんですね!

そこで強みと言うか、一生を終えるまで在宅生活を送りたいと感じ、そして考える高齢者さんの考え方が普通なんですよね。

そんな高齢者さんを全力で、新型コロナに対するリスクと今まで通ってきた通所系サービスを利用するメリットと言う2つを丁寧に説明する事で、利用控えが軽減されて行くのかなと考えます。

それが通所系サービスの大きな機転です!

そして在宅生活をしている高齢者さんへの声掛けが重要であり、通所系サービスの職員が出来る唯一の感染リスクマネジメントだと考えます。

通所系サービス事業者も勿論、時間が無い中の人員配置基準ギリギリの中でも少しづつでも新型コロナへの対策も周知していると思います。

そこを、高齢者へ伝えて行くと言う責務が今のコロナ禍では必要な、介護支援の1つになっていると言う事です!

介護保険施設とは違う感染リスクマネジメントを、通所系サービスの現場介護で活かしながら高齢者へ発信していくと言う事です。

在宅ならではの、利用者さんへ寄り添った「そんな介護支援」が逆に通所系サービスでは出来る強みがあるんですね。

オーバーな報道に惑わされて不安な高齢者さんは沢山居るかと思います。

そこでも、通所系サービスの必要性と感染リスクマネジメントを利用者さんへ伝える事が最善な「介護支援」と言う事です!

そこまで徹底していないと、これからの通所系サービスは存続自体が難しいと言う事です。

そうでもしないと、高齢者の通所系サービスはこれからも激減してしまいます。

新型コロナへの感染リスクを、高齢者へ解りやすく少しづつでも良いですから伝えていく努力と結果が観えてくると思います。

そう言う工夫と知恵を絞って、通所系サービス事業者は利用控えを何とか食い止めなければなりません。

そこにはケアマネや家族の理解も勿論、必要になってくるかなと考えます。

今こそ、介護事業者間は勿論、家族との情報共有がとても大切だと私は考えます!

何の報告も相談もなければ、プンプン怒るケアマネもいますからね。

これが在宅介護の極みでもあり、やりがいなんですよ。

つまり、介護と言う仕事は「プロフェッショナル」なんです!

今の時代の「介護の在り方」だと思う訳です。

 

そこで通所リハビリについて今必要な相当な担い手としてご紹介します。

通所リハビリはコロナ禍で必要と言える在宅介護なんです

通所系の介護保険サービスは認知症予防や1番は他者との交流できる機会があり高齢者さんにとって良い生きがいと感じることができます。

それにより、最悪孤独死や引きこもり予防にもなるのでいい介護支援なんですよね。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも、様々な記事を書いておりますので読んで頂けると嬉しいです。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれますよ。

大手の超優良で非常に安心ですね!

勿論全て無料です。

介護職員初任者研修から3大福祉士の就職・転職にも対応してます。

悩んだ時に、[マイナビ介護職]はおすすめです。

正社員から派遣社員・パートまで大丈夫です

高給与を目指す方向け(実は穴場です)

給与を絶対に上げたい介護福祉職の方限定。

人間関係もしっかりと考慮してくれます。

勿論、全て無料利用可能。

全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.