カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

ケアマネージャー 介護の現場 介護福祉士 転職について

施設介護士の転職タイミングを考えてみた

投稿日:

こんにちは!

前田裕です。

今回は、施設介護士の転職タイミングを考えてみたについて考えてみました!

介護士は、普通のサラリーマンや他の職業よりも転職がかなり多い傾向です。

3年も施設介護士として働ければ良い方です。

私も最初施設介護士として働いた時で3年7ヶ月が限界でした。

体力的にも精神的にも限界でしたね。

施設介護士は、日勤だけでは無く遅出や早出・そして地獄の夜勤がある為ですね。

夜勤明けの残業なんて当たり前みたいにもなっています。

おかしな話ですが、介護業界では種類関係の仕事も多いですよね。

体内時計がおかしくなっちゃいました。

夜勤明けは自宅へ帰るのも一苦労で、眠すぎて事故でも起こさないかぐらいのレベルで大変でした。

私が夜勤をしていた頃は、介護老人保健施設に施設介護士として勤務していましたが夜勤は16時〜9時まででした。

長いですよね〜。

今の介護施設の夜勤は準夜勤みたいな感じが多くはなっていますが、それはそれできついんですよね。

この様に、施設介護士は毎日体力・精神力をすり減らしながらも介護士として頑張っているプロフェッショナルなんですよ!

それでは、施設介護士が日々頑張っているものの、相当にブラックな介護施設や介護保健施設で働いている介護士・介護福祉士の皆さんの転職タイミングについてズバッと書いていきたいと思います!

それでは、今回もよろしくお願い致します!

施設介護士のルーティーンは過酷そのもの

施設介護士は基本的に日勤業務が多いかもしれませんが、最近では介護人材不足の為に「日勤・夜勤・早出・夜勤・遅出」の超変則的勤務体系みたいな鬼畜すぎる介護正社員の施設介護士さんが多くなってきています。

全く、介護の世界には働き方改革が適用されていない様な勤務体系ですね。

人間こんな勤務体系を続けていると、いずれ体を壊します。

精神的にもギリギリの状態になるかもしれません。

そんな労働環境の為に、抗不安薬を服薬している施設介護士さんも多いです。

こんな施設介護士のルーティーンは過酷そのものですよね!

しかも、中間管理職である「主任」としての位置付けの施設介護士さんに結局、過酷勤務のしわ寄せが最終的に来るんですよね。

介護あるあるですが、勤務表を作成していると結局自分がきつい勤務体系になってしまった。

みたいな感じです。

こんなブラックな勤務体制の施設介護士として長年働けますか?

これ程、過酷なルーティーンの中で。

もっと良いホワイトな介護事業所や介護施設で、介護士として働ける場所は有りますから無理だけはしない様にしましょう!

施設介護士として働いている内に資格取得しておく事!

施設介護士として働いている内に、取れる資格は必ず取得しておきましょう!

何故なら、簡単な事ですが「転職しやすい」からです。

それこそ、介護福祉士やケアマネがメインになってくると思います。

なので、私が冒頭で話した3年位で転職するというのが理解できると思います。

それは「介護福祉士」ですね!

3年間介護士として勤務すると介護福祉士国家試験の受験資格を得られるからですね!

ケアマネは5年間もの期間、該当する基礎資格を有していないと受験資格が無い為に未来の目標としておいて良いと思います。

又は、稀ですが看護師を目指しながら施設介護士として働く事も有りだと思います!

しかし、この方法はそれなりの根気と体力が必要なので若い世代では良い転職への持っていき方だと思います!

ただ、選択肢はそれだけ多いので若いうちに道を作っておく事も大切でしょうね。

それで、自分に見合った施設介護士からの転職方法を考えてみましょう!

良い介護職場へ転職できる事で、自分が思い描く良い介護士人生が事がとても大切ですよ!

施設介護士で働く事は基礎的な知識や経験値を積める!

施設介護士はとても大変なのは重々解って頂いたと思います。

在宅介護とは、また違う仕事内容ですからね。

それだけ、介護支援方法も変わってきます。

そこで、施設介護士で働く事は基礎的な介護知識や相当な経験値を積める職場でもあると言えます。

私自身、今でも施設介護士時代の教訓は現在でも役に立っています!

勿論、大変な介護業務内容なのは大変ですが・・・

そんな大変な施設介護士ですが、それだけ大きな知識と経験値を勝手に習得できる場所でも有ります。

在宅介護になると、なかなか難しいです。

教える環境と介護人材不足の問題でもあります。

(在宅介護の大変さは違う意味合いで、勿論同レベルですよ)

なので施設介護ならではの、入所者さんの1日の流れを知りながら介護支援が出来るという事に尽きます!

特に、施設介護士が従事する介護保健施設はユニット型の特養が多いのでは無いでしょうか?

後は、民間の有料老人ホームやサービス付き高齢者専用住宅ですね!

やはり、介護保険施設で施設介護士として働くのが1番、知識と経験値を積める職場かなと思います。

何故かというと、「介護保険制度に準じて介護支援を行うから」です!

逆に、民間の有料老人ホームやサービス付き高齢者専用住宅で介護士として働く事は在宅介護が重きになるので、施設介護とは少し業務内容が変化します。

ホワイトな介護職へ転職する為の準備期間を作る事!

今、施設介護士として転職するか悩んでいるのであれば、今のうちから下調べが重要になります。

何故ならば、ただ給与が良いからといきなり在宅系の介護事業所へ転職してしまったり、ホワイトな介護施設だと思い転職したものの実は全く同じ目に合ったというパターンの繰り返しをする介護士さんを今まで数多く観てきたからです。

そこで先ずは、いつ転職するかのタイミングを計算しておく事と、ハローワークばかりの求人を観ているだけでは次の転職先の情報がまるで無いという事が必然的に起こります。

これが原因で、何度も介護士や介護福祉士として転職を繰り返す事で「自分の履歴書」にキズが付いてしまうんですね。

介護士として転職回数がやたらと多いと、幾ら介護人材不足な世の中でも不採用になる事が多くなります。

・ここでマル秘話!

介護士・介護福祉士・ケアマネとして転職が多いと、ホワイトな介護事業所や介護施設は採用しません。

何故ならば、「直ぐに辞められたら、困る」

これに尽きます!

採用する側も、せっかく雇用したのに1ヶ月や1年位で辞められると、相当困るんです。

何せ、それなりの経費や社会保険、そしてまた介護士を探さなくてはならない苦労。

介護経営は、資金ギリギリで運営している介護事業者が多数存在します。

なので、求める人材と言えば「長く勤めてくれる介護士」なんですね!

面接でも、この辺りを強調して「頑張ります!」と伝えましょう!

勿論、ホワイトな介護事業者に面接が基本です。

そんな、準備段階として無料で自分に見合ったホワイトな介護求人を紹介してくれる所を以下にリンクを貼っておきますね!

私もお世話になった介護紹介会社です。

ここは、よく介護転職者さんの事を理解してくれて、自分に見合った介護職場を提案してくれます。

見学をしてからの面接や、夜勤は出来ない等の相談も全て無料でサポートしてくれるので良いと思いますよ!

面接までの仲介もしてくれるので、ある程度の自分のスキルを相手へ伝えてくれたりもします。

そこまでしてからの面接なら、敷居もぐっと低くなりますしね。

施設介護士の皆さんが、良い転職が出来る事を切に願います!

なぜ、介護士は転職を考えたほうがいいのか?介護施設長が本気で考えてみた

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも様々な情報を掲載していますので、読んでいただけると嬉しいです!

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

介護施設長が特別に抜粋した良い転職エージェント!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」を利用するのがおすすめです。

最近は、転職サイトと転職エージェント(転職のサポートをしてくれる専門のスタッフ)のサービスが一緒になっているものが多いので、フルに活用しましょう。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

好条件のホワイトな求人多数保有!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!以下をタップ!

大手企業で非常に安心(勿論登録・紹介無料 キャリアカウンセリングが非常に優れている 大手なのでベテランコンサルタントが誠実に対応してくれる ホワイトな非公開求人が非常に多い 介護施設側・介護事業所の信頼が絶大すぎる あなたの期待以上の求人を提供する事に誠意を尽くしてくれる!

介護施設長が選別した、国内屈指の介護・福祉系転職するならここです! すぐに辞めてしまう介護関係者さんが多い中、自分に合った職場をいくらでもご紹介して貰えるので素敵です! 1番のオススメ転職エージェントしか、私はオススメ致しません!

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-ケアマネージャー, 介護の現場, 介護福祉士, 転職について
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.