カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

ケアマネージャー 介護の勉強 介護福祉士 社会福祉士 精神保健福祉士

[ケアマネ必須]要介護1・2 の利用者が総合事業へ移行?

投稿日:

こんにちは!

前田裕です。

今回は、[ケアマネ必須]要介護1・2 の利用者が総合事業へ移行?について考えていきたいと思います!

いきなりのニュースで私自身ビックリしました。

まさか、次期介護保険制度改正では見送られたはずの要介護1・2の利用者さんへの生活援助を総合事業(地域支援事業)へ移行する審議会がまたもや再検討するとは・・・

いきなりのどんでん返しが起きそうです。

国の社会保障費が圧迫しているからこの様な議論に再燃化したのも理解できます。

しかしですよ、さすがに介護保険制度を要介護1・2の利用者さんへいきなり来年からは総合事業(地域支援事業)となりますと、いきなりの転換は現場のケアマネも家族も利用者さんもあたふたしますよ!

総合事業と言う事は、完全に市町村の負担にすると言う、投げっぱなしのやり方に問題がある訳ですよ。

47都道府県の財政事情は様々です。

貯金があれば、良いでしょうがそんな都道府県はありません。

完全に、国はこれ以上の社会保障費は捻出しない様な「介護保険制度」を作る事に今後念頭をおいていきます。

これは、実質上の介護保険制度の破綻に片足踏み込んだ状態にあると言う事なんですね。

そもそも医療報酬が高い為に介護保険制度が出来ましたが、実質言うと意味が無かったとしか言えません。

ちょっと、無茶振りしすぎですよ厚労省さん。

それでは、こんな状態の介護保険制度改正について、今回もよろしくお願いいたします!

社会保障費の圧迫が原因だけで介護保険制度を簡単に崩壊させる

国の考えは本当にお粗末だと感じました。

介護報酬が予想以上に国の財政を圧迫しているからと、地方自治体へ投げやりにする考えとは・・・

国の社会保障費の圧迫が原因なのは予想できなかったんでしょうか?

介護保険制度が誕生して20年が経ちます。

この間に何とかお偉いさんが知恵を絞って、徐々に総合事業への変更をもっと緩める事が出来なかったんでしょうか?

今回の、総合事業へ要介護1・2の利用者さんへいきなり来年度からって、急すぎますよ!

そんな審議会をするのが、介護現場を知っているプロの方々の意見なんでしょうか?

完全に国の言いなり審議会としか言えません!

そもそも要介護1・2は軽度者なのか?

介護現場で働く介護士やケアマネの皆さんはこう言うでしょう。

「要介護1・2は軽度者だけでは無い」とね。

先ず、利用者さんを要介護度の様に数値化する事自体が無理があるんですね。

しかし、介護保険制度上において数値化しなければ、点数による介護保険サービスの利用を制限しなくては社会保障費が圧迫する事を解っていたからです。

それが!要介護度での介護保険制度のサービス利用に制限を付ける算段に入ってきている訳です。

あれれ・・・

何の為に介護保険制度を作ったんですか?

としか言いようがありません。

国は甘く観ていました。

現時点において、要介護1・2の方は要介護認定を受けた方の総数の約4割を占めるんですね!

しかも、要介護度を数値化したのも間違いだったとしか言いようが有りません。

要介護1・2の利用者さんにも困難事例と言われる方や、ギリギリ要介護3に認定されなかった利用者さんも存在する訳です。

つまり、要介護1・2の方々は軽症者とは間違いなく言えない訳です!

そんな所へ現れたのが、民間の会社が高齢者介護事業へ参入しまくっているんですよね。

民間介護事業者が参入してしまい、介護事業所は飽和状態

民間介護事業者の参入はここ数年で相当な数の企業が介護事業を展開してきました。

悪く言えば囲い込み介護で、「介護報酬を頂こうじゃないか!」と言う考えです。

と言うか、介護報酬を頂く為にサービス付き高齢者住宅や有料老人ホームを建てたとはっきり言えます。

建てた社長さんはそんな本音は言えないでしょうけれども。

表向きの言葉が「特養に入れない、在宅介護が難しい高齢者様の為に!」と言っているんですね。

はいはい、そんな言葉をどこの民間の経営する事業所で幾度となく聞いてきたか・・・

本心は、とりあえず入居させてのデイサービスやヘルパー事業所・訪問看護ステーションを利用させる事です。

となれば少子高齢化社会の今では上手く稼げる産業は介護事業となる訳です。

しかし、そんな収益スタイルで稼ぐ事はケアマネは直ぐに解ります。

ケアマネは中立公正の元、ケアマネジメントをします。

そこで、最近は囲い込みを嫌うケアマネさんも増えていき、民間の介護事業所は淘汰されてしまっています。

もう介護事業所は飽和状態です。

高齢者をこれ以上食い物にしないで下さい。

介護事業者が増えすぎて介護報酬を減らすしかない

今回の、要介護1・2 の利用者が総合事業へ移行については、そうそうたる介護事業者が増えすぎた為とも言えます。

囲い込み介護事業者が、どれだけ社会保障費を圧迫しているか?

高齢者が増えれば、それだけ需要も増えて金になるなら介護事業者も増えるのは当たり前です。

需要と供給の世界で資本主義が成り立っている訳ですから。

しかし、要介護1・2の利用者さん達が、総合事業へ移行すると言う事で介護事業者はかなりダメージを受ける訳です。

例えば、利用者さんが多く支払う事が起きたてしまったり、介護事業所の収益が減ったりと言う事ですね。

ケアマネさんも、本当に生活援助が総合事業に本当に移管してしまえば、担当する利用者さんへの説明が必要になり、なんでお金をもっと支払わなければならないんですか?

みたいな、相当な説明の手間が掛かる訳です。

なので、要介護1・2の利用者さんを次期介護保険制度改正へ生活援助を盛り込むことが決定してしまうと結構大変な事態が待っています。

通所介護・通所リハへも適用されそうなので怖いと言うのが本音です。

それでは、ここまで読んでいただきありがとう御座いました!

以下にも様々な記事を記載しているので、読んで頂けると嬉しいです。

なぜ、介護士は転職を考えたほうがいいのか?介護施設長が本気で考えてみた

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-ケアマネージャー, 介護の勉強, 介護福祉士, 社会福祉士, 精神保健福祉士
-, , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.