カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

ケアマネージャー ケアマネージャーの勉強 介護の勉強 介護福祉士

高齢者向け配食サービスに求められる安否確認

投稿日:

こんにちは!

前田裕です。

今回は、高齢者向け配食サービスに求められる安否確認について考えていきたいと思います!

最近では、核家族化も進み田舎を出て行ってしまう若い世代が多く目立ちます。

私が介護の仕事をしている理由の1つにも独居の高齢者さんを介護支援して行くと言う事も、やりがいの大きな1つになっています。

国は在宅介護を意地でも推進していますしね。

ただ、それはそれで良い考えだとは思います。

しかし、在宅介護はそう簡単にはいきません。

国は在宅介護について、「地域包括ケアシステム」を地域包括支援センターへ丸投げしている状態です。

ただでさえ大変な地域包括支援センターです。

そこに総合事業とインフォーマルサービスを融合させて、「在宅介護をサポートして行こうじゃ無いか!」と考えている訳ですね。

しかし、実際には介護給付費の圧迫を抑える為と言う裏名目でもあると言う事なんですね。

確かに、介護給付費は社会保障制度において相当財政を圧迫しているのは事実です。

しかし、国のせいにばかりしてはいけません。

介護報酬があまりにも低すぎるので、サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームが乱立している状態です。

企業が、高齢化社会に目を付けた訳ですね。

そこに様々な介護保険事業所を併設させて儲ける仕組みを作ってしまった訳です。

しかし、今後そのような事業所は淘汰されていくと思います。

何故ならば、あまりにも競争が激化している為です。

そこで、有能なケアマネも簡単にそんな民間の介護施設への入居へは相当考えていると思います。

囲い込み優先のケアマネにはそれがもどかしいでしょう。

それでは、今注目を集めている配食サービスに求められる安否確認について考えていきたいと思います!

今回もよろしくお願い致します!

安否確認が徹底された高齢者向け配食サービスがある

高齢者向け配食サービス事業者にも様々な体系を取っています。

正直、ケアマネ目線から観て「こんなにも高齢者向け配食サービスに違いがあるのか?」と感じさせる程です。

私も正直びっくりしました。

大きく分けると安否確認をする高齢者向け配食サービスと安否確認は一切せずに、玄関口に1週間分置いて行くか渡すだけと言う大きな違いです。

どんな高齢者向け配食サービスを選ぶべきなのか?

特にケアマネの皆さんは気になる所だと思います。

出来れば、安否確認が徹底された高齢者向け配食サービスが良いですよね!

味は合う合わないが高齢者さんにもあるとは思いますが、安否確認をしてくれる事でケアマネや家族は相当な安堵感です。

それでは、どんな高齢者向け配食サービスを選ぶべきなのかを考えていきたいと思います!

お弁当を手渡しで高齢者さんへお届けする事が基本

配食サービス事業者にも直接手渡しする事を徹底している所もあります。

それが、ケアマネにとってどれだけのメリットがあるのか?

考えた事はありますか?

ただの食の確保だけなら、玄関口にお弁当を置いて行くだけの高齢者向け配食サービスを利用するでしょう。

しかし、それってなんか勿体無く無いですか?

例えば独居の高齢者さん宅へ1週間分ドンと置いて行く配食サービスにはデメリットが2点あります。

・1週間分のお弁当を渡すと言う事は冷凍庫に全て保存しておかなければならない。(冷凍庫はパンパンです)

・週に1度のお弁当の配達の為に、安否確認は出来ない(食べなかった分のお弁当代も請求する)

これら2点を優先するか必要な時に、玄関口でしっかりと高齢者さんと対面してお弁当をお渡しする高齢者向け配食サービスさんとでは大きな違いが生まれますよね!

地域包括ケアシステムにおいても大きく貢献出来るのが、毎食手渡しでのお弁当を配達する高齢者向け配食サービスの方が断然良いと言えます。

しかも毎回手渡しでお弁当を渡すので、慣れ親しんでいくと自然と「困った事は無いですか?」と言う様な日常会話もセットで自然に生まれてくるんですね!

介護保険制度でヘルパーさんへ生活援助として食事を作ってもらう事を毎日していると、点数も足りません。

そこで、基本徹底した安否確認を行う配食サービス事業者を利用する価値は高いと言える訳ですね!

お弁当がいらない日は前もって高齢者さんもお伝えすると言いだけなんです。

これからのインフォーマルサービスとして高齢者向け配食サービスは注目されていくでしょう。

制限食も電話1本で配達出来る高齢者向け配食サービス

制限食というと、糖尿病食や腎臓病食が高齢者さんにはメインになってくるかと思います!

これら制限食を電話1本で配達出来るのが高齢者向け配食サービスの真骨頂でもあります。

今や、ヘルパーさんは介護人材の中でも1番足りていません。

しかも制限食ともなれば作るにも相当な知識と経験が求められます。

管理栄養士のヘルパーさんであれば、何とかなるかもしれません。

しかし、そんなヘルパーさんは滅多にいません。

そんな事をするよりも、制限食をも直ぐに配達出来る高齢者向け配食サービスは相当有意義なインフォーマルサービスと言えるでしょう。

しかも、安否確認もしっかり行います。

そんな徹底された高齢者向け配食サービスの利用価値を、ケアマネも調べておくと良いでしょう!

これからの時代、ケアマネにはこの様なインフォーマルサービスをケアプランへ落とし込む事が重要視されます。

今まで以上にです。

地域包括ケアシステムを構築するにあたって、民生委員さんや友人の協力も勿論当たり前ですが、安否確認が徹底された有意義な高齢者向け配食サービスを活用してみるのも良いと考えます。

そして、ケアマネもそんな高齢者向け配食サービス事業者と意見交換を行う事で、モニタリングにもなります。

サービス担当者会議へ、高齢者向け配食サービス事業者さんも呼んでみましょう!

そこまでする事が、本当の在宅ケアであり、地域包括ケアシステムの構築にも一役担うでしょう!

ただの安否確認では無く、凄い安否確認となる訳ですね。

これからの時代、ケアマネも今まで介護保険制度ばかりに目を向けずに「インフォーマルサービス」を有効活用していきましょう!

これが、これからの地域包括ケアシステムに置いて当たり前になっていきます。

訪問介護事業所も生活援助で配食サービス事業者とタッグを組み、他に必要で有意義な生活援助や身体援助が出来る事で、ヘルパーステーションの存続にも大きく繋がるのではないかなと考えます。

サービス提供責任者である介護福祉士の存在意義にも将来的に見据えると、良い事だと思います。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

[介護施設長考察]安易に老人ホームを選択していけない?

◎派遣社員や正社員でも、高待遇でホワイトな福祉求人多数を取り扱っております。

時間の掛かる面倒な登録作業は不要!

リッチマン介護サービスは、私もおすすめの転職エージェントになります。

①正社員は勿論、派遣社員やパート大歓迎!②面接は交通費2,000円支給。

③面接への同伴可能。

④給与交渉可能。

⑤履歴書の代筆可能

⑥介護無資格者OK

介護施設長が特別に抜粋した良い転職エージェント!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」をご用意致しました。

パートや非常勤の介護士の採用も可能ですよ!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

担当者へ、自分に見合った就職先を一緒に見つけましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

大手企業で尚且つ超優良で非常に安心!

勿論登録無料で前代な安心感な転職エージェントです!

悩んだら、[マイナビ介護職]ですね!

現役介護施設長が選別した、国内屈指の介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士として、転職するならここです! オススメ転職エージェントしか、私はオススメ致しません!

介護の資格講座の受講料が無料になる『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます!

キャリアアップ制度を特別に準備完了!

介護職員初任者研修は約10万円以上掛かります。

そこまで、フォローしてくれます!

パートの様な非常勤での採用も可能です。

そして、なんと介護福祉士受験対策までもフォローしてくれるとは、驚きなエージェントさんですよ!

派遣介護士への特化型最高優良求人!

・介護福祉の派遣・求人ならきらケア派遣。

今、派遣介護士のニーズが求められています!

そして、自分に合った待遇や求人をコーディネートしてもらえるから安心して生活スタイルにマッチします!

無資格でもオッケー、良い派遣介護士ライフを送りたいあなたへ!

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-ケアマネージャー, ケアマネージャーの勉強, 介護の勉強, 介護福祉士
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.