カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

ケアマネージャーの勉強 介護の勉強 介護の現場

介護老人保険施設の現状は在宅復帰が難しい

投稿日:

こんにちは!前田裕です。

今回は、介護老人保険施設の現状は在宅復帰が難しいについて考えていきたいと思います!

介護老人保健施設は、創設された時には「病院から在宅に移るための中間施設」として位置付けられています。

しかし、現状は厳しいものです。

何と、日本における介護老人保健施設から在宅復帰出来た高齢者は2割に満たないと言う結末です。

そして、更にびっくりする事に「また病院等の医療機関への入院をしたい」と答えた方が約6割にも登ります。

一体、介護老人保健施設の存在価値はどうなっていくうのでしょうか?

私からの実感でいうと、居宅ケアマネ時代に介護老人保健施設へ入所する事が特養への入所待ちで利用する方が殆どでした。

悲しいながらの現状ですが、これだけ在宅復帰が介護老人保健施設施設の役割を改めて考え直して良い意味での在宅復帰に繋がれば良いなと考えています。

介護老人保健施設にだって良い側面もある事をお伝えできればと思います。

それでは、今回もよろしくお願い致します!

介護老人保健施設から在宅復帰は自宅だけでは無い

前述した通り、介護老人保健施設から完全に自宅への在宅復帰はほぼ不可能な現状です。

完全にと言った言葉には理由があるので、以下ご参照下さい。

私自身、介護老人保健施設で介護士として働いていた事がありますが、一旦在宅復帰をしても1ヶ月後にはまた老健へ再入所という事が殆どでした。

しかし、介護老人保健施設が在宅復帰が出来ない介護保険施設だと言うレッテルを貼ってはいけません。

介護老人保健施設だからこそ出来る介護支援やリハビリが充実しているのが魅力の1つです。

介護老人保健施設でこれからの超高齢化社会を担う役割について考えてみたいと思います。

自宅だけが在宅復帰では無いと言う視点について重きを置いて考えて見ましょう!

これからの介護分野では難しいとされてきた事が、介護・福祉に携わる方々が身に付けていかなければいけない時代に突入しています。

在宅復帰は自宅だけが帰る先では無いと言う理由

介護老人保健施設では、在宅復帰が出来るように人員配置が介護老人福祉施設よりも医療面やリハビリに相当特化しているのが特徴です。

その大きな違いが、介護老人保健施設では常勤として医師と看護師の配置が義務化されています。

それだけ、在宅復帰への中間施設として役割を担っているんです。

そして、これからが今からの時代に合った考え方の一つを考えました。

と言うか、そう時代は変化していきます。

例えば、老健からの在宅復帰は自宅だけで無くサービス付き高齢者住宅や有料老人ホーム・グループホームも良いのでは?

と言う事です。

高齢者さんが必要とする介護支援が行える「住処」として、これらを考えるべきだと思います。

これも、「在宅復帰」だと呼べると思うからです。

そして、リハビリや体調の変化としてまた介護老人保健施設への入所が必要であれば、そうすれば良いと言う事です。

この、ハイブリッドな介護観念がこれからの地域包括ケアにも大きく関係していくと考えます。

高齢者さんと地域との関係性も重要な役割を果たします。

国も、地域包括支援センターの役割である地域包括ケアシステムを最重視しています。

この様に、フォーマル・インフォーマルサービスを柔軟に活用する事で高齢者さんの生活や在宅ケアが出来るでしょう。

なので、介護老人保健施設からの在宅復帰も昔の様に完全に自宅だけの選択肢だけで考えないで良いと思います。

最初は難しい、と思うかもしれません。

しかし、介護・福祉の分野も時代に合わせて発展しています。

介護老人保健施設と在宅復帰の柔軟性が大切

これからの介護保険制度での在り方として、今まで介護老人保健施設は「結局特養待ちの介護施設でしょ」と安易に考える方も多いです。

しかし、それはもう古い考え方で在宅復帰として自宅の存在は1番ではあるものの、無理に自宅へ戻ると言う事が出来ない高齢者は他の施設も考えてみましょうと言う柔軟性です。

介護支援って難しいですよね?

在宅介護だろうが施設介護だろうが、それぞれの大変さがあります。

しかし、適材適所でケアマネや病院のソーシャルワーカー・相談員と共に高齢者さんや家族への最善なアプローチを考えていく事がとても意味をなします。

介護老人保健施設は私が考えるに、最高の在宅復帰特化型の介護保険施設だと思います。

そして、それからの在宅復帰はその方に関わる方々が総じて支援していく事で、高齢者さんは「安心」が出来るんです。

この様な柔軟な動きが出来る様になるには、介護老人保健施設のケアマネさんと在宅のケアマネさんが綿密に相談し合いながらこれからの介護支援を行っていくと言う事です。

又、介護老人保健施設は在宅と病院の中間施設である為、地域病院のソーシャルワーカーとも良い関係性を保つ事も大切です。

そして、地域包括支援センターや自治会長さんとも連携を取っていく事です。

この様に、地域の関係者と関わる事が地域包括ケアシステムの構築となっていくわけですね!

介護老人保健施設で働いている皆さんの頑張りは決して無駄ではありません。

現場の介護職員や看護師・リハビリスタッフ・医師共に頑張りながら、在宅へと繋げる担い手として頑張って行ければと感じます。

在宅復帰は介護老人保健施設では難しい」とは言わせない事が大切です。

常に発展していく考え方は大切ですよね。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

以下にも様々な記事を書いていますので読んで頂けると嬉しいです。

[介護施設長考察]安易に老人ホームを選択していけない?

高待遇なホワイトな介護福祉求人を多数取り扱っております

しろくま介護ナビは、今まで散々介護転職サイトで失敗した方へ非公開求人(ホワイト求人)をご紹介できます!

詳細は以下をご覧ください。

しろくま介護ナビのメリット5選!

①正社員はもちろん、非常勤も可能!

②専任のコーディネーターが丁寧に転職支援します。

③他の求人サイトを利用したがうまくいかなかった方へ親身に対応!

④有給休暇が取りやすい・残業少なめなホワイト求人に特化している!

⑤厚労省認可の安心できる転職を応援!

 

 

介護施設長が特別に抜粋した良い転職エージェント!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」をご用意致しました。

パートや非常勤の介護士の採用も可能ですよ!

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

担当者へ、自分に見合った就職先を一緒に見つけましょう!

3福祉士に対応可能!専任のキャリアアドバイザーがあなたに優しくフォローしてくれます!

大手企業で尚且つ超優良で非常に安心!

勿論登録無料で絶対的な安心感な転職エージェントです!

悩んだら、[マイナビ介護職]ですね!

現役介護施設長が選別した、国内屈指の介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士として、転職するならここです! オススメ転職エージェントしか、私はオススメ致しません!

介護の資格講座の受講料が無料になる『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます!

キャリアアップ制度を特別に準備完了!

介護職員初任者研修は約10万円以上掛かります。

そこまで、フォローしてくれます!

パートの様な非常勤での採用も可能です。

そして、なんと介護福祉士受験対策までもフォローしてくれるとは、驚きなエージェントさんですよ!

もちろん全て無料で転職支援をしてくれますよ!

高給特化型転職への介護職・福祉職におすすめ!日本全国対応

◎派遣社員や正社員でも、高待遇でホワイトな福祉求人多数を取り扱っております。

リッチマン介護サービスは、高給を目指す介護職におすすめの転職エージェントになります。

そして、実は隠れ案件です。

私のとっておきという訳です。

介護施設長になれたのも・・と言う事です。

①月給40万円・時給2,000円求人多数。

②面接は毎回交通費1,000円支給。

③面接への同伴可能。

④厚労省認可の安心さと無料で利用可能

⑤履歴書の代筆可能

⑥介護無資格者OK

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-ケアマネージャーの勉強, 介護の勉強, 介護の現場
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.