カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場

[介護士必見]糖尿病低血糖での高齢者の食事とは?

投稿日:

こんにちは!前田裕です。

今回は、[介護士必見]糖尿病低血糖での高齢者の食事とは?

について考えていきたいと思います!

介護士として、高齢者さんが低血糖になった場合や、低血糖症状を見逃してしまったりする事はありませんか?

健康な普通の人間の方でも、低血糖になる事は普通にあります。

特に多いのが、食事で十分な糖分の補給が出来なかったりした際が多いです。

人間の体は、血糖値が下がるとインスリンの分泌量が減ってしまいます。

そこで、血糖値を上げるホルモンが分泌される仕組みになっています。

そうした働きにより、血糖値が下がりすぎない様に調節されているんですね!

なので、糖尿病を患ってしまうとインスリンの分泌が上手く出来ずに血糖コントロールが自然に出来ないという訳です。

この辺りは、介護士必見だと思いますので覚えておきましょう!

それでは、今回もよろしくお願い致します!

高齢者の低血糖症状について解説!

 

介護士の皆さんは、高齢者の低血糖の症状についてどこまでご存知ですか?

今回、高齢者に起こりやすい低血糖の症状について考えていきたいと思います!

・冷や汗や強い動機

これは急に顔面蒼白であったり、動機が突然出現したりする場合には低血糖症状の可能性大ですので直ぐに看護師や医療従事者に報告しましょう!

・急なめまい

これもさっきまで元気だった高齢者さんがめまいがすると訴えてきた場合です。

糖尿病でない場合もありますが、明らかに持病として糖尿病に罹患されている事を知っているならば看護師や医療従事者に報告しましょう!

・意識レベルの低下

これも糖尿病では低血糖症状では、よく起きる事の1つです。

糖尿病に罹患していなくとも、緊急な場合も考えうるので早急に介護士や医療従事者に報告しましょう!

というか、大きな声で職員へ直ぐに伝える事が大切です。

低血糖を起こした高齢者への対処方法!

先ず、上記でご紹介した様な低血糖症状が見受けられたら、医療従事者へ報告する事でなんとかなるパターンが多いですが介護士や介護福祉士もどういう対処方法が必要なのかを知っておく事で、医療従事者の指示で出来る事もあります。

・意識があるか無いかで緊急度も大きく違う!

先ず意識がある場合は、ブドウ糖を10g含む砂糖や飲み物を摂取する事で低血糖を起こした高齢者さんを救う事が多いです。

それでも意識が回復しない場合は、直ぐに救急搬送か医療機関を早急に受診しなければなりません。

低血糖だからとあなどってはいけません!

・意識が無い・又はもうろうとしている!

この様な場合は、口からブドウ糖を摂取する事すら出来ない状況なので直ぐに医療機関を受診するレベルです!

因みに、介護士も必見なのは医療機関へ着くまでに、応急処置として看護師さんや医療関係者の指示のもと、唇や歯肉へブドウ糖を塗るという方法もあります!

知っておいて損は無いでしょう!

高齢者の糖尿病は食事から予防していこう!

高齢者の食生活は一般的に、バランスの良い食生活を送っている方が多いかとは思います。

しかし、糖尿病の方の食事には注意しなければいけません。

又は、糖尿病予備軍の高齢者の方の食事も予防できますので、食事がどれだけ大切かが解ると思います!

基本的には野菜中心の食生活がメインとなります。

糖尿病以外の病気への対策にもなりますよね!

しかし、野菜ばかり食べていても、たまには美味しいものも食べたいですよね!

食事の最初は野菜からよく噛んで食べる事も大切ですね!

何故でしょう?

それは、野菜からよく噛んで食べる事で、血糖値の急激な上昇を抑える効果があるからです!

そして、重度の糖尿病にならない為にも糖尿病食を摂取することはとても大切なことです!

糖尿病食は、基本的にカロリーを抑えた食事制限食になります。

この様に、高齢者の方へ食事療法を行うことで低血糖症状や高血糖症状もある程度抑えることが出来るという事です。

勿論、それに加えて運動療法も同時進行で行うことがとても大切ですね!

高齢者の糖尿病は、合併症の発症が1番怖いですね!

食事から予防していくことが大切であるのは、とても重要な事です。

介護士や介護福祉士の皆さんも、必見な内容なのでこれを機に高齢者の糖尿病について勉強していけると、自分の介護ステータスも上がり良い介護支援が出来るでしょう!

勿論、ケアマネジャーもインフォーマルサービスとして配食サービス事業者を利用する際に必要な知識だと考えます。

在宅介護においても、楽しい食事と健康はセットだと思います。

様々な介護保険サービスや、糖尿病についての理解と知識をしっかり持っておく事は大切な事ですから。

自分で調べても解らない事は、栄養士や主治医へ相談することも大切ですね。

糖尿病の高齢者さんへ、多方面からの介護支援を行う事はとても重要です。

以下に、高齢者の高血糖についても詳しくご紹介していますので是非、ご参照いただけると嬉しいです!

[介護士必見]糖尿病高血糖での高齢者の食事とは?

それでは。ここまで読んでいただきありがとう御座いました!

 

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.