カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場 介護福祉士

コロナ禍で脚光を浴びる小規模多機能!

投稿日:

こんにちは!前田裕です。

今回は、コロナ禍で脚光を浴びる小規模多機能!について考えていきたいと思います!

先ほどツイートしましたが、介護保険事業所でのクラスター(集団感染)の日本全体基準で占める割合は、なんと20%だそうです。

とある京都大学の教授が話しておりました。

「そんなに介護をクラスター源にしないでくれよ〜」

と感じましたが、さすがに3密は介護の世界では難しいです。

ソーシャルディスタンスを守って介助なんて出来ませんから。

国へは早急に、介護現場においてのソーシャルディスタンスをお願いしたい所ですが、介護現場においてのソーシャルディスタンスは間違いなく難しいです。

だって、介護する側にとって入浴介助や食事介助を距離がとれますか?

という簡単な話です。

医療現場ばかりが危惧されていますが、介護現場をもっと観てくださいよ!

としか言えません。

そこで、今回私が注目した介護サービス事業者が今になり脚光を浴びるのでは無いか?

そう考えている介護事業所があります。

勿論、居宅介護サービスです。

それは、小規模多機能だという事です。

正式には、小規模多機能型居宅介護支援事業所ですね!

そんな、小規模多機能がこれから何故脚光を浴びるのか?

色々な検知の元、考えていきたいと思います!

それでは、今回もよろしくお願い致します!

小規模多機能で助かる高齢者とは?

今回、高齢者がこのコロナウイルス禍の中でデイサービスの利用を制限されたり、デイサービスに行けなかったりするのでしょうか?

それは、「ステイホーム」が原因です。

又は、基礎疾患を多く罹患している高齢者はコロナウイルスでの死亡率が高い傾向にあるからです。

これは、私が考えるに政府が大げさすぎたのでは無いか?

という所に尽きます。

高齢者にとって在宅生活を送る事は、全ての方には当てはまりません。

重度の要介護者は、1人で家で生活する事は出来ません。

昔のようなお隣さんのような感覚での生き方では現代社会において無理だという事です。

そこで、小規模多機能を利用する事において、通いが難しいこの時期も訪問や泊まりで対応可能という所です。

しかし、泊まりは基本的にどこの小規模多機能では泊まりっぱなしの事業所が多いので、訪問に特化することが一番の利点です。

何せ、1日に何回も利用出来るというメリットです。

しかし、そこには介護人材不足というどうしようもない現実も存在します。

これをどう改善していくかは、経営者の頑張り次第という所です。

又、小規模多機能でも訪問の回数を増やしたが良い利用者さんがいるはずです。

その方のタイムスケジュールを考え、ケアプランに反映させて出来る限りの介護支援を行っていきましょう!

通いの利用者さんへは、ちょっとした密にもならない様に事業所なりの工夫を取り入れることが大切ですね!

小規模多機能であれば、通いの曜日や時間も利用者さんへの理解も頂き、結構デイサービスよりも融通が効くはずです。

職員一丸となって、介護支援が出来る今のコロナウイルス禍でのスタイルが出来るのが小規模多機能だと考えます。

小規模多機能でコロナウイルスを吹っ飛ばせ!

コロナウイルスの問題は、直ぐに収まるとは考えていません。

もしかすると、インフルエンザの様にこれから付き合っていくウイルスなのかもしれません。

そう考えると、やはりどこの介護保健施設や介護保健事業所でもそれなりの対策を早急に講じる必要があります。

ウイルスは基本的に紫外線に弱い傾向にあるので夏の間は、感染者も大きくは出ないかもしれませんが、秋からが怖いですよね!

空気が乾燥してくる時期にまた大きな感染爆発が起きかねません。

そこで、今のうちに小規模多機能では利用者さんへ周知徹底する事やデイサービスも訪問介護も感染リスクマネジメントを考えて置かなくては、大変な事になるでしょう。

やはり、そこで活躍するのが柔軟なサービスが提供出来る小規模多機能はこれから脚光を浴びると思います。

介護士や看護師の皆さんのおかげで成り立っている介護業界です。

日頃から頑張っている皆さんの力でコロナウイルスウイルスを吹っ飛ばしましょう!

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!

以下にも様々な記事をご紹介していますので是非ご参照頂けると嬉しいです!

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場, 介護福祉士
-, , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.