カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場

コロナウイルスの影響で高齢者がショートステイの利用増

投稿日:

こんにちは!前田裕です。

今回は、コロナウイルスの影響で高齢者がショートステイの利用増について考えていきたいと思います!

最近、私自身ケアマネさんから良く聞くのに「家族が県外への仕事に行くので、万が一コロナウイルスの感染リスクを減らしたいからとりあえず2週間、ショートステイへ」

と言う相談が増えてきているそうです。

そう言うショートステイの利用は初めて聞きましたが、今2週間ショートステイを利用することに意味が本当に意味があるのかは定かではありませんが。

利用の仕方が適切であれば良いかと思いますが、それには怖い現実も実はあります。

そんなコロナウイルスへの感染リスクのある高齢者をショートステイ側は受け入れる訳ですから。

その辺りも、慎重に考えたが良いと思います。

今や、病院からのショートステイへの受け入れも感染リスクをしっかりと考えていかなければ1名でもコロナウイルスに罹患すると閉所せざるを余儀なくされます。

そんな事態にならない様にしっかりとショートステイ側はコロナウイルスの影響をよく考えておく事は当たり前ですがとても大切です!

それでは、今回もよろしくお願いいたします!

ショートステイの本来の利用方法

先ずショートステイは、当たり前ですが「在宅介護保険サービス」になりますよね!

例えば、家族と高齢者さんが同居していているが、家族が不在になる事がある場合に、高齢者が一時的に在宅生活をする事が難しい、又は不安だなと言う時にショートステイを利用する訳ですね!

他にも、家族の介護負担を減らしたいと言う目的でもショートステイは活躍します。

しかし、現状は特養待ちのロングでのショートステイの利用者が大半を占めており、ショートステイ自体も現状あまり空床が無いと言う事が現状です。

しかし、それに追い討ちをかけて、コロナウイルスの感染リスクを防ぐ為にショートステイを利用するとなると、本来のショートステイの利用者が利用出来ないと言う事にも繋がる危険性も実はあります。

ショートステイの存在意義とコロナウイルスへの対策

正直、コロナウイルスにもしかしたら罹患しているリスクのある高齢者の受け入れはかなりハイリスクへの対策が必要です。

受け入れをする際は、高齢者と利用予定の家族間の生活状況を把握する必要性がかなり強いられます。

私なら、そこまで考えてから受け入れをします。

ここは、感染症リスクマネジメントをしっかりと再認識して、看護師やショートステイを利用予定の高齢者さんの主治医へ相談する事が大切ですね!

本来のショートステイの存在意義とは違う受け入れの仕方やコロナウイルスへの感染リスクを考えないといけないので大変である事は覚悟しましょう。

又、いつもショートステイを利用してくれる高齢者さんの生活環境もよく考えていかなければいけないと言う事が同時に言えます。

介護保険施設であれば、あまり入所者の変動は無いですがショートステイは出入りが多いからと言う事です。

私自身、コロナウイルスの影響を考えると相当受け入れを担当する相談員さんや依頼するケアマネさんとの密なやり取りは今まで以上に必要であると、警笛を鳴らします。

ここは本当に重要です。

ただでさえ、免疫力が弱い高齢者はコロナウイルスへ罹患する事で若い世代よりも致死率が高いので、よく考えてショートステイは受け入れを考えましょう!

コロナウイルスの最新情報は常に把握する事

とても、難しい問題ですが介護現場や生活相談員もよくコロナウイルスについての情報は他の事業所とも連携しながら切磋琢磨していかなければいけない事態です。

大変だとは思いますが、高齢者は勿論、介護士や看護師も守らなければショートステイ自体が閉鎖になってしまっては相当な問題になります。

今回は、コロナウイルスの影響で高齢者がショートステイの利用増について考えていきましたが、今回の記事はショートステイが何やら感染リスク大だなと感じたので早急に記事を書いています!

ショートステイの利用目的が、家族にコロナウイルスに罹患する危険性がある方が居る場合の一緒に住む高齢者さんの受け入れはよく考えましょうね!

本当にコロナウイルスの影響は今後も目が離せない状況でもあるので、大変は承知の上ですが、全国の介護士・介護福祉士で大きな声を挙げていきましょう!

常にコロナウイルスへの最新情報は把握するように努めましょう!

頑張れ介護士!

負けるな介護士!

それでは、ここまで読んでいただきありがとう御座いました!

以下にも、様々な記事を挙げていますので是非よろしくお願いいたします!

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.