カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

ケアマネージャー ケアマネージャーの勉強 介護の現場

ケアマネはケアプランよりもアセスメントを重要にしよう

更新日:

こんにちは!

カイゴのティータイム運営者の前田裕です。

今回は、ケアマネはケアプランよりもアセスメントを重要にしようについて考えていきたいと思います!

先ずケアプランについてですが、要支援・要介護認定を受けた方は介護保険サービスを受ける事が出来ますね!

そこで、必ず必要になってくるのがケアプラン(介護支援計画書)になります。

勿論、在宅介護だろうが施設介護だろうが変わりはありません。

そこで、ケアマネの登場になります!

介護保険制度の誕生と共にケアマネジャー(介護支援専門員)も同時に生まれた訳です。

ケアマネは介護保険制度の中枢を担う者という訳です。

つまり介護保険制度の要である存在なんですよね!

しかし、ケアマネは偉い訳ではありません。

たまに強気なケアマネさんをお見受けすることもありますが、それは間違いです。

「私の利用者さん何だから、言う事を聞きなさーい!」

みたいなケアマネさんですね。

(結構、古参の居宅ケアマネに多い傾向です)

ケアマネは、その方に合った介護支援を関係各所と連絡・連携を取りながら、しっかりとしたケアプランを元に、利用者さんや入所者さん本位でのケアマネジメントを行う事が主な業務になります。

しかし未だに介護保険サービスを元にケアプランを作成する事が多いのが現状です。

そんなこともあり、ケアマネ不要論も出てきた訳ですね。

まー、社会福祉士がいるじゃないかと言う意見が多数を占めますが・・

しかし、ケアマネは決して不要ではありません!

ケアマネ1人1人が、これから話していきますが「アセスメント」を重要にしよう!

と言うことの大切さをお伝えしていきますね!

それでは、今回もよろしくお願いいたします!

ケアプランの前にアセスメントの重要性

先ずアセスメントは、簡単に言うと「状態の把握」の意味をなします。

ほとんどのケアマネがアセスメントをケアプランへ上手く反映出来ていないのが現状です。

しかもアセスメントシートへの記入についても「あれ?何だこれは?」「この方は一体どういう身体的・精神的状態何だ?」

と言う疑問にぶち当たる事がとても多いのです。

それだけ、アセスメントは重要にしようと考えて欲しいのが願いです。

書類だらけで、そんな時間が無いと言われればどうしようも出来ませんが、少し意識するだけで数倍解りやすいアセスメントが完成し、それをもろに反映した素晴らしいケアプランが完成する訳です。

アセスメントシートへの記入例をご紹介!

私はアセスメント自体の書き方を工夫しています。

誰が観ても、「なるほど、こう言うマンパワーがあるんだ」「こう言う動作が出来るんだ」「こう言う支援方法が必要だな」

と、アセスメントシートを観るだけで大体どんな方かをある程度予測出来る事がとても大切だと言う事です。

アセスメントシートへの記入例や考え方を以下にまとめてみました!

1.アセスメントシートへ記入する際はあまり専門用語を多用しない

これは、介護士初心者や他の関係者にとって解りやすくて読みやすくする為です。

2.「〜出来ない」を多用しない事

これは、とても多くのケアマネは勿論、相談員の方にも言える事です。

〜出来ないばかりが書かれていると、介護支援する側からすると「一体、何を介護支援していったらいいんだ」「この方は何が出来るんだ」

となる訳で、全くアセスメントとはならないです。

恐らくケアマネは研修でも学んだはずです。

例えば、「〜する事ができる」「〜は出来るが立ち上がりの際にズボンの上げ下ろしの支援が必要」

こんな感じで、挙げればキリがないですが、書き方一つでポジティブケアプランも書きやすくなる訳ですし、何より介護支援側が介入しやすくなる訳です。

ケアマネも常に初心を忘れない事が重要

今回は、ケアマネはケアプランよりもアセスメントを重要にしようについて考えていきました!

ケアマネはアセスメントを重要視して解りやすくする事が重要にする事で、ケアプランもそれだけ質が上がると言う訳です。

そのためにケアマネは初回面談(インテーク)も重要で、そこから時間をかけてフェイスシートやアセスメントシートを書いていく事です。

ちょっと意識する事がとても大切だと言う事です。

それが癖になってくると、自ずと良いアセスメントも出来るようになり、他の介護支援事業者さんからも、「解りやすくて良いケアマネさんだなぁ」とお気に入りになりますよ!

[試験対策]介護福祉士やケアマネ試験勉強を早く始める理由!

そして大切なことは、ここまでお伝えしてきたことは居宅ケアマネだけでは無く施設ケアマネも同じことが言えますね!

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!

以下にも様々な記事をご紹介していますので、是非ご参照頂けると嬉しいです!

また、コメントもお待ちしております。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談することが重要。

担当者へ、自分に見合った就職先を伝えましょう!

介護・福祉職対応可能!専任のキャリアアドバイザーへ何なりと希望をお伝え下さい。

介護職としてもう疲れた方へ。

もう人間関係で悩まなくて良いです。

もっと精神的にやりがいを感じれる福祉の職場へ。

悩んだ時は、[マイナビ介護職]がおすすめ!

正社員から派遣社員・パートまで完全対応。

高給与と安定を目指す方向け(実は穴場です)

やりがいと給与を絶対に上げたい福祉職の方限定。

(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネジャー)は特に大幅な給与アップの可能性大です。

そして重要な、人間関係や職場環境を他の転職サイトより詳しく知っているという声が多数な状況。

もちろん全国対応です。

  • この記事を書いた人

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です! このサイトでは、介護職や他の福祉職の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護や福祉の現場がより良くなっていくためには、どうしていけば良いのか? そんな、悩みが解決出来たらなと思います。

人気の記事

1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-ケアマネージャー, ケアマネージャーの勉強, 介護の現場
-, , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.