カイゴのティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

syakai - 社会福祉士の実習は辛い?実習内容のまとめ

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。

このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。

介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

 

社会福祉士

社会福祉士の実習は辛い?実習内容のまとめ

更新日:

今回は社会福祉士の実習について触れていきます。「辛い」というコメントの非常に多い、社会福祉士の実習ですが、実際のところはどうなのでしょうか?辛いとしたら、どういった実習内容が辛いのでしょうか。これから実習をする方にとっては気になる点だと思います。社会福祉士の実習を行った人の声を参考にしながら紹介していきます。

社会福祉士の実習先はどこ?

社会福祉士になるために通う大学や短大、専門学校では社会福祉士養成課程のカリキュラムの中に、必ず「実習」が含まれています。その実習を行う場所は、

  • 社会福祉協議会
  • 福祉事務所
  • 地域包括センター
  • 特別養護老人ホーム
  • 障害者施設

などです。実習先は学校から提示される候補の中から選択するのが一般的です。行く場所によって実習内容は変わるので、選ぶ際には事前に下調べをしておくといいですね。

実習先が決まると、実習内容は事前に教えてもらえるので勉強もしておきましょう。実習が始まる前に事前知識が無いと、実習中かなり苦労することになる時もあります。(用語など)

syakai - 社会福祉士の実習は辛い?実習内容のまとめ
社会福祉士の就職先はどこ?活躍の場をまとめてみました。

社会福祉士をこれから目指す方や、転職をしようという人にとって「社会福祉士の就職先」や「どんな仕事をしているのか」は気になりますよね。今回の記事では、そんな社会福祉士の就職先についてまとめました。社会福祉士の主な仕事は?社会福祉士がどんな仕事をしているのかを紹介します。社会福祉士は、身体的・精神的・経済的にハンディキャップのある人を支えることが主な仕事で、その際に他の分野の専門職と連携を取ること...

続きを見る

syakai - 社会福祉士の実習は辛い?実習内容のまとめ
社会福祉士の平均年収・給料はいくら?手取り15万円ってほんと?

社会福祉士の給料について、気になる方も多いと思います。なかには手取り15万円と書いてあるサイトもあります。実際に平均年収等から手取りの月給、年収を推測してみたので参考にして下さい。社会福祉士の平均年収・給料社会福祉士の平均年収(平成26年)雇用形態平均年収男性正規職員450万円非正規職員(常勤)315万円非正規職員(パート...

続きを見る

社会福祉士はどんな実習をするの?

syakai - 社会福祉士の実習は辛い?実習内容のまとめ

社会福祉士の実習はどんなことをするのでしょうか?これが事前にわかっているだけでも、実習先での心の余裕が変わると思います。社会福祉士を目指す方は絶対に知っておいたほうがいい知識です。

社会福祉士の実習内容はもちろん実習先にもよりますが、

  • 相談業務
  • 介護業務

大きくこの2つに分けられます。それぞれの業務内容について、説明をしていきます。

syakai - 社会福祉士の実習は辛い?実習内容のまとめ
社会福祉士の仕事内容

社会福祉士の仕事内容って具体的に何なんだろう?って思ったことはないでしょうか。意外と名前は知っているけれど、社会福祉士の仕事内容をイメージできていないという方のために今回の記事で紹介していきます。社会福祉士の仕事について社会福祉士は、主に身体的・精神的・経済的にハンディキャップのある人やその家族を支えることが主な仕事です。各医療機関との連携をし、患者やその家族と医療機関のパイプ役となります。「...

続きを見る

相談業務

社会福祉士の主な業務である相談業務を実習で学ぶことができます。相談業務は例えば、「利用者から、生活上の援助項目の相談に乗り、援助内容の設計・手配・評価を行う」といった内容です。

実際には、社会福祉士として仕事についたとしても、1年目からこういった経験をできることは稀で、キャリアの長い相談員が対応することが多いです。そのため、社会福祉士以外の方が担当することもあります。

介護業務

syakai - 社会福祉士の実習は辛い?実習内容のまとめ

社会福祉士は相談業務が主な仕事なのですが、実習の時は介護業務が多いのが現状です。

介助が必要な人に対して入浴介助や食事介助、トイレの誘導、レクリエーションの企画などを行います。

相談業務、介護業務どちらにせよ初めての経験になるはずなので、かなり戸惑うことになりますが、積極的に学ぶ姿勢を忘れずに実習を行うことが大切です。

実習中は担当が付いてくれるので、相談をしながら社会福祉士の仕事について学ぶことで、自分の社会福祉士としての将来のことを考える時間も設けることができます。実習は有意義に活用しましょう。

syakai - 社会福祉士の実習は辛い?実習内容のまとめ
社会福祉士の仕事は大変?仕事がないってほんとなの?

「社会福祉士は国家資格だし、仕事もお給料も安定してるでしょ。」という安易な考え方で社会福祉士としての資格取得を目指している人が多いようですが、その考え方が命取りになるケースもあります。今回の記事では、社会福祉士の仕事の現状について触れていきます。社会福祉士は「国家資格」が必要社会福祉士は、国家資格にどう隠して有資格者とならないと「社会福祉士」とは名乗ることができない名称独占資格の職業です。社会...

続きを見る

社会福祉士の実習は辛い

ここからは、実際に社会福祉士の実習を経験した人の声を紹介していきます。実際に辛いという言葉を聞くことが多いですが、このコメントを見るとどの当たりが辛いかがわかるかと思います。

担当が相手をしてくれない

syakai - 社会福祉士の実習は辛い?実習内容のまとめ

社会福祉士実習がはじまったのですが・・・
実習先は従来型の特養です。担当はついても忙しいという理由でほったらかし。
レクレーションの知らせを聞いては自分から言って参加させてもらい、なるべく自分から言っていくようにしたのですが、ますます(自分で勝手にやれているからと)ほっとかれる始末。
珍しく担当が「なにかやりたいことある?」と声を掛けてきたので思い切って希望を伝えたところ、答えている途中にふっと興味をなくしたように利用者の食事介助に行ってしまいました。
食事中のため下手に利用者と接触することもできず、他職員もチラチラ見てきて気にはしてくれるものの自分の仕事に追われ、何の指示も与えられず立ったままのわたしを利用者は不審がり、とても居心地が悪かったです。
この時の担当はフロアリーダーでした。もう一人の実習生には別の担当が付いており、そちらは食事介助を行わせてもらっていたのでますますやるせなくなりました。

> 続きを読む 

-社会福祉士
-, , , , , , , , ,

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

newjob - 今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法
今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

続きを見る

Copyright© カイゴのティータイム , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.