カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。

このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。

介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

 

社会福祉士

社会福祉士の仕事は大変?仕事がないってほんとなの?

更新日:

「社会福祉士は国家資格だし、仕事もお給料も安定してるでしょ。」という安易な考え方で社会福祉士としての資格取得を目指している人が多いようですが、その考え方が命取りになるケースもあります。

今回の記事では、社会福祉士の仕事の現状について触れていきます。

社会福祉士は「国家資格」が必要

社会福祉士は、国家資格にどう隠して有資格者とならないと「社会福祉士」とは名乗ることができない名称独占資格の職業です。

社会福祉士として仕事をするためには資格を取ることが必須条件なので、仕事をしながら、合間の時間に資格取得のための勉強をする人が多いようです。

名称独占資格とは?

名称独占資格というのは、「資格を持っていないと、その職業であると名乗ることができない」資格です。

資格を持たずして相談員のような仕事をしている人がいるのは、社会福祉士が名称独占資格だからです。

業務独占資格とは?

名称独占資格とは違い、業務独占資格は、「資格を持っていないと、その業務を遂行することができない」資格です。

少し言い方を変えると、業務独占資格の場合には資格を持っていなくても「〇〇という職業です。」と名乗ることは可能だということです。

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士は、相手にする人も仕事も多岐に渡ります。子供からお年寄り、障害者も知的障害者も相手にします。

主な業務は相談業務です。医療機関や行政機関などの関係機関と連携を取りながら、入院のサポート、カウンセリングなどを行います。

「社会福祉士」として一括りにしてしまうとこのように大まかな説明になってしまいますが、就職先によって業務内容は異なるので、事前に確認をしてくださいね。

社会福祉士は大変?

社会福祉士の仕事は、多くの人の生活や将来に関係してくる仕事なので、一緒に悩み、一緒に考えることが多く、非常に心労が溜まりやすい仕事です。

急にカウンセリングをした相手からの呼び出しがあったり、職場によっては人手不足の影響で通常業務範囲外のこともやらなければならないこともあり、サービス残業も慣例化してきている職場もあるため、大変と言えます。

社会福祉士の仕事の大変さや本音・勤務先について

社会福祉士は仕事がないの?

「社会福祉士は国家資格だし、資格を取っておくのもいい。それに、仕事もたくさんあるだろう。」と思って勉強をし、資格試験に臨む人がいるかと思いますが、仕事の割に給料が低かったり、仕事はあっても満足できない状態に陥る可能性もあります。

社会福祉士の平均年収・給料はいくら?手取り15万円ってほんと?

社会福祉士は合格率が30%近い

社会福祉士としての仕事がないという現状を招いている原因の1つに、合格率の高さにあります。

  • 第26回:27.5%
  • 第27回:27%
  • 第28回:26.2%
  • 第29回:25.8%
  • 第30回:30.2%

直近5回の、国家試験の合格率です。毎年45,000人ほどが受験していて、11,000~13,000人ほどが合格しています。

冒頭でも社会福祉士は「名称独占資格」であると話しましたが、この資格であるため「社会福祉士」と名乗らずして、同じような相談業務などの仕事をしている人が多くいることも社会福祉士の仕事がない理由の1つです。

仕事仲間ではありますが、同じ業種という意味ではライバルとも言い換えることができます。

これから社会福祉士を目指したい人

人と関わるのが好きで、困っている人を助けたいと思い、社会福祉士を目指したいという人もいると思います。

でもやりたい仕事だからと言ってお給料が安くて良いわけないですよね。やりがいだけではなくて、お金も生活のためには必要ですし、たまにも休みだって必要です。

そんな人のために、どのように今後将来を歩んでいけば良いのかということを伝えようと思います。

描く社会福祉士としての理想像

社会福祉士を目指している人の中には、

「人のためになる仕事がしたいだけで、福祉関係じゃなくても良い。」

「社会福祉士という名前に聞き覚えがあったから目指しているけど、他にも人を助けられる仕事があるならそっちも良いかも。」

次のページへ >

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

newjob - 今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法
今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

-社会福祉士
-, , , , , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.