カイゴのティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

speech - どう言い換える?スピーチロックの対策例文

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。

このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。

介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

 

スピーチロック

どう言い換える?スピーチロックの対策例文

更新日:

患者さんに「ちょっと待って!」と言ってしまったことはありませんか?それは「スピーチロック」と言われる虐待にあたるかもしれません。スピーチロックは範囲が広く、プロの介護職の方でも、言い換えてどう伝えたらいいのかと悩むことも多いでしょう。もしかすると、患者さんのことを本気で思うあまりに「逆にどう伝えたらいいのかわからない...」と悩んでいる方も多いはずです。

今回は、スピーチロックに該当してしまう表現にどのように対処するかについて説明します。普段意識しているスピーチロックの回避ポイントに、このような言い回しを加えていただければなと思います。

スピーチロックとは?

speech - どう言い換える?スピーチロックの対策例文

スピーチロックとは、態度や言葉で相手に苦痛を与えたり、拘束をしたりすることを指しています。具体的には「ちょっと待って」「じっとしてて」「動かないで」のような、相手の行動を制限する言葉がそれにあたります。

日常会話で出てきそうなフレーズまでスピーチロックにあたるとされるので、ついつい患者さんに言ってしまいがちです。例えば、健常者は「ちょっと待って」と言われたら少しだけその場で待ち、「なぜ自分が待っているのか?」をすぐに把握できると思います。もしくは、「何を待っていればいいの?」と自分から聞くことでしょう。

ですが、障害を抱えていたり、介護が必要な段階の方は「ちょっと待って」と言われたときに「あ、待つんだな」と思ってしまいます。そして、そのまま何も言葉をかけられない場合は「ずっと待ってるしかないんだな」と感じてしまいます。これが日常会話で出てきそうなフレーズまでスピーチロックに当たるとされる理由でうs。

介護の現場はバタバタすることが多く、長いキャリアを持って、プロの意識で仕事をしている介護職の方でもうっかり発言してしまうといったこともあります。また、言葉によるものなので、何も形や履歴に残らないために他の職員がカバーしにくいのも難しい点です。

speech - どう言い換える?スピーチロックの対策例文
前田(運営者)
スピーチロックに当たりやすい言葉としては、「ちょっと待って」「○○しないで」「また〜ですか?」といった言葉です。本人には強制しているつもりは無くても、相手には100%禁止されたというように伝わってしまうこともあります。

【関連記事】その声かけ、スピーチロックになっていませんか?

【関連記事】スピーチロックとは?事例や例文・対策・資料をまとめました

スピーチロックの対策について

speech - どう言い換える?スピーチロックの対策例文

スピーチロックで問題になる部分は「自分の態度や言葉で、相手が行動を制限・拘束されたり、苦痛を与えられた」と患者さんが感じる場合です。そこで重要になるのが「相手の行動を制限しないように」言葉を発言することです。

中には、「言い換えただけで意味がない」と言う人もいますが、そう言われてしまうと何も患者さんに声をかけられなくなってしまいます。例えば、今は介護の作業中でどうしても動いてほしくない時に何も言えずに、さらに危険な自体になってしまう可能性もあります。

今回は「同じような意味合いで、どのように言えば相手の行動を制限しないか」に焦点をあてていきます。普段困っている方は参考にしてください。

speech - どう言い換える?スピーチロックの対策例文
前田(運営者)
介護の現場では、患者さんだけでなく介護の職員側でも様々な意見を持っている方がいます。職員側で良好な人間関係を作れないと、回り回って患者さんに悪影響が言ってしまいます。こういったスピーチロックの対策なども自分で良い悪いを決めずに職員サイドでよく話し合って決定できると良いですね。

言い換え

まずは言い換えで対応できる場合です。言い切りではなく、相手に尋ねるような形をとると「相手に選択権がある」話し方になります。

「ちょっと待って」

→「〜しているので、ちょっと待ってもらえますか?」

「座っていて」

→「〜すると危ないので、座っていていただけますか?」

このように「〜いただけますか?」にすると、相手が行動を選ぶ権利がある表現になります。相手は待つも待たないも自由ですが、相手が「待つ」ことを選択した。ということになります。それぞれに理由がしっかり加わっているのもいいですね。

普段のコミュニケーションにおいても、こういった事例はよくあるはずです。「(○○しているから)ちょっと待って!」といった言い方です。健常者同士の会話では、相手側が推察してくれて、理解してくれることが多いですが、患者さんに伝える際には”丁寧に誰にでもわかるような文章で”話すということを心がけるといいでしょう。

このように気を遣って表現ができると、相手もスムーズに理解してくれることだと思います。

代わりの提案を入れる

中には、すぐに言い換えができない内容だったり、相手に自由な選択肢があると大変な時もあります。どうしても今動かれると危険な場合や、一時的に施設の一部が改修中で立ち入り禁止になっているような時は変わりの提案をいれましょう。

「こちらは危ないので、あちらに行きましょう」

こういった、変わりの提案を入れてあげると良いです。「Aしないで!」と言われると、「何もしてはいけないんだ」と思ってしまいがちです。代替案があると、「Aはできないけど、Bすればいいんだな」と理解してくれる方が多いです。

「どうしましたか?」を使う

状況によりけりですが、出来る限り動いてほしくない患者さんもいます。迷惑だからという理由ではなく、大怪我をしていたり、体に異常があって気軽に動くと危ないという場合です。

そのような患者の場合、急に動き出されるとこちらもびっくりして反射的に「ちょっと待って!」と言ってしまうこともあります。

それがスピーチロックで虐待と言われる場合、こちらとしてはどうしようもないですよね。そんな時に使いやすい言葉が

「どうしましたか?」

> 続きを読む 

-スピーチロック
-, , , , , ,

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

newjob - 今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法
今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

続きを見る

Copyright© カイゴのティータイム , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.