カイゴ(介護)のティータイム

介護士が日々の仕事に疲れたり、何かで悩んでしまったり、困ったことがあった時に、ほっと安心できるようなサイトです。介護施設長が運営する介護士のためのブログです。介護士のリアルな声を共有します。

介護の勉強 介護の現場

ケアマネの訪問支援は月にどのくらいの回数なのか?

更新日:

こんにちは!

今回は、ケアマネの訪問回数について実体験を踏まえて公表します!

実際のところ、訪問回数は、介護保険上最低月に1回以上はしなくてはいけません。

しかし、現状そうはいかない困難事例も確実にあります。

そこで、今回の実体験をお伝えしていきます!

何回も訪問支援ばかりして、「ケアマネ業務が追いつかない!」

そんな悩みを解決出来ればと思います!

ケアマネの利用者様への訪問支援について

genba, study - ケアマネの訪問支援は月にどのくらいの回数なのか?

ケアマネは何かあれば度々訪問するの?

結論から話すと、認知症の周辺症状が多く見受けられたり、独居の利用者様宅への訪問は頻回である事が多いです。

ただし、ケアマネ単独で解決する事が出来ない場合が多いので、ケアマネとしての必要な訪問や、支援方法についてまとめていきます!

・認知症の周辺症状が多い場合の訪問理由

genba, study - ケアマネの訪問支援は月にどのくらいの回数なのか?

認知症を発症すると、一般的に短期記憶障害から始まることが多いです。

「何回も同じ事を聞いてくる」「お薬はもう飲んだのか?」

こう言う、少し前に自分がした事やケアマネと話した事を10分もすると、忘れてしまっているという事ですね。

介護をされている家族や、介護士の方では当たり前の日常かもしれません。

そこで、ケアマネが定期的な訪問をしてケアプランにサインをしてもらい、悩み等を伺って事業所へ戻ったら、同僚ケアマネから「さっき◯◯さんからいつ来るの?」って電話あったよ!

という様ようなケアマネあるあるがあります。

利用者様へ電話をして再度説明したり、手渡したケアプランを確認してもらったり、1番は家族の方も同席するのが一番よくある話ですね。

・独居の利用者様宅への訪問が多い理由

genba, study - ケアマネの訪問支援は月にどのくらいの回数なのか?

家族と同居されていれば、いざ何かしら急変や行方不明になるリスクは減りますが、独居の場合で、しかも認知症も重度になって来ると、誰しもが心配になるかと思います。

ケアマネもこればかりは相当悩むことが多いです。

日中であればデイサービスや、民生委員のような地域の方の気配りもあり安心材料はありますが、夜間徘徊がある利用者様は、そういう訳には行きません。

私自身、認知症状が重い方や独居で夜間徘徊が観られる方も多く担当してきました。

担当ケアマネとしては、そんな方を受け持っていては、夜も不安で一杯で自分の睡眠時間すら十分に確保できない状況になります。

・居宅ケアマネ時代の経験談と支援方法

私のケアマネ経験では、IHコンロの上に炊飯器を置いて加熱してボヤ騒ぎになった事がありました。

さすがに焦りました。IHコンロだから安心は無いという事ですね。

もちろん、夜間にケアマネがひたすら訪問するのは解決策にはなりません。

支援方法は様々ですが、介護事業所や地域包括支援センターや地域の方に協力依頼をしたりと、支援方法を考えるのもケアマネですし、日中の訪問も他の利用者様よりは回数も月に10回以上になる事も多いです。

上記で話した、夜間徘徊が観られる方に関しては、1日掛けて家族様と一緒にその日中に入院先を探す事もありました。

何より「命」が大切です。

そこで、ケアマネジャーはそんな危険リスクを回避する為にもご利用者様の状況を理解し、何より家族・主治医や介護事業所とも綿密な連携を取る必要は必須だと思います。

「ケアマネジャーは偉い」という認識ではなく、トータル的に支援内容を介護保険やインフォーマルの支援を有効活用し、高齢化社会を支える重要且つ、福祉職として、とても重要な役割を担います。

巷では、「ケアマネは必要ない」と言われる方も存在しますが、私自身ケアマネをしてきて、ケアマネあってこその高齢化社会を支える重要な担い手だと考えます。

最後に

genba, study - ケアマネの訪問支援は月にどのくらいの回数なのか?

ケアマネジャーに求められる一番の支援は、ただのパイプ役や書類だらけでは無いという事です。

「フォーマル・インフォーマル支援の両方での支援」が必要不可欠であり、その活用方法を考えて実行する事が重要だと当たり前ですが、未だに痛感します。

その為には、「ケアマネの訪問を月1回で済む」という考えは、根本的には無いと考えたが良いと思います。

もちろん、ケアマネ業務が慣れて来ると必要な時だけの訪問回数で済むと思います。

ケアマネになりたての頃は、頭がパニックになりますが先輩ケアマネに相談して、一人で悩み過ぎない事が大切です。

ケアマネとしての悩みがあれば、このブログをたまに覗いて頂けると幸いです。

又、「こんな事で悩んでいます!」等あればツイッターや問い合わせ項目に相談頂けると、ブログを書いたり、何かしら返答しますので今後ともよろしくお願いします!

本日も、ありがとうございました!

他の記事も読んで頂けると、参考になるかと思います。

あなたの適正年収を1分でスマホで調べられます

当サイトで紹介してるMIIDAS(ミイダス)というアプリを使うと、適正年収が調べられます。

参考程度に自分の適正年収を調べてみたり、転職のための情報に活用したり、使い方は様々です。

もしかしたら、あなたはもっと給料をもらえているかもしれません。一度調べてみましょう。

newjob - 今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法
今のあなたの年収は適正?介護職の適正年収をスマホで調べる方法

あなたは、介護の仕事をしていて、このように感じたことはありませんか?「今の私の年収は適正なのだろうか?」「これだけ残業が多いのに、もっと年収が上がらないだろうか?」「他の職場の平均年収はどれくらいなのだろう...」今回、こういった質問に答えられる面白いサービスを見つけたのでご紹介します。1分であなたの適正年収を調べることができます。あなたの適正年収が分かりますhttps...

介護の転職サイトおすすめTOP3を紹介!

今の時代、転職サイトは複数ありますが、中には無理やり転職を強要する悪質なサービスもあります。

しっかりこちらの要望を聞いてくれたり、多い選択肢の中から転職先を探すには「実績が多く、就職候補先が多い転職サイト」を利用するのがおすすめです。

最近は、転職サイトと転職エージェント(転職のサポートをしてくれる専門のスタッフ)のサービスが一緒になっているものが多いので、フルに活用しましょう。

前田(運営者)

転職は、1日の大半の時間を使う「仕事」にかかわるものであり、給料にも大きくかかわるため『人生の決断』ともいえる大きな転機です。

「適当に決めてしまって後悔した」ということの無いように、納得いくまで相談・選択・比較できる場所で選びましょう。

ブラック企業は紹介しません!新聞にも掲載!「ホワイトな職場」をご紹介するトップクラス介護士向け求人です!

福祉お仕事の人材紹介・派遣サービスを、厚生労働省の許認可のもとに運営しています。

新聞にも掲載されました!

残業が少なく、有給休暇がとりやすい、いわゆる

「ホワイトな求人」だけをご紹介します。 介護業界には、いわゆる「ブラック」といえる企業がまだまだ多いのが現状ですが、 「残業を減らす」「有給消化を積極的に促す」など、 労働環境の改善に積極的に取り組んでいる企業の求人だけを紹介することにこだわりを持っている求人サービスです。

・ハローワークには無い良質な職場探しに最適

・ブラック企業は紹介しない

・ひたすら頑張って良い職場を紹介してくれる

・登録30秒で簡単に出来ます

隠れた良質な職場多数!首都圏特化型で言い辛い事を任せられるトップクラス介護士・福祉職向け求人です!

マイナビ介護職は、 介護職・福祉職の方のためのトップクラスの転職・就職支援サービスです。 首都圏や関西圏、岐阜・静岡・愛知を中心に多くの好条件求人を取り扱い、 満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しています

・どこを注目して求人情報を読むべきか、そのためのポイントをキャリアアドバイザーがレクチャーします。

・面接日程の調整や給与金額の交渉も代行します。

・転職活動を最後までサポートします 

 

登録無料!介護職を目指す方や自分の個性を発揮できるホワイトレアな求人トップクラスの転職支援を無料で行います!

クリックジョブ介護には、独自のネットワークで得た圧倒的な情報量があります。また、お一人お一人がどんな介護観を持っているのか何を軸に転職活動をされるのか、しっかりお話を伺て、確実にマッチする職場をご紹介致します。言いづらい給与や休日などの交渉も代わりに行います。しかも、面接の度に千円支給されるのも優良企業である事が伺えます!

人間関係で悩んで職場を変えたいなと思っている人にとっては、一番使いたいサポートが揃っている転職サービスだと思います。

・面接に行く際に交通費1,000円支給される。

・全国の求人に対応

・レアなホワイト企業を紹介してくれる

 

  • この記事を書いた人
前田 裕

前田 裕

介護施設長をしております、前田裕です!介護・看護・医療に関して常日頃から勉強し、人間関係が良い職場環境を作り上げる事に全力で取り組んでいます。 このサイトでは、介護士の方に向けたアドバイスだけでなく、一般の方に介護の現状を知ってもらうための内容も書いています。 介護の現場がより良くなっていくためには、あなたやみなさんに認知してもらうことが大事だと思っています。もしご協力頂ける場合は下の「シェアする」「ツイートする」ボタンを押して頂けると嬉しいです。

人気の記事

newjob - なぜ、介護士は転職を考えたほうがいいのか?介護施設長が本気で考えてみた 1

介護・看護は転職が多い職業だと言われています。肉体的に大変なことや、精神的に辛くなってしまうことが多く、離職なども多いお職業です。介護という仕事を本気で好きな人が、続けていられるように「転職」について書くことにしました。この記事で少しでも印象が変わってくれれば幸いです。転職という選択肢を持つということ私は、転職という選択肢を持つことでいろいろな利点があると考えています。私自身、一度は介護を離れ...

psw - 精神保健福祉士におすすめの転職サイトランキングTOP3 2

精神保健福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。精...

syakai - 社会福祉士におすすめの転職サイトランキングTOP3 3

社会福祉士で仕事をしていると「転職した方がいいのかな?」と思うこともあるでしょう。 今の給料が適正なのかわからない 職場のギスギスした人間関係が気になる 自分の上司にあたる人と馬が合わない 毎日仕事が始まるのが億劫で嫌こういった悩みを抱えていても、転職経験がなければなかなか踏み出しにくいこともあるでしょう。そういった方のために今回は転職に関する情報をまとめました。...

newjob - 介護施設長がおすすめする転職サイトのランキングTOP3と使い方 4

介護士として仕事をしていると「他の職場の雰囲気ってどんな感じなんだろう?」「私だけ不当に仕事が多い気がする」と思うことがあるでしょう。実際、そういう小さな疑問からストレスが貯まっていき、精神的にダメになってしまう例などもあります。今は介護施設長をしている私も、一度介護職を離れた経験も転職をした経験もあります。そんな私がおすすめする転職サイトや転職サイトの使い方を今回伝えていこうと思います。なぜ、転職を考え...

psw - 【本音爆発】精神保健福祉士の仕事の大変さや本音・勤務先について 5

今回は同じ福祉系の職種である精神保健福祉士のお話をしたいと思います。精神保健福祉士の仕事内容や勤務先、そして何が大変なのか?について本音をお伝えします。精神保健福祉士の仕事内容精神障害者の保険や福祉に関わる専門的知識、および技術を持って、精神科病院、その他の医療施設で働きます。精神障害の医療を受け、または精神障害者の社会復帰を促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関...

-介護の勉強, 介護の現場
-, , , , , , ,

Copyright© カイゴ(介護)のティータイム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.